忍者ブログ

La ringrazio

( ・᷄ὢ・᷅ )そのうち再開したい
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2ch】『二重に鍵のかかった記憶』この儀式知ってる人いませんか?2/2

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1380040700/
この儀式知ってる人いませんか?

この儀式知ってる人いませんか?1/2の続き。



拍手



79: 本当にあった怖い名無し 2013/09/30(月) 20:15:39.84 ID:ovenLwFjI
過去に演劇とかでこんな場面を演じた記憶は?

場所は体育館、教えてもらったのは先生、又は演劇上のストーリー
俺中坊の時、七夕の演劇させられてこんな場面あった様な…偉い人が中央に居て、牽牛と織姫が引き裂かれるシーン

白い観客は制服着た生徒とか
80: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/09/30(月) 20:28:14.65 ID:3114c6330
>>79
演劇は小学生の頃しかしたことがないですが、このイメージには程遠い劇ばかりですね
スイミーとか、ウルトラマンとか…

記憶は大人になってからのものなので、小学生の記憶とごっちゃになってることは考えにくいです
81: 本当にあった怖い名無し 2013/10/01(火) 13:01:21.16 ID:FtXog29W0
「うちかけ」の柄なんだけど
スワトウ刺繍とか蘇州刺繍とかの
中国の刺繍は形とか雰囲気が似てるかも
訪問着の柄になったりもするから
日本で使われててもおかしくないし

でも祭祀に使うものに入ってるかっていうと…うーん

よかったら画像検索してみてください
82: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/01(火) 15:20:51.73 ID:DEtgjm3o0
>>81
ありがとうございます
調べて見たのですが、ピンときませんでした…
一応、近国のものは図書館でも調べたのですが、なかなか見つかりません

やはり、ここまで見つからないとなると、信じたくないですが、私の思い違いなのかもしれませんね
もしくは本当にただの特注品だったり、はたまた別の国だったり…
そうなるともう探しようがないですね
83: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/01(火) 15:27:14.57 ID:DEtgjm3o0
動きの方ではどなたもレスがないのですが…もう少し詳しく書いてみますね

正座する
両手を顔の位置まで持ち上げ、手の甲、手のひら、手の甲、というように見せる
(医療ドラマなどで見る「オペを開始する」の、あの手の形で、軽く肘は曲がっており、指はすべて離れずついています)

次に右手を左の腕の下に回し、長い袖を後方に流し、手は元の位置へ
(これは、長い袖のまま何も考えずに正座すると、当然袖はぐしゃっとなったままです
それを綺麗に後ろに流して正す感じです
元の位置とは、オペを開始する、というあの手の甲を見せた時と同じ位置です)

次に左手を右の腕の下に回し、長い袖を後方に流し、手は元の位置へ
(この時、手は「オペを開始する」の状態に戻っています)
そして手のひらを下にしながら、お辞儀をする(土下座のような形)

これが一連の流れです
どんな些細なことでもいいので、何か思い当たることがあれば教えてください
85: 本当にあった怖い名無し 2013/10/02(水) 01:05:36.33 ID:TzGECeaRO
着物文化で儀式するのに白無垢以外有り得ない
しかも中に違う服?身体を清めて無垢な服着るのに無いわ
86: 本当にあった怖い名無し 2013/10/02(水) 11:12:57.75 ID:DzxFajU40
>>85
そんなことないよ
地鎮祭に参加するのに白無垢着る?
男性はスーツ、女性はワンピとかだろ
儀式は簡略化されていくものだし、時節に沿ったものに変化する

でも「長い袖を逆の手で後ろへ流す」という動作は
和服ではあまりしないように思う

振袖の時は膝の上に乗せてしまうし
もう少し短い袖の場合には、腕を後ろへ払うことで袖を処理する

やっぱり日本の儀式ではないのかもね
87: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/03(木) 00:34:19.38 ID:dXS5bycv0
>>85
>>86
やはり日本ではなさそうですね
かなり袖が長いので、そうするほか綺麗にならない、という印象でした

