忍者ブログ

La ringrazio

( ・᷄ὢ・᷅ )そのうち再開したい
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2ch】ガチで霊視できる奴募集 友達の安否を視てください

Information
引用元:http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1300327845/l50
タイトル:ガチで霊視できる奴募集 友達の安否を視てください
概要:※3.11直後のスレッドです。mさん(HNと敬称)という方が遠隔視の練習という名目で、相談者に回答する形でスレが展開、mさんの発言を、1)雑談、2)相談・回答別にまとめています。


1 : 本当にあった怖い:2011/03/17(木) 11:10:45.29 ID:/2g+L3Yv0
地震直前の書き込みから霊視してくれ
霊視者が来てくれたら晒す



拍手




5 ::2011/03/26(土) 23:21:35.91 ID:CHwydAaS0
遠隔視ならできます
霊能者ではないですが

6 ::2011/03/26(土) 23:23:55.03 ID:CHwydAaS0
災害が起きた場所に行き
地元警察や消防隊などと連携して
行方不明者の捜索ができる仕組みがあれば
いいのにと思っていました
でも行っても迷惑なだけでしょうし
ある程度の知名度や実績などがあればともかく
無名の自分では人を動かすことなどとてもできません

スレ立て主の気がまぎれるならネット経由で
遠隔視をしてみましょう

8 ::2011/03/26(土) 23:27:52.53 ID:CHwydAaS0
占いでは人の生死を見るのは厳禁とよく聞きます

簡単すぎるから?二者択一では腕の揮い甲斐がない?

9 ::2011/03/26(土) 23:29:18.58 ID:CHwydAaS0
何歳でこの世を去るのかを当てるのよりは罪がないと思うのですが
それもいけないことなのでしょうか
生きているのか亡くなったのか

15 : :2011/03/28(月) 22:05:49.44 ID:rFHjJ4sA0
霊視ではありません
霊を使役するわけではないから

16 : :2011/03/28(月) 22:52:46.10 ID:rFHjJ4sA0
夜しか書き込めないですけど

誰もいないようなら遠隔視の話をつぶやきましょうかね
これは親からの遺伝です
自分のきょうだいも昔から同じことができてました
ただ偶然だろうって決めつけてあまり使ってこなかったので
今 きょうだいはこの力をほとんど使えなくなってます

慣れもあるので 自分はちょっと練習したいんです

17 : :2011/03/28(月) 22:55:22.89 ID:rFHjJ4sA0
震災がらみで実地に使いたいことがあるので
判断のすばやさと正確さを磨いておきたいんですよね

霊視かと言われるとよくわからないんですが
自分も霊のひとりなので霊視だとは思います

でも手垢のついたこの言葉が好きじゃないので
遠隔視(リモート・ビューイング)と言っています

18 ::2011/03/28(月) 22:56:27.46 ID:rFHjJ4sA0
たけのこの里派です

19 : :2011/03/28(月) 23:02:42.61 ID:rFHjJ4sA0 [6/14回(PC)]
昔話になりますがIさんという方がT家埋蔵金の発掘を
テレビでされていたときに地元の土地持ちがうちも見ろ
と地図をよこしてここがあやしくなかんべかと

見るとほんとに埋蔵金があったんですよ
だけど下手に掘り返すと鉄砲水ががーっと出るように
地下水をうまく誘導してあって
これ掘ったら人が死にますよ 骸骨も埋まってるしって
お返事したら
某霊能者さんとまったく同じ答えだって感心されました
それで3人くらい亡くなるけど掘れば過去の遺物は
取り出せる、でもそれは現在の貨幣価値では多分
意味がないものだと
そういう説明をしたことがありました

昔の土木事業というか石組みとか地形の読み方はすごいなあ
と思った次第です

20 ::2011/03/28(月) 23:06:23.67 ID:rFHjJ4sA0
埋蔵金伝説ってたくさんあって
ロマンだなあと思います

たいていは目印になる大きな木とか
池とか沼とかの自然物をつないだラインの焦点だとか
ぱっと見ありそうな場所をわざとちょとだけずらしてあって
そのズレは伝説には残らずにほんとうに伝えるべきことを
知っている家なり役職者なりしか知らなくて
そういう謎を考えて実行する昔の人はすごいと思う

そして埋まっているうちに黄金とかはそれ自体がなんだか
意識を持ち始めて地上にいろんな作用をもたらし
ますます神秘をまといはじめて

面白いですよね 金属と人間の歴史も

21 : :2011/03/28(月) 23:09:07.89 ID:rFHjJ4sA0
でも埋蔵金がらみの発掘はこわい
工事をした人を最後に殺して埋めてあるから
とても生々しい映像とか見えてくるとこわいです

