忍者ブログ

La ringrazio

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2ch】妖怪退治の仕事してるけど、何か質問ある?その3(1)

引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1386255281/
タイトル:妖怪退治の仕事してるけどなんか質問ある?その3


 

1: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/12/05(木) 23:54:41.07 ID:J6Vxv/Ul0
前スレ
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1378561396/

Q.妖怪なんかいないよ。これ作り話だろ?
A.多分いるかもしれない。話はまぁ、信じても信じなくても
 すこしは妖怪の世界について知ってほしいだけだから

Q.霊感あるの?どうやって退治してる?
A.霊感ないから、すごい呪文とか光とか出せない。
  どっちかというと今までの時代で生まれた対処療法みたいなのを
  理屈も分からずにつかっている

Q.1が来ないよ
A.そこだけは気長に待ってください><

Q.保守はどんくらいの頻度?
A.一日1~2回くらいでいいらしいです。

拍手


2: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2013/12/06(金) 00:04:52.52 ID:Vc+xg+H70
サパナチュ?
3: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2013/12/06(金) 00:09:43.01 ID:MTw4SAUa0
建ててくれてありがとう!
本当、他の話とは一線を画した面白さがあるよ!最高!

質問なんだけど、人間死んだらどうなるんかな?
考えたりできるんかな
>>1の話だと霊は精神的な作用が可能なんだよね。だったら交信とかできるんかな
できるなら殺された人の霊と交信して犯罪の解明とかできないのかな
あと、行方不明の子の捜査とか
5: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2013/12/06(金) 00:53:53.43 ID:cMmzMuT30
やっぱり>>1さんは文章がうまいな
よくできた小説とかみたいに引き込まれる
ちょうどこのタイミングでの復活だけどやはり旧の十月は忙しいのですか?
10: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/12/06(金) 12:37:29.33 ID:Sqyw+vFy0
>>2
あんな強いやつらと戦ったら死んじまうw
>>5
忙しいというか。精神的な疲れがたまるものが多いから
パソコン開く気になれない時が多い
プロ2ちゃんねらーじゃないからそこらへんわww

>>3
実際アメリカとかではあるんじゃなかったけ?
心霊捜査的なやつ
俺は死んだことないから死後の世界のことはわからないし
幽霊の電波受信できる霊能力者でもないから正直どうなのかは知らん。
11: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/12/06(金) 12:43:53.19 ID:Sqyw+vFy0
ただ、昔先生に同じようなことを聞いたことあって

そんときは、地獄に落ちたくないから、多分地獄はないって言ってた。

こういうのって、目に見えないから、他人にいくらなんと言われようと
結局のところ確認のしようがないし
実際どうのこうのより
自分が何を信じるかのほうが重要だろうね










19: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2013/12/06(金) 16:23:04.72 ID:3RlTtzlj0
>>1
ウチは、ずっと昔からなぜか一代置きに女性が46歳で死んでて
(姉妹の場合はどちらか片方だけ)
先々代からはとうとう毎回、になっちゃって次は私か妹の番みたいなんだけど
こういうのも何かの「因果」なのかなぁ…?
私たちの代に至ってはどう頑張っても子供も授からず、私らが死んだら断絶なんだが
もしこれが先祖に由来するものだと正直「なんでだよ」って気持ちもあるんだけど
1さんはご自分の祖父に対してそういう感情は持たないの?
48: zatudan 投稿日:2013/12/06(金) 21:55:03.33 ID:4du6aQEB0
私はオカルト方面の歴史に興味はあっても、用語には興味が無い
無くても何となくわかるところが大半なのと、
そこまで足を突っ込んでいない事、
まともにオカルト話をする人が回りにいないのも一つだが、
むしろ用語にされるとこんがらがってしまう馬鹿だというのが一番の要因だから。