でも日本でないならどこなんだろう…
そのうちかけがなんなのかわからないと、先は見えないのかもしれないですね…

もう一度、一から探してみます
88: 本当にあった怖い名無し 2013/10/03(木) 00:50:02.27 ID:2G7LWrpq0
何かの宗教の入信式の可能性は?
89: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/03(木) 01:15:19.22 ID:dXS5bycv0
>>88
私も親も親戚も…宗教は正直嫌いなので、入ったことも入ろうと思ったこともありません
90: 本当にあった怖い名無し 2013/10/03(木) 02:29:45.83 ID:mGZ7ALGG0
可能性と危険性。

①前世の記憶の可能性
この場合、危険性はとりあえずは少ないでしょう。その分、謎解きはかなり困難と考えるべきです。
特殊な能力を持った人の力を借りなければいけない場面もあるかも知れません。
オカ板向きの話題ともいえます。

②失われた記憶である可能性。
この場合は危険な場合が多いですね。なぜ記憶を失ってしまったのか、なぜ思い出してしまったのか、
事件、事故に巻き込まれた時の記憶である可能性もあり、この記憶情報にアクセスすること事態に危険がある場合があります。
91: 本当にあった怖い名無し 2013/10/03(木) 02:48:33.36 ID:mGZ7ALGG0
>>90のつづき
ただし、②の場合、問題を解くヒントは身近なところにある可能性が高いです。
その記憶を失ったのは貴方だけである可能性が高いからです。
もちろん単独で事件、事故に巻き込まれて、家族等、身近な人がまったく知らない可能性もあります。

ご両親に相談したときの相手の態度は妥当なものでしたか?その話はしたくないという態度に見えましたか?
貴方の親族がこぞって宗教嫌いな理由は何ですか?
②の場合、この辺を調べるほうが問題解決の近道かもしれませんね。

但し、答えが②の場合、1、にとってつらい記憶である可能性が高いです。
それでも思い出したいですか?また、覚悟はありますか?

後、答えが②の場合、釣りである可能性も高くなります。
その場合、自分は全力でつられる覚悟があります。
ここはオカ板ですから。
92: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/03(木) 08:44:19.97 ID:dXS5bycv0
>>90
>>91

おはようございます
68さんですか?
ちがったらごめんなさい

まず①について
それが前世と仮定した場合、
本当に前世なのか否かを自分で確かめることは出来ないですよね…
となると、
②でなければ①だと考えるか
視える人にみてもらうか
これしかないですね…

あとこれを書きながら、前世で思い出したのですが…
これは以前、オンラインゲームのチャットをしていた時に、いきなり知らない人から言われて、胡散臭!と思って聞き流したので、忘れてたのですが…

「あなたは秦(だったか漢だったか)の始皇帝時代に、背中から槍を突かれて死んだ。だからあなたは胃が悪い」と言われたことはあります
確かに胃潰瘍になったことはあるのですが…
胡散臭いですが、あとでこれもちょっと調べてみます

続く
93: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/03(木) 08:53:49.64 ID:dXS5bycv0
続き

そして②について

まず事件や事故ですが、事故ならあります
元彼(水色うちかけの彼)と車で事故をして、川に車ごと落ちました…
思い出せる事故はそれくらいですね
でも意識を失うことはなかったので、関係あるのかないのか…

そして母親や親戚に聞いて回った時の反応ですが
母親は何それ怖いー!と不気味がっていました。オカルト的なことが嫌いな人で、幽霊話を聞いた時と同じ反応でした。
なので嘘をついてるような印象は皆無でした
また、親戚に話した時は、それは格式高い家に嫁ぐという前触れなんじゃね!?と、とても楽しんでいました。
これも何か隠してるイメージはなかったです

宗教については、ある宗教にものすごい勧誘を受けて…時間かまわず何度も家にこられたり、私の趣味のイベントにまで押しかけて、私の仲間まで巻き込んで勧誘しまくったりされたので、気持ち悪いのと怒りで…嫌いになりました
あとはメディアで宗教がらみの事件とかを見ていて、普通の人が感じる嫌悪感と同じかと思います

辛い記憶でも、今これを思い出した事に意味はあると思っています
覚悟してこのスレを立てました
怖いけど、知らないといけない!そんな気持ちです

もしこれが、本当にただの妄想とか、精神病なら、釣りと言われて当然ですね
でも、納得するまで探したいです
94: 本当にあった怖い名無し 2013/10/03(木) 14:03:27.95 ID:xXtp8Gbg0
>>93
不躾だけど、元彼さんとはその事故がきっかけでお別れしたのかな?
事故はどれくらい前のこと?

