忍者ブログ

La ringrazio

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2ch】 魂が生まれる場所でお手伝いⅦ◆711

Information
引用元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1348994071/
タイトル:【中間世】711魂が生まれる場所でお手伝い2【前世】
711魂が生まれる場所でお手伝いⅥの続きで、いまのところこれで最後。


 



拍手




141: 本当にあった怖い名無し 2012/10/17(水) 16:47:09.84 ID:k6q4//rs0

宗教チャンポンは危険だ。
あちこち手を合わせちゃいけない。

ちゃんと始末をつけてから、次の宗教にいかないと。
始末ってのは、そこで貰ったり、買ったりした物品(お守りから数珠、お札など)から、本尊(或いは御神体?)までを
全て廃棄処分、或いはお寺や神社へ返却するという事。

本当にオカルト的な問題で脳に問題が出てるなら
宗教チャンポンは脳の状態が悪化するだけだから。

ちゃんと相手(拝む対象)をよく調べて、それが何であるか確認して手を合わせるんだ。
あっちこっち節操なく手を合わせてると、それこそ色んな影響受けてとり付かれるから気を付けるんだよ。

夫婦もペットも一緒に暮らしてると、どこか似てくるのはわかると思う。
自分に近いモノ、或いは好きなモノ、憧れるモノとは少しずつ似てくるわけよ。

それが宗教、つまり崇拝したり、心の中に強く受け入れるものとなると、より影響が強く出る。
他にもオカルティックに話せば色々理由はあるけども、簡単に言えばそんな理由。

宗教によって解決というなら日蓮正宗を強くお勧めするけれども、仮に日蓮正宗を選んでも
同時に他の宗教物が家の中にあったり、本人が他の神社やお寺に参詣しているなら、より事態が悪化したり複雑になるだけ。
宗教で解決… と考えるなら絶対に、その種類を問わず 一つ一つ、始末をつけてから次にいくように気を付けて。



146: 本当にあった怖い名無し 2012/10/21(日) 00:33:18.27 ID:b+6DRidd0
そういえばかなり前、他のスレで
「コンクリ犯人達は死んだら、魂が消滅させられる」
と書いていた人がいた。
711さんのお話と同じく、浄化できない魂と判断されるという事かな。
でも、その犯人達には被害者の苦しみをきちんと味わった上で、
消されてほしい、と思う。
何の苦しみもなく消されるのなら、被害者が可哀そうすぎる。



156: 911 2012/10/22(月) 00:35:44.51 ID:i8+Ex54M0
>>141
まあ、それを言ったら日本なんて国は宗教ちゃんぽんの極みみたいなもんですから
年末年始なんかその最たるものですよ、クリスマスを祝った後に、初詣で神社へ
その理屈で言うなら、オカルトで頭がおかしくなる人は、全員そのシーズンに発狂していなければおかしい

一般の人が普通に日常生活とかを送る分には、お参りとかも大丈夫だと思いますよ?

ただ、ご神体とかお守りとかの処分を気をつけるべきという点に関しては同感ですね
正月飾りを一年放置してしまったせいで、ちょっとしたトラブルに巻き込まれたことがあります

あと、日蓮正宗押しのようですが、あそこは基本的に迫害と戦いの歴史ですから
そういう教えになってしまうのも仕方ないかもしれませんね・・・



>>146
実際、人の次元は油断のならない場所です
いろいろ研究(といっても、様々なブログを読み漁って、解釈を深めるのが主ですが)していると、興味深い理論に遭遇することがあります
魂とは完全に別次元の存在が、自分たちの利益のために人の次元を引っかき回しているというものだったりするわけですが・・・

その理屈で言うと、他者をいじめつくし、いたぶりつくすことで、その人からよい情報を引っぺがし
そして、引っぺがした存在と協力した人間が力を得る・・・今回のケースはそっち関係の影響が露骨に出ているケースなのではないかな・・・と考えています