ちなみに、もちろんそういう職業ではない。

少しネタバレをすると、↑の理由よりもっとヤバイ事もあるんだが、
それをこれから話そうと思う。
ちなみに、この話が出来るようになったのは割と最近だ。
49: zatudan 投稿日:2013/12/06(金) 22:07:19.85 ID:4du6aQEB0
私は属に言う「旧家」の産まれの分家という奴で、そこの一人っ子に当たる。
調べればわかるから詳しくは言わんが、尼子の家来の傍流とでも言うべきか、島根だか鳥取だかの出身だ。

本家の人等が信仰薄くなって手を切った向こうのお寺や墓の関係を将来的に任されてしまポジションである。
そんなわけで、なのかは知らんが
本来本家筋につくはずの大物をGETしてしまったのである。

色々と曰くつきのそれは家名というより血につくような奴で、
親や婆ちゃんや親類によって言うことは違うが、
「鬼」か「姫」か「祖先」か「背後霊」的なそれだ。
本来なら本家の女の長女ポジションに憑く筈なんだが、
向こうは現在男のみで、とか、そんな理由らしい。
52: zatudan 投稿日:2013/12/06(金) 22:17:23.41 ID:4du6aQEB0
ソレの効果ははっきりしていなかったが、親は「なんか食べる」と認識していた。
「なんか」とは、身近な人を纏めて背負える、とかなんとか。
なのだが、実はちょっと違うらしいことに最近気付いた。

あまり親類には言いたくないが、実は私、障りがあるらしいのだ。
これを此処に書く事でペナルティ食らうかもしれんが、
ぶっちゃけ気にしなくていい。そっちには行かないから。

でだ、障りというのについてだが
「弾く」というか「飛ばす」というか・・・

私が近くで好ましく思ったりした人の中に弱ってたり迷ってたりする人がいる場合、
その人を私は「吹き飛ばして」しまうらしいのだ。
つまりは私が諸悪の根源であり、ソレは私が弾きすぎないように周囲とのクッションになってくれているという。
なんてこったい。
53: zatudan 投稿日:2013/12/06(金) 22:21:34.67 ID:4du6aQEB0
まぁ。
寿命とか、才能とか、筋道とかを飛ばす事は殆ど無い。
むしろ人の迷いを飛ばす事が割りとあるもんで、そんなに害は無いように思っていた。
あと、この「弾く」、割と気付かれる。
感のいい人や動物なんかには真っ先にばれて嫌われる。
そしてそういう人には「触る」事が多いので私も関わらない。

ある日、こちらとは関係の無い母方の婆ちゃんが死んで、
そのペットであるシーズーを私は貰い受ける事になった。

子供の頃に一時期婆ちゃんに預けられていた事もあって、
懐かれていないだろうソイツがそれなりに好きだったから、引き取ったのだ。
54: zatudan 投稿日:2013/12/06(金) 22:26:15.55 ID:4du6aQEB0
すまんなシーズー、あの時は本当に止めておけばよかった。
婆ちゃんが昔から飼っていた事もあって、結構な年寄り犬。
正直言うと私が引き取るまではめっちゃ元気だったのだが

一週間で「弾いて」しまった。

実にすまなかったと思う。
正直に言ってずさんな対応過ぎたのだ。
天国の婆ちゃんに申し訳なく思っている。

水の取代え、餌の取代え、もろもろ空しく犬は旅立った。
父曰く「俺の膝にじゃれてどっかいく夢見たら死んでた」
らしい。
すまん、私枕に立たれた事無いからわかんない。

また別の時、懲りずに私はトカゲにはまっていた。
ヤモリとか、カナヘビとか、大好きな思春期到来である。

言わずもがなの事を言っておこう。

三日だった。

それなりにショックを受けた私は二度と動物を飼うまいと決意した。
植物は割と耐久力あるらしいのでガーデニングで我慢すると。

そして、
61: zatudan 投稿日:2013/12/06(金) 22:44:00.23 ID:4du6aQEB0
二年前、この筋である父方の祖母が癌になった。
急にというかなんというか、すい臓をやってしまったらしい。
彼女の年齢はぎりぎり80に行く直前で、
昔から「年取るくらいなら綺麗なまま死ぬ」と言っていた彼女の予言だと身内は騒いだ。
私もその中にいた。