宗教は…その反応は当たり前だと思う
親戚の方の反応、ポジティブでいいねw
95: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/03(木) 14:18:57.71 ID:dXS5bycv0
全て、思い出しました

ごめんなさい
楽しめる話ではないし
嘘みたいな話です
悲しい話です
いま、なんとかまとめています

心の整理がついたらお話します
97: 本当にあった怖い名無し 2013/10/03(木) 16:04:42.31 ID:s5Vr9DYCi
どんな結論なのか気になるけど、1の気持ちの整理がつくまで待ってます
98: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/03(木) 16:42:50.57 ID:dXS5bycv0
今でも手が震えます
前回の書き込みをしたあと
胡散臭いとバカにしていた、
胡散臭すぎてすっかり忘れていた、
秦の始皇帝時代を調べました

そこには「うちかけ」がありました
それを見てすべて思い出しました
それから涙が止まらず、恐ろしく、
今まで一睡も出来ていません
99: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/03(木) 16:45:52.02 ID:dXS5bycv0
これからお話することは、ただの妄想として、聞いて下さい
とっても胡散臭い話です
どこかの本で見るような、
ドラマになっていそうな、
ありきたりな話です

証明する証拠もありません
信じてもらえなくて当然です
もし私がこんなことを家族や友人からいきなり言われたら、精神科を勧めるかもしれません
それほど、おかしな、胡散臭い話です

あとごめんなさい、少し長くなります
100: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/03(木) 16:50:54.62 ID:dXS5bycv0
私は、あるお方の妻でした
私より4歳年上の、とてつもなく地位の高い方です
その時代は、たくさんの妻を娶るのが当たり前でしたが、夫は私だけを愛してくれました
本当に二人は相思相愛で、まさに出会った瞬間から恋に落ちました
たまたまにたまたまが重なり、運命的な出会いをしました
おそらく、もっと前世から相思相愛でした

私が最初に思い出したあの儀式は、確かに夫の弟の結婚式のリハーサルでした。
なぜ、うちかけの中の服が、正式なものではなく、粗末な服(だらしなく足を出していたのか)だったのかもわかりました
これは後からお話します
102: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/03(木) 16:53:31.61 ID:dXS5bycv0
私はその夫の母親に酷く嫌われていました
義理の母、姑ですね
姑は、夫を異常なほど愛しており、
異常なほどいつもそばにいました
そのため、私を心から愛していることに酷く嫉妬し、矛先は私に向きました

とにかく私たちを、何かと理由をつけて会わせないようにされました
夫から送られた美しい服や装飾品はすべて没収され、身につけることは許されず、
日頃から度重なる暴力や、暴言を受けていました
まるで奴隷のような扱いでした

夫と会うときだけ、まともな衣装を着させてもらい、でも少しでも汚したりすると、さらに激しい暴力を受けました
もちろんその傷が癒えるまでは、夫にバレないようにするため、外出さえも許されませんでした
103: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/03(木) 16:57:20.31 ID:dXS5bycv0
結婚式のリハーサル当日
私は姑に池に落とされ、溺死を狙われました
どうしても、結婚式には出したくなかったようです

結婚式には、結婚している兄弟が、夫婦であの儀式を行う事が決まっていました
それはとても名誉のあることであり、それに参加した夫婦は財に困ることなく、
末長く死ぬまで共にいられる、というようなものでした

もし結婚する人の兄弟が結婚していなければ、片方は親がすることになります
私を殺せば、姑はそれができるからでしょう

たまたま通りかかった、夫の使いの者に見つかりそうになり、殺されることはありませんでした
104: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/03(木) 17:02:57.68 ID:dXS5bycv0
うちかけの下は見えないので、その濡れた服を着せられたまま、
結婚式の儀式のリハーサルに参加しました

私は姑に、その儀式の作法を、嘘で教えられていました
(死者に行うものを教えられていました)

