忍者ブログ

La ringrazio

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2ch】妖怪退治の仕事してるけど、何か質問ある?その2の(3)

引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1378561396/
タイトル:妖怪退治の仕事してるけどなんか質問ある?その2






拍手


331: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/09/26(木) 23:32:28.49 ID:eukASd4w0
その呪いってのは誰がやったのかはわからないし、くわしい方法も少なくても俺は知らない
降頭術使いじゃないし

とりあえず、死んだ日本軍の死体を断龍杭のまわりにうめる、そんで何かしらの方法で
その死体が生きていると、日本軍の兵士魂とその三尸の虫に勘違いさせる

魂は体が死んでいないと勘違いするから、死体から完全に離れない
三尸の虫は、死体に入って、「あ、これやっぱ死体だ」と思って
はい出てきて、死んだ龍脈に寄生する。そして、龍脈に寄生した三尸の虫が増えすぎて、臨界値になると
また龍脈からはい出る。

でも、そこで、三尸の虫を食い止める陣みたいなのをしく


その結果三尸の虫はどうするかというと、日本軍さんたちの死体の中の魂は日本を思う気持ちというか
そういうのでいっぱいで、人の思いは、道を作る力がある。
三尸の虫はそのおもいで出来る道のみを頼りに、日本にやってきて、日本の新しい子供たちに寄生する

わかりにくかったらすまんが、多分大体こんな感じ。

そんで降頭術ってのは大体こんな感じで、だれかの体の一部とか、思い入れのすごいものとか
そういうのを利用して、三尸の虫で、人を潰す。

蠱とにているけど一番の違いはここかな?でも誰が術をしているかがばれると
被害者は、術をかけた人を怨むよね?その恨みによって、被害者と術者の間に思いの架け橋ができて
被害者が死んだら、術者も次に死ぬ。

だから降頭術のタブーは、自分がやったと決してばれてはいけない





334: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/09/26(木) 23:48:30.21 ID:eukASd4w0
そして、色々話がそれたけど。俺は目的がわかったし、祝死ならしかたないか
とおもって、後ろから引っ張られるのを無視して

ワン君についていくことにした。

祝死の儀式には、一時的に三尸の虫を鎮める方法があって
その鎮めている間に、昔の薩満たちはそれらを取り出していたわけなんだけど

いまだと、薩満の大体の文化は失われて、一部しか現存していない
その一部と他の左道の文化と結びあわせられ、生まれたのが金牌術だ。

ちなみに左道ってのは「道」をあまり考えず、ひたすら「術」を極めんとする人
に対する軽蔑用語かな。

薩満のそういう部分のものを応用して、現代では三尸の虫だらけの龍脈を安定させて
たりするんだ。

俺はその時、それについてのくわしいやりかたとかはしらなかったんだけど
その存在自体は知っていた。

ワン君が俺を必要とすると判断したんだから、彼にしたがうしかなかった





333: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2013/09/26(木) 23:44:57.18 ID:Qx6jDn2f0
んー、三尸が増えて、一般生活だとどう不都合なの?



335: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/09/26(木) 23:50:58.04 ID:eukASd4w0
>>333
特にないと思うよ。気にしなくていいと思う


341: 名も無き被検体774号+ 2013/09/27(金) 01:35:49.35 ID:VtBRFTmz0
道、法、術、器があったとして
方法、行くまでの術、そこにたどり着く器があるとすると一番大切なのは道(到達点)と仮定して
>>331「人の思いは、道を作る力がある。」
とすると、
帰結を何処に持っていけば・・・。
10人10色だと解釈自体が成り立たない訳で。

358: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/09/29(日) 01:05:45.61 ID:61M2BfSK0
>>341
そこの道はただ単純にかけ橋とかそういう意味だから

おやすみ



344: 名も無き被検体774号+ 2013/09/27(金) 03:59:43.97 ID:hoAV6wtY0
>>84
入道で思い出した。
外道って天狗がどうとかのあれは何なの?


363: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/09/29(日) 09:40:56.16 ID:LPykKGGZ0
>>344
文字通り道を踏みはずした人のことだと思う

何も考えずに、ただ術とか極めてたらああなるのかもね
ピノキオの話とかだとウソつくと鼻が伸びるじゃん
悪い例だけど、たぶん、悪いことをすると鼻が伸びるんじゃないかな?