医者に余命を宣告され
せめて歩ける内はという本人の希望で祖母と私は奈良や美術館に出歩いた。

そして、彼女がついに入院した、その一週間後である。
何度か見舞いに通ったその部屋に私と父は呼び出され、
これから投薬というその瞬間、容態が急変した。

私はその時、祖母に頼まれて彼女の手を握っていた。
63: zatudan 投稿日:2013/12/06(金) 22:48:39.37 ID:4du6aQEB0
暴れるでもなく、悶えとか苦しげとかも無いのに祖母の心音が急に下がっていく不安。 
徐々に冷たくなる手。 
父が先生を呼びに行くように私に言った。 
私はその間に祖母が死んでしまわないかと走って、連れて帰ってきた。 
父が言う 
「少し盛り返した、手を握っておきなさい」 
私は勿論、言われたとおりに握った。 
大好きだった祖母がこんなに早く旅立つのが嫌だった。 
人が死ぬ直前の手って冷蔵庫のトレイより冷たいんだ。 
私が冷え性で寒い時の手を下回る寒さに一瞬だけ私が逃げ腰になってしまった。 

その時の感覚は、大分あっけなかった。 
「生きて」と思う中に「寒い」って気持ちが混ざった瞬間、 
私と祖母の手の間に明らかな隔たりが出来たんだ。 
手は繋いだままだし何処にも行ってないはずなのに、祖母が一気に遠くなったのだから。 

ただ唯一これまでと違ったのは、その工程を感じ取ってしまった。 
そしてなぜ今まで感じなかったのかがわかってしまった。



62: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/12/06(金) 22:48:18.29 ID:CKRIS6Yp0
東南アジアに杭を打つ話だけど
実際は測量の為に打った杭で。確か、韓国人が竜脈を寸断する為に打ち込んだ
とかいって片端から引っこ抜いてる話とかあるし
もしかしたら、そこら辺と通じるものがあるかもね
現地の人からしたら日本のやることは全部悪いことだし、こういう風に考えられても仕方ないな

>>1
に質問なんだけど、お勧めの妖怪関連の本とかない?
実際に資料として使ったりする文献とか。


64: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/12/06(金) 22:49:04.24 ID:CKRIS6Yp0
あ、自演がばれた
65: zatudan 投稿日:2013/12/06(金) 22:50:01.09 ID:4du6aQEB0
>>62
え・・・
>>1 かえってきた?
66: zatudan 投稿日:2013/12/06(金) 22:52:02.64 ID:4du6aQEB0
>>64
なにしてるんですか恥ずかしいw(私が)
帰って来たならこの話は此処までってことで
67: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/12/06(金) 22:52:46.25 ID:CKRIS6Yp0
>>65
すまん。なんか話したし。
邪魔しちゃ悪いと思ってな。

とりあえず、自分で次の話すネタとかをまいておきたかった。
今日もあまり長時間いれないし、まぁ続けてくれ
70: zatudan 投稿日:2013/12/06(金) 22:57:46.38 ID:4du6aQEB0
>>67
了解。時間稼ぎ照れますわ・・・
71: zatudan 投稿日:2013/12/06(金) 22:59:55.80 ID:4du6aQEB0
つまりソレは、霊だの鬼だの言われてる奴は
「私」を隔離すると同時に、「私」が「弾く」時の感覚を隠してたらしい。
そして今回、私は祖母に使われたらしいこともなんとなくわかった。
彼女は前にソレを持ってた人で、私に移ったのは彼女の周りが飛ばし終えた後だったこと。
私は今後おそらく自分でソレを外せないこと。
彼女が希望通りアッサリ死にたいが為に、私を利用したこと。
どうも祖母は苦しくて辛い闘病生活がまっぴらだったらしい。
本人の予告通りだったわけだ。

その数分後に、祖母の脈拍は停止した。

何日か経って、葬式が終わり、
いつもは誰かが死ぬたびに夢枕を体験する父が何も言い出さないまま
私は少し、人から逃げ腰になりつつ生活していた。
正直言って冗談にならなかったし、何処まで?っていうラインがわからなかったもの
あんときは家族とも殆ど話さなかった。