そのため、私が間違っているのをみつけた私の母親が、正しい作法を教えてくれていたのでした
あと、髪も整えてくれました

リハーサルはなんとか終えて、
久々に夫に会えるかと思っていましたが、
姑の妨害と、濡れた服でとても寒い&臭いが気になり、それも叶いませんでした
105: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/03(木) 17:11:45.50 ID:dXS5bycv0
しばらくして、夫の父親が亡くなりました

この方は恐ろしく権力のある方で、
私は一度もお会いした事がありませんでした

夫は長男なので、本来ならばその地位につく予定でした
父親からの信頼も厚く、遺書にもその旨を書いたと言われていたそうです

ところが、何故か弟が後継になることが決まりました
その旨が遺書に書かれており、それを夫はその目で見たそうです

これで、弟はかなり力を持つことになりました
そしてその弟から、恐ろしい命令が届きました

夫は死を選ぶか、
遠い地に飛ばされ、二度とこの地に戻らないこと、
そのどちらかを選べと命ぜられました
106: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/03(木) 17:14:30.42 ID:dXS5bycv0
それを知り、いてもたってもいられず、
私は見張りの目をくぐって夜中に夫の元へと走りました
姑にかなり住処を離されていたので、必死に走りました

もうすぐそこに着くというところで、
姑の手先?に行く手を阻まれ、自由を奪われました

後ろには姑がいました
「お前のせいでかわいい息子が、お前さえいなければ」
というようなことを言われ、殴られ、最後に笑いながら杭を打たれて、
私は死にました
姑はずっと笑っていました

杭は背中から、左の肋骨を通り、脇腹に出ました

これが私が思い出した前世です


見ている方いますかね…
もう少し続きます
101: 本当にあった怖い名無し 2013/10/03(木) 16:52:33.37 ID:xXtp8Gbg0
>>1さん、思い出したのね 
そんな昔のこととなると、やっぱり前世なのか… 
落ち着いてからで大丈夫なので、報告待っています 

思い出す前に「排水溝のなかなか開かない蓋を開けた」って言っていたでしょう 
その実際の行動が、普通は開かない記憶の蓋をこじ開けたのかもな…とか思ったり
107: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/03(木) 17:16:36.68 ID:dXS5bycv0
>>101
そうかもしれません
ドキッとしました

排水溝はあきましたがかなり苦戦しました…
実際は、コツをつかめばすぐに開くものなんですが、
知らずにゴリゴリやっていました…
108: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/03(木) 17:19:10.69 ID:dXS5bycv0
ここからは、現世の話です
(ちょくちょくでてきた元彼を、ここでは彼と呼びます)


2010年のことです
彼とは運命的な出会いをしました
普通なら知り合うはずもない、かなりの偶然が重なった結果でした
始めて出会ったとき、一目でお互いに恋におちました
もう何百年もそばにいる気がしました
やっと会えたね!そんな気持ちでした

彼は私の4歳年下でした
109: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/03(木) 17:22:02.09 ID:dXS5bycv0
その6日後、彼の運転する車で、事故に合いました
私は助手席に乗っていました

急に助手席側から車に突っ込まれ、横にあった池に逆さまに車ごと落ちました
私は溺死寸前でした
息が続かなくなり、もう死ぬんだな…と思ったとき、彼に引っ張りあげられました
肋骨が折れていました

車は斜めに落ちたため、水に浸かっていたのは私のいる助手席だけだったようで、彼は溺れることもなく全くの無傷でした
ちなみに、つっこんできた相手の車の方も無傷でした

彼の運転していた車は、彼の母親の車でした
110: 本当にあった怖い名無し 2013/10/03(木) 17:23:04.38 ID:s5Vr9DYCi
見てますよ。
続けてほしいです。
111: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/03(木) 17:24:35.00 ID:dXS5bycv0
この事故もあり、彼は
「今度こそ何があっても絶対に私を守る、何があっても絶対に離さない、死ぬまで、死んでも一緒だから」と言ってくれました
離れて暮らすのはお互い苦痛に感じ、それ以降は、彼と同棲をしました

彼のもともも住んでいた実家は、私のアパートからは1000キロも離れていました
新たにアパートを借りるのもお金がかかるし、と私のアパートで暮らすことになりました

彼の母親と兄(父は既に亡くなっていました)は、それまで彼をとても過保護に育ててきたので、最後まで良い顔をしませんでしたが…
112: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/03(木) 17:26:25.60 ID:dXS5bycv0
でも晴れて二人で暮らせることになり、その生活は愛に溢れて、とても幸せなものでした
体の半分はお互いで出来ているような、そんな感覚でした