便宜上わたしはそれを、「可能性の獣」と呼んでいますが、実際これを理論的に扱うことが出来れば
とんでもないことが可能ではないかな・・・と思っています。

まあ、理論上扱うことが出来ても、それやってあまりにひどい事すれば
たとえそれが無自覚でも、絶対来世で桁違いのフィードバックを受けることになりますしね?
今回の事件の彼らは、そういう要素においては完全に無自覚なのでしょうが
確実に来世で死ぬほど苦しみます・・・というより、私と繋がってる魂ほぼ全てが完全激怒しているので
抹消とまでいかずとも、高確率でとんでもなく破滅的な人生を行くことになるだろうと思います。
173: 911 2012/10/22(月) 22:34:46.51 ID:i8+Ex54M0
>>170
可能性の獣に関しては、まだまだ私の中でも考えがまとめきれてない部分が多いので
そこまではっきりしたことはまだまだ言えません

ただ、冷静に考え直してみると、霊とかではなく世界のシステムの一環に近いものなんじゃないかな・・・
みたいに思えたりもします

高次の存在のデータベースのようなものを作成する一環として、ひたすらに情報をコピーする存在
それが恐らく、可能性の獣の始まりなのではないかと思います
そして、それが時を経るうちに情報を効率よく集めるために、獣の中での競争というシステムを作り
良い情報を集めれば偉くなれる、という形でそれに執着させ、手段を選ばなくなった獣は
他者を引っかき回して情報を得、それが効率よくいったならその人を支える、どんどん支えて持ち上げる
・・・みたいなあり方に落ち着いたのかな?

某ブログ2か所の内容の関連部分を、ちょっとがっつり読み込んで解釈しなおしたけど・・・こんな感じかな?
まあ、可能性の獣も人の数だけいるみたいなものですから、そこまで気にしなくても大丈夫です
あくまでも世界のシステムの一つであり、対抗策があるとすれば
それの悪意のサポートを跳ね除けるだけの意志の強さ、自分自身の正義を持つこと、優しさをもって生き物に接すること
その辺が初歩の対抗策になるのではないか、と思います
それもある意味では試練の一環なんでしょう。

ただ、あの事件レベルになると話は別、完全に人としてアウトな領域です
あのレベルまで放置してしまうと、試練失敗どころではすまないわけで
多分魂の監督責任レベルの問題になってるんじゃないかな・・・俺の時と同じで

174: 本当にあった怖い名無し 2012/10/22(月) 22:47:27.81 ID:Iz9QbPLk0
あの被害者の魂は安らいでいるんだろうか。
被害者の遺族も相当苦しかったろうと思う。
乗り越えられたんだろうか。

私が因業の話を受け入れられないのは
こういった現世で他者から理不尽な被害にあう生の意味を
前世の因業で合理化して片付けてしまう人がいるからだ。

182: 911 2012/10/23(火) 00:26:34.80 ID:DHnqDF5e0
>>174
解る人は、感覚で解ってしまうんですよ
自分自身の周囲の人間関係の状況、自分自身の得意不得意
そういうものから、時が来れば理解せざるを得ない状況に追い込む・・・それも魂の所業です

>>175
全く持って同感、死後の霊になってとか、中間生で報いを与えるべきだろうに
何故何も覚えていない来世にまで引き継ぐのか

俺は昔、こういう文句を魂によくつきつけたものです
「何故見ず知らずの他人の罪を、何も知らない赤子に押しつけるのか
 何故見ず知らずの人の積み上げた功徳を、無自覚に引き継いでのうのうと生きていられようか?」

まあ、魂とかにしてみれば、そっちのほうがやりやすいからって理由もあるんでしょうけどね
理不尽なシステムですよ、本当に
183: 911 2012/10/23(火) 00:28:23.61 ID:DHnqDF5e0
>>178
可能性の獣に関しては私もまだ、理解できていない部分が多いし
あの説明でもかなりはしょったから(+悪用されにくいように、意図的に隠した部分が若干)
あれだけで理解できたらびっくり仰天です

あまりお勧めしませんが、色んな魔術・スピリチュアル系統のページを読みふければ
参考になる文献が見つかるかもしれません

それと、魂の処遇のことですが・・・メッセージが届きました

抹消にはならない ただし 来世で人ではない生き物に生まれ変わり 虐殺される
とてもひどい運命背負う とても長い間、人ではサメに食べられるように たべられつづける
そして うつくしくなったら また人に戻るよ 大丈夫

