忍者ブログ

La ringrazio

( ・᷄ὢ・᷅ )そのうち再開したい
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2ch】未来人にあったことあるけどⅡ【塚本さん】

Information
引用元:http://mimizun.com/log/2ch/occult/1216178396/
タイトル:【私は】未来人と会ったことがある2【未来人】
概要:2ch、未来人塚本さん(仮)に遭遇した人


 



279 :前スレ235 ◆y8nqDSiYcU :2008/07/11(金) 20:32:02 ID:LMvtS4/O0
今日は先に人間関係と「縁」について詳細な話をします。長くなります。
なお今回の話は「良縁」に限ったものです。「悪縁」もあるんで、それはまた後日。

まず何度も書くけど、重要なことは、

・「絶対的な時間」が無いこと。
・各個人それぞれが「時間」を持っていること。

AさんとBさんがこの空間にいた場合、「Aさんの時空とBさんの時空は異なる。だが
空間は共有している」状態。言い方を変えれば、意識のある生物は他の生物と時空を同一に
することはできない。目の前に恋人や飼い犬がいても、彼は別の時空を生きている。

逆に言えば、彼とまったく同じ時空を生きているなら、彼が死ぬと同時にあなたも死ぬ。
でも、そんな話は聞いたことが無い。事実、ありえない。ただし同期がとてもうまくいっている
(仲の良い)相手が死ぬと自分も死んだような気分にはなる。それを今回説明します。

なにもないテーブルの上にペンや箸などを7,8本、平行に、かつバラバラに置いてみてください。
このペン1本1本が各個人それぞれの人生とする。人間は必ず2人の親から生まれてくる。
ペンを =- という形において真ん中のペンを左の2本で挟んでください。真ん中のペンが
あなたの人生。左端が誕生の瞬間、右端が死去した瞬間。

本質的には時間的迷子であり、意識のはっきりしない赤ちゃんが、この空間で自分の存在を
確かだと確信できるのは、両親という2本のペンで支えられ、時間的に安定しているからだ。
上下から真ん中のペンを強く挟んでみてください。真ん中が動かせなくなるでしょ?

上下から支える力が強ければ強いほど、赤ちゃんの心は安心する。自分の持つ「時間」が
両親によって安定するからだ。上下から強く赤ちゃんを支える力、それが「愛情」です。



拍手


280 :前スレ235 ◆y8nqDSiYcU :2008/07/11(金) 20:33:42 ID:LMvtS4/O0
人間は誰かの「愛情」によって支えられなければ、時間をさまよう迷子になってしまう。
ペンを片付け、テーブルにペンを1本だけ置いてください。これが人間の本来の姿。
この状態はさっきより「自由」だ。好きな場所に置ける。でも、見方を変えれば
とても不安定だ。指ではじくと簡単にどこかに行ってしまう。だから孤独な人は
「自由」を得るかわりに些細なことに影響を受けて揺れ動き、不安になりやすい。

孤独に耐えられない人間は、お互いに支えあってくれる誰かを探す。
ペンを1本足して支えてみよう。これが「出会い」だ。お互いにさっきよりずっと
安定したよね。本数を増やせば増やすほど、全部の「時間」が安定するでしょ?
そして支えあう力、「愛情」が強いほど安定し、全員の心から不安がなくなる。
だから単に接するだけじゃなく自分のためにも他人のためにも「愛情」を持って
人と接することが大事なんです。

お互いに「愛情」のある同士は自然に自分の「時間」と相手の「時間」を同期させようとする。
仲のいい2人の「時間」はそのスピードとタイミングがとても似ている。「コンビネーションがいい」
とか言うでしょ?逆に気が合わない人はスピードも合わないしタイミングが悪い。

最初はまったくの他人でも「愛情」を持って接するうちに相手の「時間」を理解し、お互いに
同期をとっていく。ただし最初に同期をとるには直接コミュニケーションしないとダメ。会わないと
ダメだ。相手の「時間」を肉体で体感することでしか肉体に「縁」を刻めない。だから恋愛は
お互いの肉体を強く体感しないと真の満足を得られない。これ以上余り深くは書かないけどねw

相手の気持ちを自分のこととして理解するためには、まず同期していなければならない。この
同期がうまくいけばいくほど、何も言わなくても相手の意図がわかるようになる。そして、その
相手が死ぬと同期した自分の「時間」も死んだように感じられる。これはユングの説に似ている。

究極的に同期がうまくいけば、遠くにいる相手ですら何が起こったかを胸騒ぎでわかるようになる。
同期がうまくいった相手は肉体にその記録がより強く刻まれる。はなっから同期する気がない人は
記録もあいまいで「縁」も弱い。だから時計という道具が必要になるんだけどね。


281 :前スレ235 ◆y8nqDSiYcU :2008/07/11(金) 20:35:17 ID:LMvtS4/O0
あなたが日頃から仲のいいAさんに「会いたい」と思ったらどうするか?
まず電話していつ会えるか相談する。渋谷で午後5時に会おうと約束する。
お互いに時計を見て、午後5時に出会うことを目指して行動し、実際に会う。
日常的によくあることだよね。これを丁寧に分解してみる。

あなたがAさんに「会いたい」と思うには、まず、あなたとAさんの両方に「相手に関する
記録」が無いとそもそも「会いたい」と思えない。「相手に関する記録」これが「縁」だ。
偶然出会うのとは異なり、「会いたい」と思って会うためには「縁」が必要なことがわかる。

次に相手の「時間」にアクセスする。この場合、手段は電話だね。
この時にお互いに自分の「時間」と相手の「時間」の同期をとる作業をしている。
仲がよければ同期をとるのは簡単。過去に同期をとった時のリズムが肉体に記録されてるから。
ちなみに知らない相手とは電話だけでは同期がとれないよ。