で、ホラー体験は此処から。
79: zatudan 投稿日:2013/12/06(金) 23:15:55.89 ID:4du6aQEB0
なんか、普段丸まって寝てる私が珍しく仰向けになってたんだが 
掛け布団から出てた左手首に嫌な感触があるんだわ。 

寝起きとか吹っ飛んで一気に血の気が引いた。 
だって掴まれてる感じがするとかまさにホラー映画そのままな状況。 
秋なのに虫の声が一切しないし、晴れてるのに空真っ黒で月も隣の家の壁も見えない。 
半泣きになりながら今まで少しでも疑ってた怪談話に謝ったりした。 

金縛りじゃないらしく体は動くのが余計に怖かった。 
むしろ掴んでる奴がこっち向けって意図してるみたいで、 
暫く仰向けで耐えてたら向こうから覗き込んでくるんだもの。 

見た感想。ミイラがボロイ黄土系の着物着てる。
103: zatudan 投稿日:2013/12/06(金) 23:42:37.65 ID:4du6aQEB0

ゾンビとか骸骨じゃない。 
即身仏っぽいやつが真っ黒の景色の中で光ってないのによく見えた。 
婆ちゃんの回帰で唱えてた般若心経が脳裏を駆け巡った。 

手首に骨が浮き出た木みたいな感触がずっとあって、 
ミイラずっとこっち見てて、私はなにか悪いことしたかを考えまくった。 
声上げたいのに、動いたらやばいって気がした。 

恐る恐る首だけそっぽ向いて、 
般若心経暗記してなかったから真言脳内で唱えまくった。 
何十分か、何時間か、寝れないまま耐えて、 
どうしたらいいかわからなくなった辺りで、枕もとの携帯が鳴った。 

ちなみにその時私が寝たのは三時。 
つまり、一旦起こされたとしても日が昇ってるはずの時間だったってのは 

後で気付いた。 
電話は本家が縁を切った代々世話になってる寺からの呼び出し。 
婆ちゃん、外したあと付け直さなかったらしく、寺に一度ソレが戻って来 

てたらしい。 
一人で向こう行って、話を聞かされて、詳しいこと話して、 
「守護霊かと思ってました」 
って笑う寺の人と、 
こっち睨んでくるまったく見たこと無い他の寺の坊主らしい人から、 
よくわからない呪文攻撃食らって、家に帰った。 

でも、寺の人には言ってないことが一つ。 
実は一度把握したせいか、それなりに漏らす事が出来るように… 

あと「ソレ」ってさ。 
大きな鳥と野生の猫は全然怯えたりしないんだよね。 
まぁつまり。>>1が言ってたアレらしい。 
ですよねー、守護ちゃいますよねー、縛ってますもんねー。 

これ「蛇」やねん。 
ってわけで>>1 使う?と聞きたかった。終わり。

75: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/12/06(金) 23:03:03.65 ID:CKRIS6Yp0
romりたかったけど、ばれたら仕方ない




>>7
キツネはまぁ、wikiにもあるように基本的に白いのが神さまの使いで
黒いのがわるいやつなんだけど
九尾って白いイメージあるじゃん。もちろん化けてたとかも言えるけど
でも、最初に九尾の伝説って、中国の殷の国を滅ぼしたとあるんだけど
このときもその国の王様が神さまの怒りを買って
九尾は神さまの使いとして派遣されて、国をめちゃめちゃにしたんだよ

だから、九尾だけを責めるのもなんかなぁーって

>>14
朝は食パンにイチゴジャムと豆乳
昼は大抵どっかの店で
夜は野菜ジュースとお米と何か炒め物
77: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/12/06(金) 23:08:37.48 ID:CKRIS6Yp0
>>72
語り忘れたこととかいちいち引っ張り出すのはずかしいし
たまにはする。