どうやら、来世では動物霊に生まれ変わって、徹底浄化の模様です
・・・流石にちょっと公開がためらわれるメッセージだな、大丈夫じゃないっての
まだまだ怒りを抱えてる人もいるだろうし・・・・・もう少し空気を読んで頂きたい
184: 911 2012/10/23(火) 00:56:11.79 ID:DHnqDF5e0
>>179
いろいろ・・・としか
昔の俺みたいな化け物に食われたりとか、何かの大きな霊的集団の中に入り込んで生きながらえ?たりとか
成仏・・・も一応見たことあるかな、きらきらした世界に送られていきました

出来ること・・・ですか
とりあえずお経でも十分だと思いますよ?
唱えてあげることで、お経の持つエネルギーみたいなものを微弱ではありますが強く出来ますし
それが100万人規模で毎日唱え続ければ・・・そりゃもう超強力な+のエネルギーの出来上がりなわけです

>>180
究極のところ、絶対に不要なものなどないということですよ
結果論として、ルシファーやサタンが存在することで、神の力と優位性みたいなものを
より分かりやすく説明することが出来るわけですし

可能性の獣とて、必要な部分もあります
データベースを作るという仕事は今でも存続しているようですし
別の側面から見れば、彼らのサポートで文明やらといったものも生まれているわけですから
彼ら無くして、人類の今の発展はなかった・・・とも言えます

まあ、最近は文明の発展度の割に力が強すぎるみたいで
地球外にポイするみたいな話も聞きましたが
ポイされた獣がまたどこかの星にたどり着いて、効率よく情報を集めるために・・・・・

えらく遠大な話ですよ。
187: 本当にあった怖い名無し 2012/10/23(火) 04:08:06.15 ID:ssutkLut0
書き方がわかりにくかったか。
宗教チャンポンが精神に悪影響を及ぼすという話は日蓮正宗だけに限った話ではない。

911の様な屁理屈を言ったら、それこそ遊び半分の降霊術?や肝試しなんかでも、
行った人の全てが心身に影響をきたす、或いは影響をきたさない、という100%論になる。
>>132の状態を認めているにも関わらず。
現実は遊び半分で試した人の全てが自覚症状を持つわけでもないのに。

そういう遊び半分のオカルト的行動の影響が、
周囲の目に見える、或いは本人が自覚する形で問題になる事が100%ではない事は周知の事実。
ニワカ参りにしても何にしても、良い影響も悪い影響も、100%自覚できるような場合は少ないものの、
しかし確実に影響が出るということはあるわけで。実際にそういう人を見聞きしたこともある。
通常、多くの人には見えないものが見える、わかると自称する人間が100%論を展開するとは奇妙なもの。

また、複数の宗教を同時進行する事には、目に見えにくい霊的な影響や精神状態だけでなく、
目に見えやすい問題もある。
各種相談機関や、病院等を利用してもなお困りごとが解決せず、
とことん悩んだ場合に、数多くの宗教を渡り歩く人がいる。
そういう精神的にも疲れている状態で宗教を選んで渡り歩くと、新興宗教、悪徳商法的な宗教団体に関わってしまう場合もある。
1つ1つ始末をつけてから次の宗教へというのは、実質的に宗教とは言えない団体との悪い関係の整理をつけるためにも大切だ。

もちろん、個人がどう考えて行動するかはそれぞれだけども、危険を知っていて何も知らせずにはおれない。
自分もとことん困り、悩み、窮した事があるから。悩めば悩む分、解決の模索で色々な事を勉強し、色々な方法を試すものだ。

もし悩みを「宗教によって解決を」と考えるなら、拝む対象や教義をよく調べた上で選び、変える場合には1つ1つ始末をつけてから変える事が大事。
>>132の問題が速やかに解決する事を願う。

お大事に。
192: 911 2012/10/23(火) 18:13:20.80 ID:DHnqDF5e0
>>185
ホームシックか・・・俺の場合、生まれ故郷?的な霊界の記憶はないからな・・・
解った気になってやることしか出来そうもない、ごめんなさい。