タイムトラベルも似たような流れで行う。
1.2008年に行きたいと思う = 2008年の時空に「会いたいと思う」のと同義
2.自分の過去から2008年を生きた「縁」のある人物を検索する
3.相手の「時間」にアクセスし同期を試みる。「縁」が強ければ一発、弱ければ失敗する
4.相手の「時間」と同期がとれたら、出現する時間(会う時間)を決める。
5.相手の「時間」を辿ってタイムトラベルし、決めた時間に出現する。
6.2008年に塚本(仮)参上

もちろん、出たとこ勝負で偶然に任せてタイムトラベルも可能だけど、どこに行くかは
まったく不明。指針となる「時間」が無いからね。だから、安全に、行きたい時空間に
タイムトラベルを行うためには強い「縁」が必要ということです。ちなみに儲け話が
出てるけど、行ける時空は「自分が存在しない空間」だけだよ?未来であれば、
自分が死んだ後の時間だ。じゃないと同一空間に同一物質が複数あることになる。
それは矛盾だからな。

塚本(仮)参上が実際にどんな感じだったかは、このスレの最初のほうに書いてあります。
ちなみに人を傷つけるような言動や行動をすると自分も不安定になり最後には孤独になる。
上記の説明をすべて逆にしてみてくださいね。今週末はレスできません。ではよい週末を。


308 :本当にあった怖い名無し:2008/07/12(土) 03:43:09 ID:juZzghIA0
>>279
前スレ235さん
あなた何者?本当の目的は?現段階では言えない?
この一連の縁の説明、解り易い。いや、解り易過ぎ。
塚本(仮)氏と会った1日に満たない時間でこれだけの情報が教えられて
完璧に理解したのですか?
現実として目の前に現れれば簡単に理解できるものなのですか?

この縁に関する2008年現在の我々の理解度や反応によっては
何かとてつもない事を伝えようとしていませんか?
我々に受け入れられる土壌があるか試していませんか?

今までの話もそれの為の前振り?


309 :前スレ235 ◆y8nqDSiYcU :2008/07/12(土) 04:42:51 ID:EASgCsRH0
>>308さん、あなたはとてもすごい人だと思いました。脱帽です。まいりました。
書かないつもりでしたが、なんとなく胸騒ぎがして今朝起きてしまい、
このスレを読んでしまいました。ウソがつけない気がするので正直に話します。

実はひとつ塚本から聞いた「とても重い話」があります。
でも、おっしゃるとおり上のほうに、いくつか拒否反応のあるレスが出ています。

この段階で既に拒否反応が出てきています。この状況で、この「とても重い話」を
するとその人たちの自我が崩壊する恐れがあります。>>53に書きましたが、
自分にとって危険な情報と思いつつ「読んでしまう」人がいるのです。

私がいちばん最初に「バカバカしい」と思ったら読まないでくださいと
言っているにも関わらず、です。読めと言われたわけでもなく、読まない
という選択肢があるのに、読んでしまうのも不思議なものです。

ここにいるほとんどの方は精神的にレベルが高く、受け入れる体制が
出来ています。でも、一部そうでない人がいる以上、これ以上は話せません。
いま涙があふれて止まりません。伝えられないことの苦しさというのは
これほどかと痛感します。Rももっと率直に言いたいことが山ほどあったでしょう。
ごめんなさいとしか言えません。

↑ここまで
未来人に会ったことがあります
http://mimizun.com/log/2ch/occult/1215315075/


未来人と会ったことがある2
http://mimizun.com/log/2ch/occult/1216178396/
↓ここから





196: 235 ◆y8nqsuahwg 2008/07/18(金) 21:30:27 ID:55Xf55zz0
さて、塚本から聞いた「とても重い話」をします。

とても重いというのは実はブラックホールのことです。
今年、ヨーロッパにあるCERNというところが、極小ブラックホールを作るらしい。
どういう経緯でつくるのかはオレは知らないんだけどね。どうも塚本の過去では
2008年にそのブラックホールが大地震を引き起こしたらしいんだ。大地震と
聞いてふと思ったのが四川大地震。

時系列を整理するとオレが塚本に出会ったのが4月20日。
四川大地震は5月12日だ。オレが塚本に出会ったときに、大地震は起きてなかった。
このことは頭においといてください。

CERNが作ったブラックホールはすぐに蒸発した。このすぐにってのがクセモノだった
らしく、数ナノ秒とは言え、極小ブラックホールとはいえ、ものすごい重力を持つ代物だ。
どうやら地球の時空とマントル構造をかなり歪めたらしいんだ。塚本が言ってたのは、
5月に1発目の大地震(おそらく四川のこと)6月に2発目(東北か?)、9月に3発目、
11月に4発目。2009年1月に5発目、4月に6発目、10月に7発目と立て続けに
アジアで起こると言っていた。


198: 235 ◆y8nqsuahwg 2008/07/18(金) 21:37:45 ID:55Xf55zz0
どうしてヨーロッパに影響が無くてアジア?と聞いたら、ブラックホールは地球の重力に
引っ張られてまず核の方向に落ちていった。落ちていくっていっても数ナノ秒だけど、
ものすごい加速だから核を突き抜けて、時空の歪みもあって中国の昆明あたりに
飛び出したらしい。昆明ってなんだか奇病が多かったよな。どうもその病気の原因が
ブラックホールにあるらしいんだ。

そして、その影響は中国だけじゃなく日本や韓国、北朝鮮など極東アジア全域に及んでいる。
既にかなりの数の人の健康を蝕んでるらしいんだ。それだけでなく、食べ物や動植物、
すべての生命に強い悪影響を残して蒸発した。

いまほとんどの人に自覚はないが、塚本が言うには「相当の細胞へのダメージがあった」
らしい。ただし、これが問題化するのは2009年からだそうだ。2009年から2012年の間に
アジアだけで9億人が発病、6億以上の人が亡くなるそうだ。


200: 235 ◆y8nqsuahwg 2008/07/18(金) 21:44:43 ID:55Xf55zz0
病気の形はさまざまで、血球が歪むというのが最も多いケース。消化液生成の不良で
下痢や腹痛に悩むケース。肺を損傷して呼吸困難に陥るケース。いろいろあるらしい。
水泳選手で昆明で死亡した人がいたけど、あきらかにそれだろ。あと、陸上選手で
奇病にかかった人たくさんいたよな?