地図上でこことここ、と指摘して実際にどんなものが
出てくるのかをどきどきしながら待つのは楽しいですけど

人が死なない掘り返し方までこちらに任せてもらえるときは
手順もあるていど伝えています

お金に余裕があって暇な地主さんとか面白がって聞いてくれる

22 : :2011/03/28(月) 23:11:15.60 ID:rFHjJ4sA0
でもお宅の蔵に立派な金の観音様がいらっしゃるでしょう
そちらの方がよほど価値が高いですし
また ありがたいものですよ なんて指摘すると
それもそうだなあ やめとくかぁ なって話が終わってしまったり

ノーリスクハイリターンだったらいいのでしょうけど
なかなかそういう美味しい話はありません

23 : :2011/03/28(月) 23:13:23.72 ID:rFHjJ4sA0
埋められた金とその側で朝鳴きする鶏との関係とか
五行思想やらで読み解いていくとすごく面白いと思います

金塊、水、鶏、大木
それらを観察する人間

24 : :2011/03/28(月) 23:17:50.14 ID:rFHjJ4sA0
とある自治体で毎年やっている、公園にある大きな池の水を干して
お掃除をするときに
打ち捨てられた自転車がたくさん見つかるんですけど
発見されたもの種類と数が公表されるので
作業の前に自転車何台、靴が何足、スニーカーがいくつ出る、とか
あたりをつけてみたりもします
種類も読むと自分が好きな色ばかり当たってたりして

他の人がどうかはわからないですけど
見えるものの色や形が自分は言葉で出てきます

赤い靴が見える、のではなく「赤い」「靴」って言葉がひらめく

でも映画を見ているようにくっきり見えるときもあります
映像が出るときは360度まわりこんでどの位置からも見えるから
面白い ぐるんぐるん回して上下も見たりします

25 : :2011/03/28(月) 23:26:51.90 ID:rFHjJ4sA0
あの世もちょっとだけ見えるかもしれない

遠隔視してると亡くなった方の気配が強くなって
伝言頼まれたりすることもたまにあるので

家の権利書はここにしまったとかけっこう重要なことを
言われて意味がわからないままお伝えするとわあって
飛び上がって箪笥の引き出しをあけたりとか
一回死ぬと意識はどこまでも動けますから残された人が
何を考えているかまで全部わかるみたいです
それで大抵、アドバイスしたり謝罪したり
亡くなった方の方が残された側を気遣う場面のが多かったです

急に人格者になるってわけじゃないんですけど、やっぱり死ぬって
おおごとなのでしゃきーん!てなるみたいですよ

そしてなんか重なって見えるんですよね この世とあの世と
自分にとってはどちらもあんまり変わりがない感じです

26 : :2011/03/28(月) 23:31:42.27 ID:rFHjJ4sA0
昔からこうなので似たようなことができる人の伝奇とか評伝を
読みましたが人に知られないほうが吉っぽいので自分は家族と
家族の紹介で来た方以外には知らせないようにしています

ただどうしてもこれは危ないと思ったらそれほど親しくない
方でも雑談にまぎらわせて何気なく伝えるようにはしてますけど
その会社の株はやめといたら?とか
ものすごい損をするのがぴんときたら一回だけ言ってみるんです
それでも実行するのならそれはその人の判断なので

あと病気のときですね
医者に行ってみたらと一度だけ言ってみます

そのくらいであんまり人に言わないようにしています
だっていつでも覗きをしてるって誤解されても困るし

27 : :2011/03/28(月) 23:32:34.97 ID:rFHjJ4sA0
というような自分ですけど
練習ができたら嬉しいです

1さんは戻らないのかな





117 ::2011/03/30(水) 22:24:28.89 ID:zZo81U1x0
地震の後で原発についての第一報を見た瞬間、もうだめだと思いました
Yahooか何かのニュース速報で知ったのですが半径50キロ圏内の人を
ただちに避難させて戒厳令を敷くべきだと感じました
そのくらい規模の大きな災害になると直感しました

それをツイッターでつぶやいたところ罵倒され続けまして
今ではそういう方をネットスラングでは安全厨と言う、と呼ぶのだと
知りましたが
大変にヒステリックに当方を愚昧だ無知だと叩いてきました