私は、長くなるので割愛しますが、それまで波乱万丈な人生を送ってきました
彼と出会い、生まれて初めて
「幸せとはこういうものだったのか」
というのを知りました

もうお互いに結婚することは目に見えており、
別れることなど絶対にありえないと確信していました

将来のために車を買ったり、家具や電化製品を揃えたり、仕事は栄転の話もあったのですが、蹴って辞めました
(これは、子供が生まれても仕事が続けられるように、資格の勉強をして転職するためです)
113: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/03(木) 17:32:00.04 ID:dXS5bycv0
私の母親にも、いずれ結婚したら一緒に暮らそうと言っていました
母親はそれを受け、中古ですが一軒家を買いました
いずれ結婚したらここで三人で暮らし、
私と彼はお金を貯めて、新しい家を建てたらいい、それまで家賃のいらない、母の家で暮らせばいい、というようなことでした


そして2012年
プロポーズされ、結婚指輪ももらい、お互いの親への報告もすませ(彼の実家は遠いので電話連絡の後、後日きちんと報告にいく予定でした)私の親族は、私の家でお祝いのパーティを開いてくれました
114: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/03(木) 17:35:02.42 ID:dXS5bycv0
ところが…
急に、彼の母親と兄に、やっぱり結婚は許さないと言われました

理由はとても理不尽なもので、理解の出来ないものでした
とてもここでは書けないような暴言もたくさん吐かれました

彼は、縁を切ってでも、必ず私と結婚すると言ってくれました

彼の母親は言いました
「お前さえいなければ、息子はこんな風にならなかった」

そして度重なる「あの女に騙されるな」という攻撃に、彼はノイローゼのようになり
、実家に戻され、婚約破棄となりました
115: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/03(木) 17:43:04.49 ID:zqOE2lX7i
彼は、あの時の夫でした
彼の母は、あの時の姑でした
彼の兄は、あの時の弟でした
(彼の父親は亡くなっているのでわかりません)

ちなみにですが、私は前のレスでお話した通り胃潰瘍になったことがあり、それから胃が弱いです
また、あの事故で肋骨を折りました
さらには、生理痛の時は必ず左側の腰とお腹が痛くなります
(何度も病院で診てもらいましたが原因不明です)

ここまで思い出すことで
私たちには
「絶対に結ばれない運命」があるのかと
胸が張り裂けそうです
また生まれ変わっても、同じ事が起こるのかと思うと…


(すみません、なにかのエラーで書き込みがなかなかできません…)
116: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/03(木) 17:44:01.56 ID:zqOE2lX7i
そして、どんな意図があるのかはわかりませんが…
今日10月3日は、彼と初めて出会った記念日です
今でも愛しています
会いたくてたまりません

なぜ今この時に思い出したのか
よくわかりませんが
悲しみで壊れそうです



みなさん、たくさん調べて頂いてありがとうございました
結果がこのような形で、ごめんなさい
普通なら信じられません
夢落ちだと思われても仕方ないです
私の頭がおかしいのかもしれません

ここまで読んでいただき、ありがとうございました

以上です
117: 本当にあった怖い名無し 2013/10/03(木) 17:57:43.77 ID:xXtp8Gbg0
>>1さん

書き込んでくれてありがとう
ずっと読んでました

でも、前とは違って彼も>>1さんも生きてる
強いつながりのある二人だから、これから先
また結ばれることがあるかもしれない

あまりこの記憶に振り回されすぎないように、
今の暮らしを大切にしてくださいね

同い年の女性として応援してます
118: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/03(木) 18:08:49.78 ID:zqOE2lX7i
>>117
まさか前世とか、本当に信じていなかったので、自分自身でも怖いです