まあともかく。自覚症状がいまのところなくても、来年にはどっと患者であふれる。
その病気にかかっているかどうか、「なんとか見分ける方法は?」と塚本に聞いたら、
皆もすぐにやってみてほしい。まず「どれだけ息をとめてられるかを計ること」
1分以上もたないならヤバイ。そして「原因不明のめまいやバランスを失うような
ことはないか?」「妙に胃が痛い、下痢している」「ネガティブなことばかり考える」
「疲れやすくなった」そして一番わかりやすいのが、尿酸値を計ること。異常値で
あれば、その病気にかかっている確率が高い。

病気だとわかったらなるべく安静にし、食事を制限するようにとのことだ。


202: 235 ◆y8nqsuahwg 2008/07/18(金) 21:46:59 ID:55Xf55zz0
CRENの実験がいつ行われるのかは知らないが、5月に地震があったって
ことはもうやってんの?そしたらもう手遅れかもしれん。

とりあえず、概要は話したので、詳細はまた後日。


204: 235 ◆y8nqsuahwg 2008/07/18(金) 22:00:33 ID:55Xf55zz0
いまメモみて思い出した。塚本はこの影響で「頭がおかしくなる人が急増する」
って言ってたんだよ。「理由不明の大量殺人や突発的な事件がアジアで多発するようになる」
秋葉原の通り魔って6月だっけ。寒気したよ。千葉でもあったよな。なんか連発してる気が
するんだが。皆も事件、事故には十分注意な。

210: 235 ◆y8nqsuahwg 2008/07/18(金) 22:13:28 ID:55Xf55zz0
>>209
おめでとう。あと、ラインを引いて10メートルまっすぐ歩けるか、も
やってみてください。


234: 235 ◆y8nqsuahwg 2008/07/18(金) 22:55:29 ID:55Xf55zz0
テスト方法もう一個あった。
「赤色の紙と青色の紙を用意して交互にみる。何回かやってめまいがしたらアウト」
目安は10回から20回で問題なければOK

275: 235 ◆y8nqsuahwg 2008/07/19(土) 10:17:00 ID:th3PWNho0
さて、そろそろ本当の話をしよう。

自分の人生を振り返って「なぜそうなったのか」を考えたことがあるだろうか?

「なぜこの高校に入ったのだろう」
「なぜこの会社に入ったのだろう」
「なぜこの人と結婚したのだろう」

「志望校だったから」「そういう仕事がしたかった」「たまたまだろ」
いろんな答えがあると思う。いずれにしろ自分が選択した結果、そうなったに違いない。
じゃあ、その「選択」とはなんなのか?塚本から聞いた「とても重い話」とは、
オレらが日々行っているこの「選択」についてです。

まず中日の落合監督に関する興味深い話をwikipediaから引用します。
”ボウリングのプロを志すがプロテスト受験の際にスピード違反で捕まって罰金を
 支払ったことで受験料が払えなくなり受験できず、これも挫折してしまう。”

この話は実に興味深い。野球の天才がプロボウラーになろうとしていたのも面白いが、
重要なのはこの部分、”スピード違反で捕まって罰金を支払ったことで受験料が
払えなくなり受験できず、これも挫折”

これを今回話そうとしている「選択」という観点で丁寧に分解すると、
「なぜスピード違反をしたのか?」
「なぜ警察は落合博満を捕まえたのか?」
「なぜ受験料も払えないほど金がなかったのか?」

そして、「なぜ挫折したのか?」という疑問が残る。


276: 235 ◆y8nqsuahwg 2008/07/19(土) 10:17:49 ID:th3PWNho0
落合博満が体験したこの流れって偶然ですかね?

偶然にしては話が出来すぎてるな、と、ちょっと思わないですか?
間違った道に進もうとしている若者を、見えざる神の手が邪魔をしているのではないか
とすら思えてくる。こんな話もなんだが、誰でも多少はスピード違反で街を転がしてる。
だから「なぜスピード違反をしたか?」は余りインパクトのない疑問だ。

でも、白バイに捕まると「今日は運が悪いな」と思うだろう。つまり、スピード違反で
捕まる確率はオレらの経験上、まあまあ低い。次に、「その罰金を払ってしまうと
受験料が無くなってプロボウラーの試験が受けられなくなるほどに金がない」

これは確率としては相当に低い。言葉で言えば「よりによって」というところだ。
なんだか「野球の天才をプロボウラーになんかしてたまるか!」と周囲の人間が
全力で妨害しているようにすら思えてくる。

このスレ風に言い方を変えると、
「プロボウラー落合博満という未来(可能性)を誰かが全力で潰した」んじゃないのか?
同じような経験が皆さんにもないだろうか。「なんでオレの未来を妨害するんだコイツら」
「よりによってなんでこんな目に」みたいな経験。

でも、もし妨害されなければ落合博満は天才バッターではなく、しがないプロボウラー
としての人生を生きていたかもしれない。未来は不確定だから、可能性はあった。
でも、どういうわけか、周囲に全力で妨害された。いや、逆かもしれない。
落合は全力で周囲に妨害して欲しかった?そして周囲が協力した?

でも、そんなうまいこと偶然が運ぶだろうか?