>>187
気持ちはよくわかるんですが、あの前のレスの書き方だと
日蓮正宗の勧誘文にしか見えなかったものでして・・・
ちょっと突き放す書き方をしてみました

一般の人が普通に神社にお参りとかする分には
宗教ちゃんぽんになってもそこまで(霊的な意味で、主に神サマ的なものに)怒られることはない、ってことを書きたかったんです

ただ・・・うん、そういう実体験に関しては私より色々経験していそうだし
これからもちょくちょく、思ったことを書いていただけるとありがたいです
私自身もまだまだ、勉強中の身ですので。
193: 911 2012/10/23(火) 18:28:27.85 ID:DHnqDF5e0
>>187
ただ、もう少し屁理屈を言わせていただけるなら
結局、神社とかに行って霊的に影響を受けない人はいないのですよ
微弱にせよ、加護みたいなものは参拝のお礼みたいな感じで、少しはもらえるわけですし

それと、そちらに強力な日蓮正宗のバックアップ持ってる霊魂の類が多分いますね
ちょっと強すぎて笑えないレベルのが
加護の類が強力なのはそれに越したことはないですが、無自覚の内に
日蓮正宗の宣伝文書いたりするように誘導されてるかも・・・ってのは考えておいた方がいいです。
主に人間関係的な意味で、支障をきたすかもしれません


203: 174 2012/10/24(水) 19:35:45.39 ID:j40mTdEH0
>>182
うーん。悲惨な事件の被害者は大抵、そんな周囲の状況とか
自分の能力とか埒外のとこで被害にあってると思う。
戦争で殺される非戦闘員なんかもね。
こういった不条理は前世の因業じゃ到底説明できないと思うんですよ、私は。


205: 911 2012/10/25(木) 14:35:12.88 ID:grcbAtwp0
>>203
まあ確かに、前世の要因だけが100%悪いってことはありません
今世でやってしまったことの跳ね返りとか、あとはとんでもないものに遭遇して
その巻き添えを食ったりとか、原因みたいなものを数え上げればキリがありません
大概は、そういう要因複数が複合して、何かよくないことって言うのは起こります

要するに、計算式の答えと同じですよ
生まれついた環境+魂の意思+霊的干渉+神仏の加護+・・・・・・=悲劇

ただ、やっぱり前世の要因って物も決して小さくはないですからね
生まれついた環境や魂の意思・人生の方向性といったでかい計画を組む上で
大きいウェイトを占めていることは間違いありません
だから、前世の要因が大きく人生に響いている人というのは多いと思います

もちろん、前世とは全く関係ない要因で悲劇に巻き込まれる人というのもいますよ?
まあ、理由としては何かよくない物のせいだったり、あるいは運命的な意味での寿命みたいなものだったり
色々あるんですけど。
199: 本当にあった怖い名無し 2012/10/24(水) 09:09:39.92 ID:JDfazEli0
あとネットでは物凄く参考にしてるブログが1つありまして、
私はそこと、この711さんのスレの二本立てみたいな感じで学ばせて戴いてます。
その方も元は2ch出身らしいですけど。

そのブログ主さんが仰るには、魂も神の霊格にまで至ると地上に来ても人からの崇拝の念とかそんなもの何も必要としなくても存立していけるんだそうです。
多くの霊はこの能力が欲しくて欲しくて仕方がない。
しかしその次元にまで達する為には、この世に転生してこの世の全ての不条理な経験、理不尽さを味わうという経験をしなければならないのだそうです。
それは天上の神々でさえ目を背けたくなるような試練だそうで、従って多くの神々は神の霊格を望むこれらの霊たちにそれを思い留まるよう再三説得するのだそうてす。
それでもそれらの霊たちはこの世に転生するといってきかないのだそうです。
200: 本当にあった怖い名無し 2012/10/24(水) 09:29:58.91 ID:JDfazEli0
しかし問題はそうした神の霊格へ至ろうとこの世に転生して必死に努力する者たちを妨害する霊的存在もいるそうなんです。
そしてそうした妨害霊たちがむごたらしい事件なんかを引き起こすんだそうです。
あまりに残虐な目に合うとそのことにわだかまりを持たずに霊界に帰ることはとても困難になるそうですから。
従ってこのような残虐行為は神への反逆とみなされる、というお話なんですよね。