今これを思い出したからって
どうしたらいいんだよ、と
正直困惑して、わかりません

でも確かに縛られてはいけませんね
同い年とのこと、お話できてとても嬉しいです

こんなオカルトな結果になってすみません
あ、オカルト板でしたねここ…

ありがとうございました!
119: 本当にあった怖い名無し 2013/10/03(木) 19:20:31.64 ID:lksLUIII0
切ない……。
何とかしてあげられないものか。
120: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/03(木) 20:43:39.30 ID:dXS5bycv0
>>119
ありがとうございます
そのお気持ち、本当に嬉しいです
121: 本当にあった怖い名無し 2013/10/03(木) 22:48:22.23 ID:blg6Vqali
うわぁ…むしろ釣りであって欲しいくらいだな。切ないな。いつの日か>>1さんが運命を覆せる事を祈るわ
122: 本当にあった怖い名無し 2013/10/03(木) 22:51:14.36 ID:mGZ7ALGG0
ヒント:イラスト
123: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/03(木) 23:21:29.54 ID:dXS5bycv0
>>121
ありがとうございます
覆せるでしょうか…
なんだか言葉になりません…

>>122
イラストとは、どういう意味ですか?
124: 本当にあった怖い名無し 2013/10/04(金) 00:00:35.40 ID:EirRkpGq0
>>123
あなたの書いたイラスト、スケッチというべきか。
125: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/04(金) 00:38:07.03 ID:ffY7UqV50
>>124
すみません、それが何でしょうか?
とても下手です、ごめんなさい…
126: 本当にあった怖い名無し 2013/10/04(金) 00:47:23.81 ID:EirRkpGq0
自分には釣り針に見えたので。違ってたらごめんね。
あと昼寝、一睡もしてないんだろうオヤスミ。
127: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/04(金) 01:12:33.75 ID:ffY7UqV50
>>126
釣りに思われても仕方ないです
私も信じたくはないです
こんな結果でごめんなさい…

ご心配ありがとうございます
128: 本当にあった怖い名無し 2013/10/04(金) 03:55:18.51 ID:I40N7EcN0
70です
まさか本当に前世の記憶だったなんて吃驚した
読んでいて涙が出そうになったよ
でも過去がずっと繰り返すわけじゃない
前世だってそうに決まってる
あなたは沢山辛かった分、きっと幸せになれる
だって今の1はまだ生きているじゃないか
大丈夫、もう悲しいことは終わったよ
あなたの幸せを心から願っています

長文スマソ
129: 本当にあった怖い名無し 2013/10/04(金) 04:24:48.60 ID:I40N7EcN0
昔、前世で早くして死んだ人は、現世で死んだ年齢を過ぎると本当の人生を歩めるって聞いたよ
前世30才で死んだ人は、現世で30才からっていう風にね

人は前世で出来なかったことを現世で叶えるために、転生してくる
貴方が彼に会いたいと思っているのなら、きっとまた会えるよ

おやすみ
131: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/04(金) 08:29:48.22 ID:ffY7UqV50
>>128 
私も、あなたの言葉で泣きそうです 

もう、終わったのかな… 
これから本当に幸せなんてあるのかな… 

でもここに吐き出したおかげか 
昨日は眠れました 
こんな嘘みたいな話を聞いてくれて 
本当にありがとうございました
132: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/04(金) 08:45:12.89 ID:ffY7UqV50
>>129 
>人は前世で出来なかったことを現世で叶えるために、転生してくる 

それができなかったら、また来世で… 
そんな感じですよね 
昨日、輪廻転生について少し勉強しました 

自分には、また出来なかった感がとても強いです 
どうすればよかったのか 
何を間違えたのか 
嫌いあって別れたわけではなく 
強制的だったので 
彼と別れてからずっと思っています 