私はチェルノブイリで被災した子供たちを支援する団体に入りまして
ずっとお金やモノを送っていました
子供が書いてくれた手紙も持っています
日本人医師の方で現地入りして施術されていた方とも直接話をした
ことがあります
それで
あの地獄を日本でも見ることになるのかと目の前が真っ暗になりました

私は地震があった日に生きた人間であることをやめようと思いました

鎮魂がとても必要です
ヒトだけでなく 地震と津波と それから放射能汚染
これから被害は甚大なものになります
政府は信用なりません 原子力開発は常に国家様とズブズブで
国民への告知も了解もないままに巨額の資金が投じられました
隠蔽体質は昔からです 20年まえから変わっていません

118 : :2011/03/30(水) 22:28:24.78 ID:zZo81U1x0
地震と津波は自然現象です
それに意味をみつけようとしてさまざまな「理由」をつけるのが人間です

科学者はプレートだというでしょう
陰謀論者はだれそれの企みだというでしょう
天罰だとか地震兵器だとか 理屈はいくらでも後付けできます

それぞれに起こった出来事に対して自分が受容できる意味づけをして
納得しようとするものです
人というのは現実に対して「物語」化をすることで世界に対峙するもの
なのです

私はひとりのオカルティストとして主張したいと思います
地震、津波は自然災害です

でも福島第一原発の
あれは「自滅」の始まりでした

119 ::2011/03/30(水) 22:31:09.14 ID:zZo81U1x0
人間のエゴのかたまりです

あれは「科学」ではありません

科学は人に奉仕するものです、人が幸せになるために
考えて工夫をし努力した成果が目に見える形になって
人々に還元されるものなのです
それは尊い技術です
人を幸せにするための努力の結果なのです

原発は、違います
私利私欲のかたまりです
あれは科学とは無縁の 人の暗黒の結露です

私はずっと脱原発のために動いてきました

でも、無力でした

120 ::2011/03/30(水) 22:35:31.62 ID:zZo81U1x0
核の力は人類には早すぎます
それに慣れて制御しきれるようになるまでには
地球が何回も滅ぶほど危険な道を通らなければなりません
その失敗は即破滅につながります

今回のような大地震がきてそれに耐えた物件があったとしても
それは僥倖にすぎないと言い切れます
もし
今また原発がある場所にM9レベルの地震がもしきたら
次に耐え切れる保証はありません

地震は自然現象です
人には制御できません

そして核の汚染の範囲の広さと長期的影響とは
予測も防御もできません

責任が取りきれないことを人はしてはいけません
世の中には取り返しがつかないことが確かにあります

121 ::2011/03/30(水) 22:38:59.95 ID:zZo81U1x0
原発推進派に決定的に欠けているのは
想像力と優しさです

ですが推進派だろうが脱原発派だろうが
汚染は等しく襲います
国籍も年齢も性別も住まいも
もうこうなると正直関係ないとも言えるのです
お金、知識、立場の差で汚染の程度の軽重はあるかもしれませんが

そして原発のように怖い汚染も既に相当進行しています
遺伝子組み換え食品もそのひとつです

根底にあるのは「命の商品化」ということです

122 : :2011/03/30(水) 22:43:47.66 ID:zZo81U1x0
私は、地震の予告は私の家で祀っているある存在から知らされました

今書き込んでいる内容は私個人の考えであり、その存在は関与していません
ただ汚染についてはその存在も相当に頭にきているのは確かです

その存在は更に大きなある存在の使い走り的な位置づけで
個性と感情を持っています
ですから暴れることもありますし人助けをすることもあります

私はおおもとの存在に直接コンタクトすることはできません
実行すると死んでしまうからです
おおもとの存在は私からすると太陽を抽象化したような存在です
それは 今回の災害とは無関係に
無償の優しさを放射し続けています

言葉にするなら慈悲としかいいようのない強靭さで
星をめぐらせるようなさらにおおきな何かのもとに複数配置されています

人間が呼ぶ直接的な言葉を書くことはできないので曖昧なイメージですが
それらは「集団によりて万能」な集団なのです

123 ::2011/03/30(水) 22:47:00.98 ID:zZo81U1x0
今後、私たち日本人はさまざまなケガレをまざまざと見ることになります
とても傷つくことも多いでしょう
想像を絶する痛みと不平等、悲しみを味わいます