277: 235 ◆y8nqsuahwg 2008/07/19(土) 10:19:01 ID:th3PWNho0
塚本が言っていた「選択」の話に戻ろう。

塚本は未来が不確定であることを教えてくれた。現在の行動によって未来はどのようにも
変わると言っていた。ただし、現在には因果律があるから可能性は無限ではない。そして、
もうひとつ、現在に影響を与える要素がある。それが「宿命」だ。

各個人には全人生を賭して果たさなければならない目的がある。しかし、この目的は別に
生まれた時から決まっているわけではない。あなたがやらないなら別の誰かがやる。
そういう柔軟性はある。だがそれは、いずれにしても「誰かがやらねばならない」

各個人にはいろんな才能があり、能力があり、場所や資産や時間など様々な条件があるが、
人類がこの空間で歴史を刻む上で必ず果たさねばならない役割を消化するために、
無意識的に各個人同士が最適な人材を推薦しあっている。それはもちろん自薦の場合も
ある。ただし、人類に強い影響を与える人物は替えが効かないために、どんなにワガママに
暴れても「宿命」によって本来の時空に引き戻される。

ぞっとするような話をすれば、空間を共有している全人類がその「宿命」を達成させる
ために、無意識的に協力し合い、もしその人物が誤った道に進もうとしているのであれば
一致協力してその行動を妨害し、本来の進むべき道に連れ戻している。

この話は俄かには受け入れがたいと思う。

まず全人類が無意識ではつながってるって?そんなわけないじゃないか。気味が悪い。
100歩譲ってそれを認めるとして、無意識に協力して特定の個人を「誘導」してる?
ありえないじゃないか。なんの意味がある。一銭の得にもならないのに。

しかし、塚本はこれが人間の真実だと言った


278: 235 ◆y8nqsuahwg 2008/07/19(土) 10:21:30 ID:th3PWNho0
あなたが昼休みにお腹が空いて、ある食堂に入ったとする。
とりあえずメニューは無限ではない。その中であなたはラーメンが食べたい。
「おばちゃん、ラーメンひとつ」でも返答はこうだ。「ごめんねえ、今カレーしかないの」

ラーメンを諦めて「じゃカレーでもいいや」とするか。「オレは絶対にラーメンを食べる」と
その店を出るか。そんなことはあなたの自由だ。だが塚本は前者を「選択」する人が大半だと
言っていた。ただ問題になるのは、この場合、

あなたはいったい”どこまで”自分で「選択」したと言えるのか?
ということだ。どこまで自分の意志が働いているのか?

こんな思考実験はどうだろう。その食堂を選んだのは本当に自分なのだろうか?
どうでもいいことには乱暴になるのが現代人の悪い癖だ。くだらないことでも考えよう。
まず昼休みの時間を利用して行ける範囲にある、自分好みの飲食店は無限ではない。
候補は数店ってところだ。この時点から他者の「誘導」が始まっているかもしれない。

食堂に入る。ランチメニューはせいぜい10数点ってところだ。これも「誘導」?まさか?
いつものラーメンが品切れ?偶然にしては珍しいな。面倒だカレーでいいよ。この流れ。
本当にあなたが「選択」してるのか?誰かに「誘導」されてるんじゃないか?

あなたが会社を出てカレーを食べるまで、自分が「選択」したわけではなく、全部
誰かに「誘導」されているとしたらどう思いますか?クイズミリオネアの50/50のように、
本来ならたくさんあった選択肢を誰かが意図的に潰しているとしたら?

オレらの意志は自分が思っているよりも、自由なのか、自由じゃないのか。
とりあえず自分の実生活の体験を当てはめて考えてみて下さい。


279: 235 ◆y8nqsuahwg 2008/07/19(土) 10:23:27 ID:th3PWNho0
この話題についてはまた別途するとして、枕として、まず偶然と必然について考えたい。

未来人の「偶然」の定義はこうだ。
■無知蒙昧であるが故に、自分の未来について無責任で、すべてをなすがままに任せる
 怠惰な人が、予測していない事態に出会ったときに吐き捨てるように言う言葉。

そして、未来人の「必然」の定義はこうだ。
■事前に未来がそうなるように意図し、計画し、実現に向けて準備して行動した結果。

ゆえに未来において真に賢い人とは、自分の未来を「必然」に出来る人のことだ。
未来に実現することは「必然」なのだから現在に不安が少ない。例えば、天災に遭った時
事前に準備している人とそうでない人は生死を分ける。地震が起きるだろうと予測して
準備しておけば生き延びる確率は高まる。全人類が滅亡する天災など起こったことはない。
怠けて準備しなかった人から順に不運を嘆きながら滅んだ。

つまり現在の行動によって未来を緻密に組み立てることは本来的には可能だ。だが、
現代人は残念ながらこの精神領域には達していない。未来を予測できないと思い込んでる。
能力が既に与えられているにもかかわらず、だ。

デジャブを誰しも経験したことがあると思う。「あ、この場面、なんか見たことがある」
という既視感だ。肉体は空間に束縛されるが、意識は比較的自由だと塚本は言った。
意識は夢や幽体離脱によって時空を移動できる。

時空は過去現在未来が一箇所にある。つまり現代人でも過去、未来も意識で意識的に
見ることは可能だ。過去を見る行為がわかりやすい。誰でもできる。「思い出せばいい」
過去は確定しているから1つしかない。これをほじくるのは簡単だ。でも未来を見る行為は?
やはり「思い出せばいい」いろんな未来があるから面倒なだけだ。

過去の経験を生かして現在の行動を改善するように、未来を事前に見て、これから何が
起きるのかを知って準備していれば不安は少ない。さらにその先にいって、事前に未来が
そうなるように現在を組み立てるのが未来人の思考だ。


280: 235 ◆y8nqsuahwg 2008/07/19(土) 10:24:56 ID:th3PWNho0
逆に言えば、未来について何も考えず、現在を自分の意志で生きず、どこまでも偶然に
頼っているのであれば心に不安が満ちるだろう。不安なのは未来に対して準備をしていない
からであり、これから偶然なにが起きるのかはわからないからだ。

偶然?