続き

金牌術というのは具体的にどういうものかというと
「法」の範囲に属すもので、代々「金牌」というものを受け継いでいる

継承者というか、そういう人は、いろんな所を旅して
なるべく多くの友人をつくり、多くの妖怪とかそういうものと触れるようにする
その分業を背負う可能性があるんだけどね

そして、最終的になると、たとえば、妖怪にちょっかいだされたら
「ほら、この金牌がみえないか。俺は何々の弟子の弟子の弟子の…だ!
 友達たくさんいるんだぞ!俺をやったらやばいんだぞ!」

とか

困った時は「ほら、この金牌がみえないか。俺は何々の弟子の弟子の弟子の…だ!
 友達たくさんいるんだぞ!俺に恩を売るのは悪くないぞ!」

みたいに金牌が伝わった代とかが多ければ多いほど
虎の威を借りるキツネ的に、どんどんとそのコネ的な力を強める
すごいところだと、神さまでさえ命令できたりする





369: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/09/30(月) 11:50:03.01 ID:P2KUQ/wA0
続き
階段をおりきると、真っ暗な、少し開けた空間についた。
そして、さっきまでは全く気がつかなかったのだが
そこらあたりからものすごい腐った肉のようなにおいがしていた。

俺はまっくらだから、明かりつけなくていいのか?とワン君に聞いたけど
ワン君は付けないほうがいいといった。

そんで、ワン君は手術で取り出した内臓をもって、暗闇の中に進んでいった。
俺はその場に立ったままでいいと、指示をされた

真っ暗だったから、すぐにワン君の姿は見えないようになった
真っ暗の中一人ポツンと置いてかれたから、すこしこわかった


370: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/09/30(月) 12:19:49.10 ID:P2KUQ/wA0
しばらくすると、奥のほうでたんたんたん、とリズミカルに手を打つ声が聞こえてきた
そして、ワン君が大声で「ソンセンラァーー」云々と叫び始めた。

中国語くさかったから、意味はよくわからなかった。
こういうのってパクれるところはパクリたかったんだけど、中国語の知識はなかったから
少し残念だった。

しばらくその声を聞いていると、空間の奥のほうで足を引きづるような音が聞こえてきた
しかも、すごくゆっくりだけどなにやら、俺のいる方向にやってきているようだ。

すーっと寒気がしたんだけど、大丈夫だと自分に言い聞かせて
何か使えるものがないか、念のために考えた。

何も準備してなかったから、専用のものはなかったんだけど
ポケットにあらかじめ忍ばせておいたコンドームがあった。

俺は急いで両手に唾を吐きつけて、コンドームを取り出した。
そしてその中に髪の毛を一本だけ入れて、特に尿意はなかったんだけど
その中におしっこをした。

そんで、それの口を結んでおいた。すこし手におしっこがついて
嫌な感じだった













394: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2013/10/03(木) 19:36:11.18 ID:Ne+l5i/9O
俺子供の頃、犬と猫を虐めて死なせちゃった事があるんだけど、
何か影響受けたりすんのかな?
30年は経つけど、思い出す度に申し訳ない気持ちになるよ


398: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/10/03(木) 21:34:14.48 ID:jpUshI8a0
>>394
勘違いしてはいけないけど
たしかに業はやばいものだけど

多分それじゃあ、あんまりかわらないし、それに業を背負ったのに、それを払うというのが
すごく人間的な傲慢だと思う。

俺が習った業に対する正しい認識は

業は結局のところ生きていく上で必ず受けるものなんだ。
生きること自体が、世界に対してすごい借りを作っているみたいなもの。

じゃあ、どうすればいいかというと。
覚悟を持たないといけないんだ。

たとえばごはんをたべるとするじゃん。ごはんは生き物だから、他の生き物殺しているよね?
でも、たとえ他のいいものを殺してもいいから、自分は生きたい。
すごく申し訳ないけど生きたい。そういう気持ちが大切なんだと思う。

だから、どんなことをやるにしたった。自分はこれをやると業を背負うことになる
それでも、自分は本当にこのことがやりたいのか?と常に自問しないといけないんだ。

その業を背負う覚悟があってやっと、人は行動してもいいことになる。
じゃないと、ただ避けていくと、どんどん道をそれていくんだよ


399: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/10/03(木) 21:37:39.27 ID:jpUshI8a0
親父を殺した相手に復讐したい。
でも、復讐は何も生まないしよくないことだ。

でも、やりたい。どうしてもやりたい。自分が悪いとわかっていてもなおやりたい。

みたいな感じの覚悟を持って、行動しろって感じだね




467: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2013/10/11(金) 06:13:34.12 ID:3WIIdmdJ0
それこそ覚悟のない人はあんまりここ、見ないほうがいいよ

1の普通さ加減は1がやっていることがもっと文化に根付いていた頃を考えると物凄く自然なのだけど、今の世の理(だと大多数の人が思っていること)の外側のものだから
あまり知覚すると扉が開く

知らぬが仏とはよくいったものだよ

この板のこのスレそのものが術式、左道となってしまう
いつも読んでて1が意図してたら怖いなあと思うんだ

オツカレサマを思い出す





500: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2013/10/13(日) 14:28:13.80 ID:neD7uQcX0
今年って出雲と伊勢両方遷宮の年なんだよね。
何がというわけでもないけど、なんか凄い年な気がする。




PR

Comment

お名前
コメント
パスワード 

× CLOSE

ブログ内検索

COUNTER

このブログについて

管理人:fandz
メール:fandz.jds@gmail.com

最新コメント

[05/19 T]
[03/02 NONAME]
[02/23 NONAME]
[01/30 ばb]
[12/21 あ]
[12/01 あ]
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]

× CLOSE

Copyright © La ringrazio : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]