ただ私はそれらを引き受けて「それでも」自分に恥じない生き方を
しようと ただそれだけを決めています

嘘や不正がはびこっていて直接的な被害をもし受けても
私は嘘をつかないし不正をしない
そう決めています

この先に何があっても 生きていきます
何があっても

私には逃げていく場所はありません
日本人として日本で死にます

127 : :2011/03/31(木) 00:10:17.85 ID:H/jLhtTt0
私は死者の側に立って発言します

世界を汚してはいけません
「人類」をまだ残したいなら
人である命を続けたいなら

命の意味を知るべきです

命は 人の中に入れば人になり
石の中では 石として生きるものです
器を決めるのは人ではない
命をつくりだすものは人ではない

今生きている皆さんは
命の力を「与えられて」今そこにいるのです

命の名において
人は他の生命体とまったくの等価です

現われが違うからといって踏みにじったり犠牲にしたり
区別をしていいものではない

私の他のどんな言葉が信じられなくても
これだけは信じていただきたい

人は、命の表れのひとつのカタチにすぎません




556 : m ◆M2uB3yrY9Y:2011/04/12(火) 21:17:40.40 ID:xKlG2RF+0
神道に おおはらえののりと という祝詞があります
ここでは漢字で書きません、反射を避けるためです
これの完全版をネット上で見つけることができませんでした
公式でも省略版です 本当は人がおかす罪の種類が列挙されているはずです
今の人間(日本人)は全体で見た場合それら禁止行為を全部しています、残念です
大変な事態です、祓いは常に必要です
ですがそれらのすべての罪を前提に「それでも」すべての罪を
払い、清め、消し去る秘伝がちゃんと用意されているのです

地球そのものの自浄作用が順を追ってきちんと説明されています
物理的な害毒をどのように地球が浄化していくかの実況中継の記録です
大変な内容です、ここまで巨大な「世界」を内包したコトバを私は他に知りません
神道が要だと感じるゆえんです
省略版でもいいじゃないか心をこめて唱えれば、という意見もきっとあるでしょう
でも自分が「何をしてしまったか」自覚がないまま祓いをしてもあまり意味がありません
反省が必要です、同じ過ちを繰り返してはいけないのです
そしてこの場合の「自分」とはイコール「日本人」です
全員を救わなければいけません、全員が大切です

557 : m ◆M2uB3yrY9Y:2011/04/12(火) 21:20:57.42 ID:xKlG2RF+0
おおはらえののりと は人間だけが偉いのではなく、何かに選ばれているのでもなく、
地球という生命体の一員であり、すべてが循環・連動していて「ひとつ」なのだと
実感できるリアルタイム中継の記録です
音(おん)にもすべて意味があります、古伝の生データです、大変な中身です
文字として書かれていても黙読すべき部分があったり、
口伝でのみ伝えられてきた秘伝など関門は幾つかありますが
私は、それらのすべてを一般に公開しできるだけ大勢に唱えてもらうべきだと感じます
なぜなら大変に大きなコスモスフィアを実感できる命そのもの言葉だからです

命に軽重はないことと
地球がひとつの生き物であり万物は巡り巡って生きているのだと既に書かれているのです
最先端の科学者が数百年かけてつきとめた真実がすべてここにはあるのです

みなづきつごもりのおおはらへ(なごしのおおはらえののりと)
を私は暗記しています
こちらを転用したのだと思います
興味がある方はぜひ探していただいて宇宙船地球号の乗員として唱えてほしいと思います




732 :m ◆M2uB3yrY9Y :2011/04/15(金) 23:17:52.59 ID:xPuhxuBz0
ひとりの宗教者を紹介します、太母(たも)さんと呼ばていた方です
1996年に亡くなりました
この方は今から60年以上も前に実に正確に「現代文明」が陥る窮地を予測して
問題点を指摘され対処の回答を残されました

この方は本当に素敵な方でした
私は信徒ではありませんでしたが、少しの間親しく接することを許されて
お寺に寝泊りさせていただいたり、旅行に同行させていただいたりもしました
驚異的なこの影の薄さのおかげだと思います(笑)

フェリーの中を見て回って太母さんが横になって休んでおいでの船室に戻ると
「遊んできたの?」と言われました
私はそのとき、深い深い森の中の、大きな大きなひとつの樹木の下で跳ねて
遊んで楽しんでいるウサギになった気がしました
憩わせていただいたのです、本物の平安と、深い心の安らぎが広がりました
「地球にいる」と思いました、「大きな生命体の中の自分」「全体と一緒に生きている」と思いました
今でも目の前に広がります、緑と金色の素晴らしい森の光景です
太母さんが眠られた後でフェリーのデッキに行って空を見ました
夜空は真っ白にかすんでいて信じられないほど明るくてひとつひとつの星たちが
呼吸しているのが感じ取れそうなほど近かったのです
翌朝、フェリーの先端で太母さんが歌を歌われました
口を開くと七色の光がふわあっと広がります、驚きました
音に色がついて見えました、星のかけらがはらはらと落ちるように清らかな虹が
かかって見えました