現代人が使う言葉は真実を隠すのに便利な道具になってしまっている。
それは偶然じゃない。自分が怠惰で未来の予測とそれへの対処を怠ったから、すっかり
闇に隠れていた「必然」じゃないか?交差点の角から飛び出してくる自動車に驚いたって?

他の人は事前にちゃんとカーブミラーでそれを見ていた。あなただけじゃないか?
「事前に見てなかったのは」せっかく未来を見せたのに、なぜそれを有効に使わない?
次に何が起きるのか、事前に知っていれば偶然なんてものは無くなる。

デジャブとは夢やなんらかの形で意識が見た「未来の映像と記憶」が肉体が体感する現実と
一致する瞬間のことだ。記憶に現在が追いつくという体験、それがデジャブだ。デジャブ
経験の多い人は時空を旅する能力に恵まれているし、そうでない人も訓練次第で時空を
自在に移動することが可能になる。このスレでジュセリーノのことを知ったが、真偽は
どうあれ、彼はデジャブ能力の高い人なのだろう。

人間には自分の未来を見る能力がある。そして、あとはそれを実現するために、もしくは
実現しないために、現在で行動するだけだ。事前に未来がそうなるように意図し、計画し、
実現に向けて準備した結果、人間の未来は「必然」となって実現していく。真に人間的な
「存在」とはこうした主体性が有るか無いかにかかっている。

うーん長いな。塚本メモはまだまだある。一旦やめます。また今度。ではでは。




366: 235 ◆y8nqsuahwg 2008/07/21(月) 09:25:58 ID:jMUFVtXY0
行動を入力すると、それに対する反応を予測してくれる機械持ってんだけど。
写真うpしようか?塚本にもらった。if-Box(イフボックス)ってロゴついてる。
もう先週からオマエラのレスがバンバン当たりまくり。可能性ごとに%でいくつか
候補が出て来るんだが、オマエラって単純だから必ず1位のヤツなのなw



419: 235 ◆y8nqsuahwg 2008/07/22(火) 19:12:00 ID:dgOOkiGZ0
さて、ここからはしばらく自分語りになる。日記に近い。
読みたくないなら読まないほうがいい。

実は重大な告白をしなければならない。オレは塚本と出会ったとき、記念にある
装置をもらった。まあ塚本としては、おごってもらったお礼みたいな感じだった。
if-Boxという「未来を予測する装置」だ。いや、「未来を予測」というのは実に
現代人的発想だ。正確には「現時点で選択できる未来(if)を提示する機械」だ。
未来での価値だが「暇つぶし用のオモチャ」と塚本は言っていた。

まあそんな定義はどうでもいい。求められれば機器の写真はUPする。
その際にはUPロダを指定してくれ。グロを貼り付けるとかそういうことはしない。

塚本と別れた後、さっそくオレは使ってみた。まず行動を入力するのだが、これは
別に文字で入れる必要はない。普通に生活していればリアルタイムで入力される。
先に電源をオンにする必要はあるが。

そして予測が必要だと思えば、空中映像で「現時点で選択できる未来」の候補が、
その時の状況によって3~10くらい言葉と動画で可能性の高い順にリストアップされる。
言葉で概要と、動画はサムネイルみたいなのが動いているものだ。

どれかを選択するとその詳細が見られる。どの程度未来か指定できるが、それぞれ場合に
よって違っていてオレが検証した範囲では12時間後~18日後まで。DVDを再生する
ように12時間後から約30分間の未来の映像を見るような感じになる。余り近い未来も
わからないし、遠い未来はなおさらわからないようだ。たぶん作為が入り込むのと要素が
増えすぎるからだろう。

ともかくオレはこの装置を使って、未来を事前に見てそれが実現するデジャブは本当か。
検証することにした。


420: 235 ◆y8nqsuahwg 2008/07/22(火) 19:13:25 ID:dgOOkiGZ0
まず、オレが通勤する際には駅まで自転車で1キロくらいを走る。その間に
信号の無い交差点がいくつかある。オレが住んでいるのは閑静な住宅街で、駅に
近づくほどに交通量は増えていくが、基本的に田舎なので交通量は比較的少ない。

実は以前からとても気になっていたことがあった。住宅街で交通量が少ないのに
交差点に差し掛かるたびに誰かが現れることが多い。それは自動車、自転車、歩行者。
犬、猫、いろいろある。通勤時間帯という補正はあるが、どうも多いなと。

自転車通勤の人はわかると思うが、自転車は一旦停止したり減速したりが頻繁だと
疲れる。だから当初オレは「交差点で誰かと出くわすと減速しなければならず、
嫌なことなので記憶に鮮明に残っているから、交差点に差し掛かるたびに誰かが
現れることが多いと思い込んでいる」と思っていた。

本当にそうなのか?つまり偶然とは「偶然」なのだろうか?

徹底的に調べてみた。具体的には駅までの道程で信号の無い交差点をマップする。
該当の交差点は15箇所。細い道に入り込むような交差点もあれば、バスが通るような
道路もある。そして交差点で誰かと出くわすたびにカウントする。

まあ、とりあえず、アホになりきって1ヶ月間、行きと帰りを徹底的をカウントした。


421: 235 ◆y8nqsuahwg 2008/07/22(火) 19:14:42 ID:dgOOkiGZ0
その結果、交差点で他人と出くわす確率はなんと77.69%。ほぼ8割、交差点に
差し掛かると誰かが出現する。直線道路で誰かとすれ違う確率よりも、交差点で
誰かとすれ違う確率のほうが圧倒的に高い。他人は交差点で誰かと出会いたいと
願ってるとしか思えない。それは交差点で出会うと相手の存在をスルーできない
からじゃないだろうか?要するに今の時代は淋しい人が多いんじゃないか?
それか逆にオレが他人をスルーし過ぎているのかもしれない。