その妨害霊というのが911さんの仰る「可能性の獣」や「アブラハムの宗教」で言うところのサタン、ルシファーを彷彿とさせますし、
神の霊格を得ようと必死に努力する霊たちのお話は、前スレで711さんが述べられていた「ちょっとハードルを高く設定し過ぎた魂」のお話と重なるんですよね。

207: 本当にあった怖い名無し 2012/10/25(木) 19:57:59.51 ID:TX5qXH5r0
>>150
>日本は建国した人が、わざとわかんなくした上で、
> その現世で呪詛してロック掛けました

う~ん、霊視能力のある方が初期ヤマト王権のことを見ようとすると同じようなことを言われる方が多いようですね。
>>199で私が挙げさせて戴いた方も同様のことを述べられておられました。
曰く「イザナギ命や神武天皇や神功皇后などの足跡を霊視によって順を追って辿っていくと、必ず途中でシャッフルされたようになってそれまで積み上げたものが全てパアになり、また一からやり直さなければならなくなる。
そして何度試みても同じところにまで来るとその繰り返しになってしまう」と。

また、「ロック」にも段階があって、
「迷彩による禁則」から「禁忌」の段階を経ているとも。
「迷彩」である内はまだマシなのですが、「禁忌」まで踏み込むと本当に危険であるとも申されていました。

それでも
>英知
による探求は許されているんですね?
「英知」というのはどういうことでしょうか?霊視とかに頼らない、真に学問的な探求ということなのでしょうか?
221: 本当にあった怖い名無し 2012/10/28(日) 23:11:13.29 ID:uQm3/iRo0
日本神話とケルト神話、ギリシャ神話は似ている部分がありますが、
日本と同様にロックがかかっていたりするのですか?
似ているのは同じことを表現しているから?
ケルトは文化も日本に共通するものが多いので気になります。



223: 本当にあった怖い名無し 2012/10/30(火) 00:11:11.01 ID:VjYmwm2v0
>>221
えっと。
>>150 にある
>記紀にある倒語、諷歌で災いを祓った

というのは、神武天皇の即位式で行われた神事です。

日本書紀巻三 神武天皇元年正月条より
「辛酉年春正月庚辰朔。天皇即帝位於橿原宮。是歳為天皇元年。(中略)
 初天皇草創天基之日也。大伴氏之遠祖道臣命帥大来目部奉承密策。能以諷歌・倒語掃蕩妖気。倒語之用始起乎茲。」


224: 207他 2012/10/30(火) 07:49:39.43 ID:rU1T//pwO
「辛酉(かのととり)の年春1月1日、天皇は橿原宮(かしはらのみや)にご即位になった。この年を天皇の元年とする。 (中略)
初めて天皇が国政をはじめられる日に、大伴氏の先祖の道臣命(みちのおみのみこと)が、大来目部(おおくめべ)を率いて密命を受け、
よく諷歌(そえうた=他のことになぞらえてさとす歌)、倒語(さかしまごと=相手に分からせず味方にだけ通じるよう定めていう言葉)をもって、わざわいを払いのぞいた。
倒語の用いられるのはここに始まった。」


>>223さんの挙げて下さった『日本書紀』の当該箇所に現代語訳をつけさせていただきました。


225: 本当にあった怖い名無し 2012/10/30(火) 12:09:56.73 ID:53IHPqkg0
>>224

ここの711氏や911氏に聞いた話を材料に、他スレの語り部にケチをつけたり脅したりする荒らし行為は
止めて頂きたい



227: 本当にあった怖い名無し 2012/10/30(火) 17:45:11.40 ID:53IHPqkg0
>>226
>いきなり、物凄い剣幕のレスですが・・

こちらは平易な文章で頼んでいるつもりだが、逆にそちらのとらえ方に違和感を感じるが…。
そもそも、そちらがやったように、此方のスレの話を他スレでする事自体、好ましい事とは言わんだろう。