735 :m ◆M2uB3yrY9Y :2011/04/15(金) 23:27:37.19 ID:xPuhxuBz0
この方との思い出はすべてが愉快で爽やかです、顔を見れば笑ってばかりいました
本当にありがたい方です
歌っていただいたことやつれずれに語られるお話
未来の予測、このように恐ろしい災害・人災の激動の日本にあって
太母さんの存在は自分の中で日増しに大きくなっていきます
ことに原子力は取り扱うこと事態が災厄であるとはっきりと認識されていました

太母さんは最小限の消費で最大限に豊かな生活を、とおっしゃいました
風を、水を、大地を、「汚さない」ことが一番肝心だとおっしゃいました

そして現代人が苦しむことをとてもあわれんでいました
なぜなら人は既にして極楽浄土にいるとはっきりと確信なさっていたからです
皆さんにも一度でいいから対面させてあげたかったです
信じろと言うのではありません、このような方もいる、という大変な衝撃を
きっと受けられただろうからです、言葉でどのように語ってもあの方のおおきさは現せません

あの方は本当に無垢で清らかで優しくて人間離れした方でした

「鎌倉に、悟りを開いたおばあちゃんがいる」

最初にそう紹介されたのをまだはっきり覚えています
水のように恬淡として風のように爽やかで本当に清く明るく可愛らしい人でした

人が苦しむのは、命を粗末に、あるいは犠牲にするからだと太母さんは言いました
それらの罪業が積もり積もって人類の潜在意識で感得されて自分で自分を苦しめるのだと
太母さんは自業自得だとおっしゃいました
私も完全に同意します罰ではありません、何者かの意思で行われるのではありません

自滅です

でも、私はそれを阻止したい

736 : m ◆M2uB3yrY9Y :2011/04/15(金) 23:37:20.60 ID:xPuhxuBz0
人生は生きるに値するものです、この世は素晴らしい場所なのです
私達は生きているだけでありがたいのです、「与えられて」今います
呼吸する風、踏みしめる土、喉を通る水、すべてを照らす光
どれもこれも実に精妙で「全体」として完全にバランスが取れています
地球地蔵です、地球は生きているのです
今ここにいることが奇跡だとわかれば、実感できれば
大量消費、環境破壊はできなくなります、やめるのではありません、「できない」のです

短い人生です、長くて100年、そのくらいです、200年生きる人はいないでしょう
せっかくの命です、大切に生きていきましょう

今このように大きな痛みと悲しみを抱える日本だからこそ、それぞれができることを
誠実に努め、誇りを胸に暮らしませんか

私たちは誰に何を言われなくても既にして救われた存在です
私はそう信じます

インドではこのスレに書かれているようなさまざまな人生模様を
「リーラ」と呼んでいます、意味は「神々の遊興」「宇宙的遊戯」です
地上には遊びに来ているのです 楽しまないともったいない!

すべては過ぎ去ります、どのような立場でも 去らねばならないときは来るのです

愛され、惜しまれ、懐かしがられて「あの人はいい人だった」と思われたいと感じませんか
「人のためにはたらく人だった」「やさしい人だった」「おもしろかった」
「困っているときに助けてくれた」「笑わせてくれた」「綺麗な歌を聞かせてくれた」
「絵がうまかった」何でもいいです、できることをしていきましょう

龍の復権という言葉は少し古いです、私がしたいのは多分、
第二次の人間復興(ルネサンス)です きっと

それでは どうもありがとうございました お休みなさい






PR

Comment

霊視お願いします

  • エンド
  • 2015-09-27 19:50
  • edit
霊視できるかたへ。12万円がなくなりました。誰がいつ、どこで持っていったか、その証拠の取り方、白状させかたを教えて下さい
お名前
コメント
パスワード 

× CLOSE

ブログ内検索

COUNTER

このブログについて

管理人:fandz
メール:fandz.jds@gmail.com

最新コメント

[09/06 http://www.japanpcc.com]
[09/05 勾花网]
[09/04 盖土网]
[09/01 ブランド激安市場N級品激安販売]
[09/01 隔音屏障]
[05/19 T]
[03/02 NONAME]
[02/23 NONAME]
[01/30 ばb]
[12/21 あ]

× CLOSE

Copyright © La ringrazio : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]