これは例えばif-Boxの予測にわざと反して10分早く家を出ても、遅く家を出ても同じ。
10分ずらしたのに事前に予測した人物とその交差点で出会う。0%にしてやろう、
つまり全部の交差点で出会わないように速度調整したこともある。if-Boxの発生予測
時間をメモし、全部ずらした。具体的には交差点に入る前にわざと時間をつぶしたり、
逆に速くしたりした。これは2日くらいはうまくいった。

面白いのは最初のうちは「交差点ですれ違えなかった人」が直線道路ですれ違って
「あれ?」みたいな顔でオレを見ていたこと。2日くらいはうまくいったが、向うも
だんだんと調整してきて結局は発生時間がずれるだけになってしまった。結局、人間は
「出会いを避けようとしても避けられない」のだということに気付いた。

中には「他人と衝突したくてしょうがない人」がいることもわかった。
当り屋というのか、頭がおかしいのか、わざと交差点の直前で停止して
オレが通りかかる頃を狙って飛び出してくる連中だ。老人、女、子供が多い。

こんなことをしているうちに、装置を使わずとも次の交差点でどの方向からどのように
人が出てくるのか、だいたい当るようになってしまった。個人的感覚では90%くらい
当っている。それも、「中年女性」とか「メガネの人」など、出現する人物の特徴までも
事前にイメージできるようになってきた。デジャブ経験のある人は是非同じように
訓練してみてほしい。1ヶ月から3ヶ月でオレと同じような体験ができる。
大事なことは意識してイメージすることだ。


422: 235 ◆y8nqsuahwg 2008/07/22(火) 19:16:53 ID:dgOOkiGZ0
ここまで読んでさすがに(こいつ頭おかしい)と思うのなら、もう読まないほうがいい。
オレも常人に理解できることを自分が書いているとは思っていない。ただひとつ
間違いないことは、オレは普通じゃない体験をしているということだ。

ともかく、こうなると、現実生活のすべてに応用が利いてくる。仕事をしていても
「何分後に電話がある」とふと思い、実際に電話が鳴ったりする。今では誰がかけてきて、
どんな内容かも予測がついてしまう。その後の展開も全部読めるのだ。

事前に回答のための資料を用意し、即答したため「早いですね」と驚かれたこともある。
どこで誰と出会うかも予測が当る。嫌な話、面倒な話が自分に振られるのも、かなり
前の段階からわかるようになってしまった。当然、事前に手を打ってあるのでトラブルに
まきこまれることが目に見えて減った。

自分が何か行動を起こした後(おそらくこう言ってくるな)という予測も即座に立つ。
実際にそのとおりの反応がある。未来を予測しているのか、意識が先行しているのか。
ともかく仕事という意味ではめちゃくちゃ効率がよくなり、オレ自身の評価も高まった。

バンバン仕事が片付いていくのはオレ自身は楽しくて仕方がないが、気が付くと周囲の
人の顔つきがおかしくなっていた。なにかイライラした、怖い顔をしているのだ。
そしてこんな生活をしているうちに、いつからか周囲の反応がループするようになった。


423: 235 ◆y8nqsuahwg 2008/07/22(火) 19:18:12 ID:dgOOkiGZ0
具体的には「まったく同じ質問を何度もされる」「解決済みのことを未解決とされる」
「システムがバグを起こす」「割り込みをされる」「担当外の仕事をやらされる」
つまり、先行しすぎるオレの行動を周囲が理不尽な方法で妨害するようになった。

そしてその場で必然性のない、ヒステリックな態度をとる人が異常に増えた。
露骨に精神異常者扱いされたこともある。その割にはオレを避けるわけでもなく、
逆に暇なチンピラみたいに執拗にからんでくる。オレが気になって気になって
しょうがないという感じが伝わってくるのだ。

その人たちは、まるでノルマでもあるかのように、毎日決まって同じことをする。
毎日、同じことを言い、同じような反応をする。オレは相手がなにをするか事前に
知っているため、それに適切に対応するのだが、だんだんそれが無意味であることに
気が付いた。オレの能力ではどうにもならない領域を思い知った。

その人たちは目の前にオレが書いた説明文があっても絶対に読まず、オレに何度も
回答を求めてくる。どうでもいいことに執拗にイチャモンをつけたり、ソイツが決めた
ことなのにまるでオレが決めたことのようにオレを責めたり、矢継ぎ早に意味の無い
質問をしてきたり、if-Boxで見ると至急でもないことを大至急と言ってきたり。

とにかく、何かのルーチンプログラムのように、頭が狂ったかのように執拗にオレが
ウザイと思うことを毎日するようになった。要は嫌がらせだ。ソイツの求める結果を
ちゃんと提示しても完全に駄々っ子、まったく納得してくれない。

簡単に解決するのが気に入らないらしく、無駄にハードルを上げるのだ。見過ごしても
いいような些細なミスに執拗に拘り、まるで天地がひっくり返るかのような文句を言う。
なんとなくだが、昨今のマスコミや2ちゃんねるの反応を思い出した。


424: 235 ◆y8nqsuahwg 2008/07/22(火) 19:19:48 ID:dgOOkiGZ0
つまりこの人たちは、自分の時空で持っている未来の、一連の小芝居が成立しないと、
先の時間=未来に進めないようなのだ。結果的には合っていても、そこへ到達する
一連の小芝居を経験してないことが、どうも時空の消化不良を起こすらしい。

例えば、駅から自宅まで送ってくれと言われたとする。そこでタクシーで自宅まで
送り届けたら、自宅に着くなり「バスで送ってほしかったのに」と言い出す。
結果としては同じことをしてあげてるのに、相手がその方法と過程に対して不満で、
実に理不尽な理由で文句をつけ、オレに最初から「やり直し」をさせるのである。