逆もしかりを承知の上で、あえて許されるだろうと思える範囲で言うならば、そのスレでは主要な語り部の一人に、
そちらが抗議を受けており、他の住人からも脅しと見られているのは事実で、既に自分で分かっているはずだが…。
にも関わらず、それを此方に持って来て指摘しろとは、いかがなものか…。

それ自体が此方のスレを荒らそうとする行為であり、此方に迷惑を掛ける行為になるわけだが…。

普通に想像付くはずだが、あえてそれを求める行為は、荒らしの誘導と疑われてもおかしくなかろう。

百歩譲って、わざとそうしているのかどうかは定かでないとしても、そのスレでは常に現れる荒らしとお揃いで言っている
事実もあるわけで、それについても本人から抗議を受けているようだがな。


250: 711-713 ◆QQoqeeJKco 2012/11/04(日) 22:49:24.79 ID:/5GDCu2Z0
おおっ、今回は質問ほぼ無いようで、久々に自由レスが出来ますね。
これは911さんとか他の皆さんのお陰かな?感謝感謝です。

>>155
過去レスにも書きましたが、恨んだり憎んだりは人間が持っている肉体的な負の性質みたいで、
肉の罪みたいにも言います。
人間に生まれる前まではなんでもなかったのに、人間に生まれてから、その肉体的性質に負け
てしまう子も中にはいて、それを乗り越えるのが、意味あるんです。

今まで最終的にそれを乗り越えられなかった子はいないので、誰でも何時かは乗り越えられるし、
それを乗り越える場が日本という十分恵まれた社会なのは、凄くラッキーなんですけどね。

>>156
可能性の獣?なんでしょうね。
以前、あっちの世界で人間に余計な負荷を掛けるように、なんか撒いてる人らが居て、人間の進化
が促進するように試してるって言ってましたけど、それの事ですかねぇ?

なんか人間の業を促したり、付加して強めたりする存在で、より強く良い人間が現れるようになると
かで、その業に抗う事の出来た一部の人が、より良くなって他の人らを引っ張るような考えらしいけど…。

>>157
一言で言えば、愛する者は救われる。デス
愛情エネは魂を作るエネになるので、愛情いっぱいだと自分の魂も成長しますよー。
実践できる人なかなか居ませんが、実はこれが、一番気持ち良く魂を成長させる方法です。ただ人間
はついつい相手の愛情を求めてしまって、それが得られないと苦しくなってしまいますが、それに拘ら
ないで愛する事が出来ればとても幸せな気分でいられます。

溢れた分は魂を生む養分として美味しくいただきマース
251: 711-713 ◆QQoqeeJKco 2012/11/04(日) 23:05:10.48 ID:/5GDCu2Z0
>>161>>163
あっちの事を覚えてらっしゃるんですかナカーマですね。

おっしゃるように、外見は小さいけど中に入ると広いんですよね。私の居た場所も外に出ると何てことな
い大きさですが、中は広大な野原みたいで魂の花畑がどこまでも続くような広さですし、上で書いてる魂
が生まれてから輪廻転生する一連の場所ってか関連施設も、外に出ると、あっちの世界のごく一部でし
かありません。

あと、こっちに生まれたのは志と言うよりも、つい勢いでって感じです。

>>166
異端かもですねwww
実は私もそうで、生まれるの嫌で逃げ回ったり隠れたりしてましたし、それならと他の事をやらされるのも
逃げてたりしました。まあやり始めたら、ちゃんとやるんですが、基本は面倒くさがりなんですよね。
だから後から生まれたやる気満々の後輩に追い抜かれてばかりです。

だいたい魂が生まれる所も、そこに行くつもり無くて、浄化する所で寝てたのに、気付いたら場所が変わっ
てて、暇だから適当に遊んでたら、その遊びが魂を生む手伝いになってしまって、魂が生まれるので放っ
ておくわけにも行かなくて、仕方なく面倒みなくちゃいけなくなって、外にふらっと出る度に偉い人がとんで
きて、子供らの面倒を誰が見るんだ、とか色々面倒くさい事言われたりして、仕方ないからやってただけな
んですよね。