個人系についてだけど、思い当たる節があるにしろ、ないにしろ
状況もわからず適当になんか言うのは無責任だし。


金出せよおらぁってなる。
最近割と経済的にピンチ

>>27
医者がだめなら、ダメもとになんか頼ってみるのもいいと思うよ。
ただ、俺や先生みたいに、本当の意味でかたずけるかどうかはわからないし
詐欺にあうかもしれないから、お金とかは大切にね


88: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/12/06(金) 23:24:41.48 ID:CKRIS6Yp0
>>15
でもまぁ、絶対音感とかそういう風に普通の人はもってないするどい感覚が
ある人っているじゃん。

もちろん、疾患がある可能性もあるけどね。

昔先生にきかれたことなんだけど
人間でもっとく強い欲求ってなんだと思う?
食欲睡眠欲生存欲とか色々あるけど、大抵は理性で抑えることだ出来る
食欲とかは、断食して死ぬ人もいるし、睡眠欲も、死ぬまでに寝ないことができるひとがいる
生存欲ですら、最終的には自殺する人も出てくる。

性欲はオナ禁出来る人もいるんだから、これも何とかなる。

なら最終的に何が最大の欲求かというと知識欲だよ。

何かについて考えることだけは絶対に抑えられない。
抑えようと思えば思うほど、脳にこびりつく。

それはもちろんプライバシーとかもあるけど、人間ってのは闇が怖いんだよ
今だと特に理由がないのかもしれない。
それでも、怖いという感情は抑えることなんかできない。
頭の中ではぐるぐると闇の中に何がいるのか、と考えてしまう。

俺が言うのもあれだけど
もしかしたら、妖怪とか幽霊とかはこういう形のない恐怖に無理やり形を与えて
無理やり知ることによって、自分たちの中のこういう恐怖について考える欲求を
抑えたんじゃないかな?

90: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2013/12/06(金) 23:26:31.77 ID:YxHUoMpT0
怖すぎて寝られなくなった....
三尸が一匹多いことと自殺率の高さにはなにか関係が?
91: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/12/06(金) 23:26:49.26 ID:CKRIS6Yp0
>>88

抑えようと思えば思うほど、脳にこびりつく。

の後ろに

昔の人たちは、分からないことだらけで、そのわからないことに恐怖した
夜、われわれ現代人でもカーテンを閉めるんだけど

てつく。間違って消しちまった。
95: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/12/06(金) 23:29:47.40 ID:CKRIS6Yp0
>>88
続き

だから、人より少し物音に敏感とか、そういう人たちが
自分たちのそういうわけのわからないことに対して蓋をしようとして

いつの間にか幻想をみて
それで納得するように精神がおかしくなるのも十分にありえるとおもう。

でも、そういう人たちにとって、確かに妖怪はいるんだよ。

自分の心の中の恐怖の中に。

もしかしたら、俺の仕事も、妖怪を退治してるんじゃなくて、精神病医だったのかもwww
104: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2013/12/06(金) 23:46:54.49 ID:uATCLSYQ0
前どっかのスレで見たんだけど、韓国?の方で日本に強力な呪いをかけたやつがいて、日本の神様はそいつと戦ってた。
で、結局神様が勝ったんだけど、その間日本の方が手薄になってこないだの震災が起きたと。
日本は神様に守られてるけど、それがここ最近の一番のピンチで、それ以前のピンチが第二次世界大戦だっていう話。
うろ覚えだからどこか間違ってるかもしれないけど、前スレで戦争で色々失ったとかなんとか言ってたから気になった。
そこら辺の話は何か知ってますか?




108: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/12/06(金) 23:57:22.51 ID:CKRIS6Yp0
>>104

何を持って神さまとするってのも問題かな。
マンガでわかる古事記とか、昔先生に無理やり読まされたけど
ああいう意味合いでの神さまか

それとも、神道を極めたものがのぼりつめたものなのか

それとも、妖怪を祭った的な意味なのか

たくさんの神さまいるけど
俺が先生から習った場合だと、そのどれでも日本という国を守っているというのは
少しおかしいかな。
どっちかというと、自分の縄張りを守るとか、自分の住み心地がいいところを
荒らされたくないからとか、そういう意味でなら