言い換えるなら、オレはよくても「相手の気が済まない」ようだ。人間は結果が欲しい
のではなく、むしろ過程が欲しいのがよくわかった。相手の欲しがる過程を与えないと、
ストーカー並みにしつこくなることもわかった。

例えば相手の未来のイメージの中に「ミスして謝罪しているオレ」というのがあると、
オレが謝罪するまでとことん責める。例えそれが自分が原因のミスであっても関係ない。
傍から見たら明らかに無茶なクレームでも、なりふりかまわずだ。人間というのは
実にくだらん生き物だと思った。理性じゃなくどこまでも感情の動物なのだ。
「謝罪しているオレ」を完結させてあげないと、ヒステリーな動物に堕ちる。

それに先手先手を打つと最初は驚かれ、感心されるが、次第に反感を買うというのも
よくわかった。「余りに先手を打つのも問題」ということだ。先手を打って事前に
問題を解決すると、オレはいいとしても、相手の時空を歪めるようだ。それにオレの
行動をしきりに妨害するバカも急増した。おそらく結果的にオレ自身の時空も歪めて
しまっているのだろう。そういう場合、他人はなりふりかまわず、胸倉をつかんででも
オレの時空のスピードを止めようとしてくる。


425: 235 ◆y8nqsuahwg 2008/07/22(火) 19:21:19 ID:dgOOkiGZ0
例えば、駅を歩いていても完全に流れを無視してオレの直前を横切るバカが急に増えた。
if-Boxを使ってどのタイミングで横切るのかをチェックし、事前に避けるようにしたが
今度はかなり前のほうを横切って通過したと思った人が急に振り向いて戻ってきて、
「やり直すように」オレの直前をニヤニヤしながら横切ったりした。なんだこの人たちは。
芝居でもしているのか?あまりの作為感に怖くなった。この場にいる全員がグルか?

オレの未来だけを変えてもダメで、オレと関連する他人の未来も満足させないといけない。
それはわかっているが、ここまで作為的にやられるとさすがにキモい。周囲の人間全員が
つるんでいて、オレの行動を制御しようとしている、それは経験したことのない恐怖だ。
エネミーオブアメリカ、いやトゥルーマンショーの世界だ。

一時期、自分をとりまく「現実」がウソっぽく見えて、全員がエキストラにさえ思えた。
実際、この人たち全員がオレに特定の行動をさせるための芝居をしていると言うのなら、
それはその通りなのだろう。誰か一人でも台本以外の行動=アドリブをするのなら、
監督が「カット!もう一度」とダメ出しをする。そんなイメージだ。

いろいろと悩んだ末、結局、オレは相手に「つきあってあげることにした」
オレにぶつかりそうになってくる人には、オレはそれを事前に知っているが、まるで
予測していなかったように進み「うわっすいません!」と言ってあげる。そうすると
その人は満足したように去って、二度と現れない。これがどんなにホッとすることか、
多分オレにしかわからない。

仕事でも先手を打つのはやめ、周囲と同じように「突然の問題」に困ったふりをする
ようにした。すると、今まであれだけギクシャクしていた日常が、ウソのように
スムーズに流れるようになった。そして周囲の顔つきも柔和になってきた。

おおまかに言えば、相手の時空にちゃんと向き合って、つきあってあげること。
おそらくこれが塚本の言う「時空のスピードを下げる」ということなのだろう。


426: 235 ◆y8nqsuahwg 2008/07/22(火) 19:21:58 ID:dgOOkiGZ0
未来の便利な機械を手に入れたオレが言える結論は、
「人間は自分一人で生きているわけではない」という言い古された言葉に尽きる。

織田信長が鉄砲を手に入れたのは偶然?
いや必然だ。鉄砲を発明した人、それを運んだ人、それを信長に紹介した人・・・。

無数の人が自分の役割を果たして歴史を形作っている。この一連の流れすべてを
偶然で片付けるのは無理がありすぎる。この緻密な構造、その歯車のひとつである
オレがワガママに回転数を上げても周囲との摩擦が増えるだけなのだ。

現実に生きているオレは想像以上に周囲の人間によりかかっている。
同様に周囲の人間も想像以上にオレによりかかって生きている。それから
逃げることは決して出来ない。逃げても逃げても追ってくる。いや追っているのは
オレかもしれない。そもそも逃げてもいないし追ってもいないのかも。

未来人にとってif-Boxがオモチャにすぎないのも今ならわかる気がする。
未来を予測したところで根本的にはナンセンスなのだ。未来人は自分の未来を
事前に見て、それがどんな結果であれ娯楽としているのかもしれない。

塚本が「20XX年から来たというのはナンセンス」と言っていた意味もわかる。
塚本の時空とオレの時空は現時点では関係がないからだ。現在のオレがそれを
知ったところでオレの人生がどう変わるというわけでもない。

ただ毎日を怠けずに、監督が納得するような良い芝居をコツコツとこなしていく、
それが人間に課せられたカルマなのだが、大半の現代人は未だ、自分の人生が
芝居にすぎないことに気付いていない。

だが、意識を進化させれば誰でもこの監督の立場になりうることに気が付いた。
次回はこのことについてお話します。



479: 235 ◆y8nqsuahwg 2008/07/23(水) 21:04:02 ID:CtJnpwo50
そういえば交差点の話だが、書き込んだ後にこんなことも考えた。
ひょっとしたら人間は、もっと実用的な意味で、事故を防ぐ目的で交差点で
誰かと遭遇するように無意識に時間を調整して動いているのでは?