信じていればまた会えるかな 
会いたいという気持ちや 
愛している気持ちは 
一生消えることはないです
130: 本当にあった怖い名無し 2013/10/04(金) 05:38:41.13 ID:m8CV4KSl0
9=20=38=57=68=69ですよ。
90=91の人とは別人ですが、この方の指摘は正しいのです。
自分は最後の投稿でプセウドムネジアと呼ばれる現象かある
いは、何らかの深い心的な傷が関係していると見たので、敢えて
何も言わないことにしたのです。結果、釣りでもなんでもいいん
ですが、記憶を再自覚することが双方にとって負担になると分かっ
たので、自覚の過程に任せたのです。儀式だとしたら決定的に
欠けている二つのもの、とは詠唱(祭文や経典)と奉納物ですよ。
この二つを選択的に記憶から除外しているということは、感情が
記憶を支配していることを示す。要するに過去の特別な感情が結び
ついたものだけが「謎の儀式」の断片となったと思われる。
誰もが覗けてしまうこんな場所で、そんな繊細な話をして、仮に
自分の見立てが正しかった場合、大変な責任が発生する。別の場所
に導いて、メールか何かでお話すべきだったかも知れないが、その
義務は正直こちらにない。しかし、二重に鍵のかかった記憶だとは
見抜けなかった。毎日、やはり返事すべきか何度も呼ばれているので
気にしていました。なんだか申し訳ない。
133: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/04(金) 09:00:45.26 ID:ffY7UqV50
>>130
まさか同じ方とは!
まさか違う方とは!
と、レス番号みて驚きましたw


彼と幸せに愛し合っている時も
いつか終わってしまうんじゃないか
離れ離れになるんじゃないか
死んでしまうんじゃないか
と、何故かいつも不安でした

その理由も今、わかった気がします

もう叶うことはないのに
二度と会えない彼を一生愛し続けて
一人で死んでいくイメージが離れません

でもここでお話したこと
思い出してしまったこと
私はなにも後悔していません
だから、謝らないで下さい

むしろ、ずっと気にしていただいて
本当にありがとうございました
134: 本当にあった怖い名無し 2013/10/04(金) 17:27:08.45 ID:9CUpzUEsO
気分害されたらすみません。
気になって、ずっとロムってました。

>>95:全て思い出したのが          3日14時18分
>>98:恐ろしく、今まで一睡もできてないのが 3日16時42分

一睡もできてないって表現、普通は丸一日眠れなかったとかに使うと思うのね。
起きてて当たり前の昼間の数時間でこの表現がでたのが不思議で…。
もっと前に謎はとけてて、ずっと眠れてなかった?
それにしては>>92-93は真剣だし。
嘘だとは思わないけど、本当ここだけ気になったので書きました。
長々すいません。
138: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/04(金) 19:57:36.67 ID:ffY7UqV50
>>134
いえいえ、レスありがとうございます
確かに言われた通りですね
あの書き方はおかしいですね
ごめんなさい
少し長くなりますが、正確に話してみます


記憶がもやもやと広がり始めたのが、10月1日でした
>>83の書き込みをしたあとに、あの動きをしていたら、もやもやが出てきました
でも、まだここに書き込むほどのものではないというか、霧がかかったようなもやもやだし、
もしかして、ついに頭がおかしくなって自分が広げてしまった妄想か?と思っていました
その日はあまり眠れませんでした


そのもやもやが、明確になってきたのが10月2日です
明確な色がついて、輪郭まではっきりとしてきました
でもあんまり寝てないし、妄想が一人歩きしてるのかも、これはヤバイな、と思っていました
でももしかしたら、とネットでそのビジョンと似ているものはないか朝まで探しました
この日はそのビジョンが次から次へと広がり、一睡もできませんでした

続きます
139: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/04(金) 19:58:29.83 ID:ffY7UqV50
続き

そして10月3日、>>92-93を書き込んだ後(9時くらいですね)>>92に書いた、前世だと言われた秦の事を調べました

「あなたの前世は~槍をつかれて死んだ」と知らない人に、しかもネットゲーム内でいきなり言われて、正直新手の出会い厨かよ、と思って無視しました
直接会ってもないのに、しかもプロフィールすら知らないのに、殺されたとか、そんな嫌なこと言われても普通は信じないですよねw
そのため、すっかり忘れていました

冗談半分くらいの気持ちで、秦の事を検索しました
でてきたものを見て、涙が止まりませんでした

吐き出さないと居ても立っても居られない感じで、寝てないのもあり、異常なテンションでまとめました

そんな流れがありました
簡潔に簡潔にと思ってまとめたのですが、あの書き方では本当に意味不明でしたね
ごめんなさい
137: 本当にあった怖い名無し 2013/10/04(金) 19:44:20.57 ID:EirRkpGq0
もしもこれが釣りだとしたら、質が悪いのです。暗に輪廻転生を肯定してます。 
作者に悪気はないかもしれませんし、考えすぎかもしれませんが、この話を信じた 
若い女の子が、失恋から輪廻転生を期待して最悪、人生をリセットする可能性もあります。 