>>169
過去レスでサイパンに居た軍人さんを靖国にお連れした話をしましたが、あの時の軍人さん達は、此方に
負担かけまいと必死で縮こまって微動だにしませんでした。それがあったので、こっちに残ってる軍人さん
達を連れて帰らねばと思ったんです。

硫黄島なんかには沢山残ってらっしゃるらしいので、行きたいのですが、あそこは一般人は立ち入り禁止
なので、死んでからでないと行けないのが残念です。
253: 711-713 ◆QQoqeeJKco 2012/11/04(日) 23:21:03.26 ID:/5GDCu2Z0
>>177
会いに来られたら隠れるんじゃないですかね。

高位の方は、必要ないのに、姿なんか見せませんし、感じさせてもくれません、仮に目の前にいても見えな
い場合も有る。
基本的に相手のレベルと差が開けば開くほど、光しか見えなくなって、ただひたすら眩しさが増して、それ以
上レベル離れると、光さえ見えない。
人間に生まれるとかのレベルでは勿論、担当とかのレベルでも光さえ見えない高位の存在はあるので。

会いに行っても見えないなら、担当レベルじゃなく、かなり高いレベルの方が付いてくれてるのかも知れません。
そうなると、流石に此方も口出しするのは、はばかられますし、仮に何か話したとしても、78さんの設定が迂
回変更されるだけだと思います。

あと、複数の魂を一つの肉体に入れることもありますよ、その逆で一つの魂を複数に分けて複数の肉体に生
まれさせる事も有る。どちらも特殊事情だったり特殊訓練だったり。

よく言う事ですが、78さんは正に自分をしっかりと信じるって言うか、信じ切るのが重要な気がします。

>>179
911さんのおっしゃるとおり、お経でもあげてやって下さい。
自分で気付くのもいれば、何百年も留まるのもいますね、時々偉い人クラスが降りてきたついでに連れて帰
ったりします。
前世で死んだ時は後ろに見渡す限りの霊がついて来てて、その時偉い人が迎えに来たのですが、みんな連
れてって貰いましたよ。
今回はその時代より遥かに人口が多いので、とんでもない数になるか、それとも宗教とかのお陰で、そうでも
ないか、ちょっとドキドキです。

そういえば、偉い人が迎えに来た時、人によって見え方が違ってて、神様みたいに見える人と死神みたいに見
える人が居て、多分、善人とかは神様みたいに見えて安らかな顔してて、悪い人とか誰かを恨んだり憎んだり
してる人には死神みたいに見えるみたいで恐怖で顔をひきつらせて叫んでました。

255: 711-713 ◆QQoqeeJKco 2012/11/04(日) 23:38:12.57 ID:/5GDCu2Z0
>>201>>189
五体満足で家族もいらっしゃるとしたら、それだけ何かが守ってくれたのでしょうね。有り難い事です。
以前、どなたかが大事だよと、レスしてましたが、有難うと御免なさいですね。

かつて遊び半分でやってしまったものの、それによる苦しさや周りに対する感謝の気持ち、自分自身を含めた
謝罪の気持ちが、長いスパンで見ると、とても大切な財産になってくれるかも知れません。

>>204
一回、すぐ死ぬ設定で生まれた事ありますよ。どう死ぬのかは教えてくれなったけど。以前木に生まれてみた後、
やっぱり生まれるのイヤーってあっちこっち逃げ回ってて、友達の所とかに隠れてたり、浄化する場所の一番深い
誰も来ないところに、ずっと隠れたりしてたけど、あっちの世界の偉い人らの面々や隠れた先の人らにまで、とに
かくほんの少しでいいから、すぐ死ぬから試に一回だけ人間に生まれてくれって集中砲火浴びせられて、最後に
は友達にまで言われてしまって、渋々生まれた。