交通事故が起きやすいポイントは交差点だ。つまり人間は交差点で誰かが見えない角から
出てくる可能性が高い、と常に「心構え」をしていなければならない。だが、毎日いつも、
交差点で誰とも出会わないとさすがに油断する。めったにないことには警戒を怠るのが、
人間の弱さというものだ。そこで人間は無意識下で全員そろって考えた。

「いつも交差点でなるべく出会うように調整すればいいんじゃね?安全な範囲で」

つまり、毎日いつも交差点で誰かと出くわしていると、交差点に差し掛かるたびに
(誰か来る)と自然に警戒するようになる。減速する。自然にブレーキに手が伸びる。

この警戒の「心構え」によって無駄な事故が減る。すなわち、「いちいち交差点で
出くわすバカども、激しくウゼエ」と全員に思わせることこそ「管理者」の目的では
ないだろうか?これは安全上「ウゼエ」レベルまでしつこくやらないとダメだろう。
だからこそ77.69%などという不自然な高率になるのだ。

良く受け取れば、人間同士が協力して事故を減らしている、その手段のひとつとして、
「交差点ウゼエ」キャンペーンを推進しているのではないだろうか?


480: 235 ◆y8nqsuahwg 2008/07/23(水) 21:05:04 ID:CtJnpwo50
レスの中の時空ストレスという表現は言い得て妙だと思った。
まさにオレが周囲の人間が期待するオレを演じていないために、時空にストレスが
溜まっていて、なんだか妙に重い空気」になっているのは事実のように思える。

なんと表現すればいいのか、疑心暗鬼な空気、不安定な空間、なにか突発的事件が
今にも起きそうな緊張感。少なくとも安心して明るく前向きに仕事ができる状況ではない。
ピリピリしている、というのが適切な表現だ。

だからといって周囲が期待するオレ像がわからんのが悩みだ。
なんとなくだが、本来はもっとダメッ子なんだろうとは感じているが。

まず言えるのが、周囲の人間の底意地の悪さだ。まったくミスが無く慌てない人間は、
他人にとってどうにも気味が悪いらしい。まあ想像はできる。完璧に仕事をこなし、
異常に処理速度が速く有能な人間が間近にいたら、まるで自分がアホのように思える。

嫉妬というか、そういう人間が許せない、そんなはずはないと思うのも仕方ない。
同時に完璧な人間に合わせようとして、無意識に緊張感を高めるのかもしれない。
でも追いつけないのでイライラし、ヒステリックになる、余裕が無くなるということか。

そこで周囲がなにをするかといえば揚げ足取りだ。オレが失敗すると実に嬉しそう。
明らかにニヤニヤしている。(やっぱり同じ人間だ)的な安心をしているのかもしれない。
だから今ではあえてミスをして安心させることにしている。

人間は実につまらん生き物だ。会社に来て金を稼ぐという目的以前に、自他の評価が
どうであるかに異常にこだわっている。この「割り切れなさ」が日本人の特徴だろう。
目的に関係が無ければ無視する、ということができない。常に他人に意識を向けている。
でもこれが日本人的優しさにもなるのだろう。


481: 235 ◆y8nqsuahwg 2008/07/23(水) 21:08:06 ID:CtJnpwo50
オレが逆に質問したいのは、ウソ全開のカス話ならここまで抵抗など無い
はずなのに、なぜここまで執着されるのか?そんなに気になるような話か?これ。
真贋のまな板に載せないと気がすまない話ですかね?

ファミレスのクソ会話にいちいち「もうやめろ」と書き込まなくてもいいだろうと。
読まないでとまで言い、信じる信じないはあなた次第だと言ってるし強制もしてない。
オレはオカルト板でそれ相応の話をしているだけで、何も間違ったことはしていない。
いいじゃん別に。面白く読んでくれてる人もいるし。やたらと長文なのはごめんなさい。

そうそう。繰り返しますが、未来を見ることは誰にでも可能です。
昨日の晩飯なにを食べたかを思い出す感覚で明日の晩飯を思い出せばいいのです。
ただし集中できる環境が必要かも。風呂とかトイレがいいかもね。

やったことがないだけで、コツをつかめばなんてことのない作業です。
自転車に乗るのと同じです。うまくいかないのは最初だけです。はずれても
気にしない。当るようになるまで意識して訓練すれば必ず出来ます。

その応用でこれから何が起きるかが事前にわかるようになります。
競馬はわからんけど株は当たったよ。当たったつーのか、儲けた。


483: 235 ◆y8nqsuahwg 2008/07/23(水) 21:19:05 ID:CtJnpwo50
簡単だよー。

昨日の夜9時頃なにしてた?→ 思い出すよね。
明日の夜9時頃なにしてる?→ 思い出す。

まったく同じ。思い出せないと思い込んでるだけ。



505: 235 ◆y8nqsuahwg 2008/07/24(木) 06:17:49 ID:b70HRzIH0
オマエラは本当に頑迷で進化できないクズだ。

これだけ時空が歪まない範囲でヒント与えて、それでもなおオレを否定する。
応用がきかなすぎる。賢いやつならオレの書き込みからいくらでも自分に
有利な行動をしているだろうが、まだ偽者本物アホクズずーっと同じことを
ループしてる。未来に進めてない。一生やってろ。




PR

Comment

無題

  • NONAME
  • 2015-10-16 07:31
  • edit
いい記事だった。
今までナントナク感じていた事が、スッキリ詳しく解明されていて感謝&納得。
敷衍してk国t国のダダコネも理解できるが、さりとて付き合うのもめんどい。
合わせてあげるのもいいが、さんざん今までやって来た事の繰り返し。
ここはひとつ、更に加速して衝突覚悟でいくべき時かな。
お名前
コメント
パスワード 

× CLOSE

ブログ内検索

COUNTER

このブログについて

管理人:fandz
メール:fandz.jds@gmail.com

最新コメント

[09/06 http://www.japanpcc.com]
[09/05 勾花网]
[09/04 盖土网]
[09/01 ブランド激安市場N級品激安販売]
[09/01 隔音屏障]
[05/19 T]
[03/02 NONAME]
[02/23 NONAME]
[01/30 ばb]
[12/21 あ]

× CLOSE

Copyright © La ringrazio : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]