まさかと思うかもしれませんが、よくできたドラマチックな話なだけに、年頃の女の子なら十分有り得ると思うのです。 
無粋かも知れませんが、自分にはロマンティックすぎて、リアリティーがなく、いかにも女性が考えた 
女性受けのいい物語に見えて仕方がありません。
140: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/04(金) 20:13:30.36 ID:ffY7UqV50
>>136
>>137
わたしも、できたら信じたくはないです
前にもどこかで書きましたが、前世とかありえないだろ、と思っていました

それに、証明する手段が何もないです
だから、>>99にも書きましたが、妄想と思って頂いて構いません
証拠もないのに信じらるはずないです
わたしでも、他の人が書いてたら釣りだと思いますし、アタマがおかしな人なんだな~と思うと思います

でもこれを見てリセットする人がいるかもしれないなんて、考えてもみませんでした
すごく後悔しています
浅はかすぎました
ごめんなさい
141: 本当にあった怖い名無し 2013/10/04(金) 20:28:39.86 ID:6OedEiqY0
あまり詳しくないけど
前世での遺言の件で思い付く夫は扶蘇かな?
もしそうなら、>>1の前世での義父は始皇帝だね・・・

>冗談半分くらいの気持ちで、秦の事を検索しました
>でてきたものを見て、涙が止まりませんでした

この時に「うちかけ」を見つけたのかな?
見てみたいので、URLを貼って欲しい
142: 1 ◆VctdMqE.Kk 2013/10/04(金) 21:26:36.77 ID:ffY7UqV50
>>141
ウィキを見ましたが、中国語だから当然かと思いますが、フソと呼んだイメージはないです
カタカナで書くのはかなり難しいですが、私は彼をシァーン、彼は私をタイヤァと呼び合っていました
おそらくあだ名です


全く同じうちかけは無いですが、
形がそっくりなのは以下の衣装の販売ページです
そして当然ですが、ここまで派手ではないです
これはおそらくかなり現代風になっていると思います

http://dreamgardenjp.com/index.php
147: 本当にあった怖い名無し 2013/10/08(火) 08:45:24.24 ID:QangAQGV0
今後の予定ですよ。誰か分かりますね。理知的で謙虚な方だから
記憶の整理についてかなり早めに結論に到達できたのだろうし、記憶
によって自分の傷を覆うこともできたと思うのです。そのため、ここで
終わらないことを予め知っておいてもらいたい。もうすでに予感以上の
確実さでもって理解されていると思うが、この記憶はあなたのための
特別製の松葉杖みたいなものです。いずれ、感覚だけは残しても棄てら
れていくものです。無理に棄てなくても構わないが、すがり続けると自分
がゆがむ。分かりますね。ちなみに、秦の公主様というと、自分は弄玉、簫史
を思い出しますよ。穆公の娘ですね。白日昇天したというのは、実は排されて
消されたのかも知れない。後に悲劇を繕って仙人の話になり、信仰だけ残る。
そう思いました。このように、傷や要求が心的な事実となって記憶を形成する
ことがあることは知っていて下さい。ですから、前世が実在するか、転生が
あるかどうか云々は気にしなくて良いのです。心の正常な癒やしの過程です。
148: 本当にあった怖い名無し 2013/10/08(火) 12:02:55.04 ID:MnrvAAOP0
>>147
あなたの書き込みはいつも何だかコワイのだが
「すがり続けると自分がゆがむ」は確かにそう思った

過去は過去、と整理をつけて、今の幸せを求めていってほしい
でも整理をつけるって生半可じゃないよね…
時間はかかると思う




PR

Comment

お名前
コメント
パスワード 

× CLOSE

ブログ内検索

COUNTER

このブログについて

管理人:fandz
メール:fandz.jds@gmail.com

最新コメント

[09/06 http://www.japanpcc.com]
[09/05 勾花网]
[09/04 盖土网]
[09/01 ブランド激安市場N級品激安販売]
[09/01 隔音屏障]
[05/19 T]
[03/02 NONAME]
[02/23 NONAME]
[01/30 ばb]
[12/21 あ]

× CLOSE

Copyright © La ringrazio : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]