日本を守るために利用した人たちとかがいたのかも


107: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2013/12/06(金) 23:54:58.58 ID:UOlwVbjY0
先生、なんで死んでしまったん?
109: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/12/07(土) 00:00:09.29 ID:h1OqCy640
>>107

うーん、その話はまた長くなるから。
また今度するよ
すまん、そろそろねるー



177: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/12/07(土) 21:53:48.58 ID:VUR2uxpM0
やぁやぁ
それにしても、生姜塩水試す人結構いるんだね。
たぶん、霊的にはすごく体にいいものってわけじゃないし

普通に考えて科学的に体にいいとかないと思うし、ていうかむしろ、悪いきがするから
毎日飲むとかはさすがにやめたほうがいいともう。
洗腸を毎日やるようなものだしね。


肝試しとか、夜の廃墟めぐりとか、自殺の名所めぐりとか
そういうの終わったときくらいでいいと思うよ。


生姜と塩は分量とかを気にするってすごく現代人チックだな
それこそ、言葉とか文字にとらわれてなんというかもっと大事な部分の根幹がまちがってるきがする
俺も理屈とかすごい細かくは分からないけど

こういうのはまずは作る人の想いとか
あとは物に込めた意味とか、そういうのが大切だから
分量自体はあまり気にしなくていいともう




184: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/12/07(土) 22:01:40.11 ID:VUR2uxpM0
やっぱ具体的すぎると、少し危ないかもな
前スレにも書いたけど
普通に日常生活送るくらいなら、多分妖怪とかあんま意識しなくてもいいと思う。



後思ったけど、確か昔妖怪退治しているころの川越シェフの画像貼ったんだけど
誰か保存してない?
なんかなくしちまって。。。
191: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/12/07(土) 22:15:17.90 ID:VUR2uxpM0
すこしだけ時間あるので、先生の話にも関係する妖怪の話しようかな

あんまり有名じゃないけど、「倀」っていうやつ

これについてのくわしい記載とかどこの本に乗ってるとかようわからなんが

確か、昔話で、虎に食われた人間が「倀」になって、他の人間を嵌めて虎に食わせる。
そうしてやっと、最初に食われた人間は虎から解放されて、成仏できるとかなんとか。

つまり「倀」ってのは、よくある系の話で
例えば、自殺した人間が、次に来る人間を殺そうとするとかそういうのよくあるじゃん


198: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/12/07(土) 22:23:09.99 ID:VUR2uxpM0
まぁ、多分、それができるのはそうとう道行を得た妖怪みたいなやつらなんだろうけど
有名のやつだと、金太郎とかの話でもクマの手下として出てなかったっけ?
ここら辺はよく覚えてないや。

「倀」はそういう風に殺されてもなおとらわれている人間のことを指すし

とらえている側のこともさしている部分がある。
昔だと、そういう風に道行の高い動物または入道がこういう風に呼ばれたりしてたんだけど

最近だともっぱら、とらえているのが「場所」だったりして
そういう「場所」もこの「倀」って妖怪なのかもね。

自殺の名所とかw
201: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/12/07(土) 22:33:47.53 ID:VUR2uxpM0
やっぱ眠いわ。

おやすみん
204: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2013/12/07(土) 22:38:07.65 ID:inl5pQco0
おまたせ、>>1の言ってた画像探したら俺の川越画像フォルダ208にあったは。
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4720812.jpg
208: 1 ◆cvtbcmEgcY 投稿日:2013/12/07(土) 22:39:58.79 ID:VUR2uxpM0
>>204

すげーありがと!
これだわwwwこれで安眠できるぜ

後確か、なんか「破!」とかいって手からなんか出そうな感じのやつもあったはずだよな


PR

Comment

お名前
コメント
パスワード 

× CLOSE

ブログ内検索

COUNTER

このブログについて

管理人:fandz
メール:fandz.jds@gmail.com

最新コメント

[05/19 T]
[03/02 NONAME]
[02/23 NONAME]
[01/30 ばb]
[12/21 あ]
[12/01 あ]
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]

× CLOSE

Copyright © La ringrazio : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]