確かにすぐに自然災害で死んだけど、それが罠で、渋々生まれたのコロッと忘れて、その後何回か生まれる嵌め
になってしまった。W

>>215
そういうこともあるよね。寝てる時に夢みたいにして見せる手法はデフォ

>>220
私にもトンデモ記憶イッパーイありますから、葛藤が和らいで良かったですね。

>>231
他スレに書かれた事についての言及はしませんが

>此方のスレの話を他スレでしたり、他スレの話を此方に持って来るのは、いかがなものかと思いますし
>それを行ったり、そうなるように誘導するのは荒らしと同類と思いますが

そういうのは好ましくないのでしょうが、言われて初めて気付く場合もあるかと思いますので、今回の件で、もうされ
ないんじゃないでしょうか?
此方もそうやって拡散されてしまいそうな話は極力控えますし、実際このレスを見るまで書いてた話も削除しましたので。
256: 711-713 ◆QQoqeeJKco 2012/11/04(日) 23:54:33.89 ID:/5GDCu2Z0
>>232
忘れようとしても、忘れるの難しいかも?です。
>>238さんが言ってくれた方法も一つの手です。此方も子供の頃は、上に書いた記憶はうざいだけだったりで頭から消
去しようとしましたけど…、時間と言うか、自分の成長がいずれ解決してくれると思いますので焦らない事です。
私の整理方法としては自分の一部として心の片隅に場所を作って、普段はそこにしまっておく感覚ですかね。

それと、一生懸命に言うと伝わったのかな?って思うときありますよね。その時はきっと伝わったんだと信じます。

>>246
どうでしょうね、やだやだって言ってても、担当の勧めについつい乗っちゃう子はけっこう居るみたいですよ。
マジでやだってなって、こっちに訴えにくる子も時々いて、別に良いよー、強制じゃないからーって言うと、本当に?って
しつこく聞いて、本当だよと返すと、でもでも担当の先生がって、言うので、じゃあ勧めないように言っておくからって言う
と、ようやく帰るけど、少しすると再びこっちにやって来て、やっぱり生まれたいとか、勧めてさえも貰えないのやだって、
今度は泣きながら訴える。
それで、じゃあ勧めるように言っておくからって言うと、嬉しそうにニコニコしながら喜んで帰る。

結局、生まれなくて良いよって言っても、そのまま生まれなかった子は今までに一人も居ないんですよね。

>>247
あっちにいると穢れないようにするのって、ちょっと気を付ければ簡単そうに思えちゃうんですよね。でも実際は周囲の影響
とか社会のもろもろの影響を受けるので簡単じゃない。けど、あっちに帰ってしばらくすると再び簡単そうに思えてしまう。
今までに一切の悪い事しないで、肉の罪にまったく犯されなかったのは、星の数ほど魂がいても数えるほどしか居ません。

私が言う、偉い人は全てのルールを完全に守った完全無欠のルール魔人で、まあそれだから、あっちの世界を神様の代わ
りに仕切れるんですが。

~~~では、また今度です~~~~
304: 本当にあった怖い名無し 2012/12/01(土) 01:22:39.98 ID:vcic9Uc50
前世とか生まれ変わりとか
しんじられんのだが、今日妙なことがあった。
5年前、唯一無二の親友が死んだ。
今日(正確には昨日の昼)、iphoneのリマインダーに、そいつの名前で
「明日2012年12月1日は◯◯◯◯さんのたんじょうびです」と出てきた。
仕事中だったので、ちょっとビクッとしただけで、閉じた。
もちろん、そいつの誕生日は別の日だし、そもそもリマインダーやカレンダーなんて一切使ってないし、家族の誕生日さえ入れていない。
さっき、仕事が終わって思い出したので確認してみたが、何にも残っていなかった。
なんか、「明日、戻ってくるぞ~」ってあいつが知らせたんかなー、と月見ながら思った。赤ちゃんでもいいから、あいつに会いたいよ。





PR

Comment

お名前
コメント
パスワード 

× CLOSE

ブログ内検索

COUNTER

このブログについて

管理人:fandz
メール:fandz.jds@gmail.com

最新コメント

[05/19 T]
[03/02 NONAME]
[02/23 NONAME]
[01/30 ばb]
[12/21 あ]
[12/01 あ]
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]

× CLOSE

Copyright © La ringrazio : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]