忍者ブログ

La ringrazio

( ・᷄ὢ・᷅ )そのうち再開したい
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

☯李清照作<鳳凰臺に上り吹簫を憶う>

*李清照 (1084年 - 1153年頃) 北宋末期・南宋初期の女流詩人
Li Qingzhao: Woman Poet of Song Dynasty

拍手

鳳凰臺上憶吹簫 

香冷金猊   香は金猊を冷し
          (こうは きんげいを ひやし)

被翻紅浪   被は紅浪を翻し
          (しとねは こうろうを ひるがえし)

起來慵自梳頭 起來して慵く自ら頭を梳く
          (きらいして ものうく みずからあたまをすく)

任寶奩塵滿  寶奩塵の滿つるに任せ
          (ほうれん じんのみつるに まかせ)

日上簾鈎   日は簾鈎に上る
          (ひは れんこうにのぼる)



生怕離懷別苦 怕るるは離の懷と 別の苦
          (おおそるるは りのおもいと わかれのく)

多少事    多少の事は
          (たしょうの ことは)

欲説還休   説んと欲しては還た休む
          (とかんとほっしては またやむ)

新來痩    新來痩せたり
          (しんらい やせたり)

非干病酒   干病酒にあらずで
          (かんびょう さけにあらずで)

不是悲秋   悲秋にもあらず
          (ひしゅうにもあらず)



休休     休よ休よ
          (やめよやめよ)

這回去也   這の回の去なるや
          (このめぐりの きょなるや)

千萬遍陽關  千萬遍の陽關も
          (せんまんべんの ようかんも)

也則難留   また則ち留め難し
          (またすなわち とめがたし)

念武陵人遠  武陵の人の遠きを念い
          (ぶりょうのひとの とおきをおもい)

煙鎖秦樓   煙は鎖す秦樓を
          (えんはとざす しんろうを)

惟有樓前流水 惟だ有るは樓前の流水
          (ただあるは ろぜんのりゅうすい)



應念我    應に我を念うべし
          (まさにわれを おもうべし)

終日凝眸   終日眸を凝らさん
          (しゅうじつ ひとみをこらさん)

凝眸處    眸を凝す處
          (ひとみを こすところ)

從今又添   今從り又添えん
          (いまより また そえん)

一段新愁   一段の新愁を
          (いちだんの しんしゅうを)



※金猊・・・獅子形の香炉
※紅浪・・・乱れた掛け布団
※寶奩・・・化粧箱
※簾鈎・・・すだれの鈎

※陽關・・・渭城曲、陽関曲、陽関三畳
      王維の詩<元二の安西に使いするを送る>を指す
      陽関三畳は「西出陽關無故人」の句を三度繰り返し吟じること
※秦樓・・・婦人の居住する建物



※詞と詩・・歌われるものは詞、読まれる詩歌が詩。詞は、宋代に興隆した韻文形式で、曲に合わせて詞が書かれた。詩のように題はつけず、詞牌(詞調、形式名)が冠せられる。

PR

Comment

お名前
コメント
パスワード 

× CLOSE

ブログ内検索

COUNTER

このブログについて

管理人:fandz
メール:fandz.jds@gmail.com

最新コメント

[09/06 http://www.japanpcc.com]
[09/05 勾花网]
[09/04 盖土网]
[09/01 ブランド激安市場N級品激安販売]
[09/01 隔音屏障]
[05/19 T]
[03/02 NONAME]
[02/23 NONAME]
[01/30 ばb]
[12/21 あ]

× CLOSE

Copyright © La ringrazio : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]