忍者ブログ

La ringrazio

( ・᷄ὢ・᷅ )そのうち再開したい
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2ch】君たちから見たら未来から来たのだけど、質問ある?2

引用元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1399652747/
タイトル:君たちから見たら未来から来たのだけど、質問ある?
55: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 07:40:02.49 ID:jHCREc4W0
技術的特異点は
78: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/10(土) 22:05:44.76 ID:5Zs/O09z0
>>55
この場合の特異点とは、この時代と比べて特に違うところ、という事であろうか。

列挙すると・・・

・遺伝子を操作する事で、大抵の病気は解決されている。
従って動物実験は必要ないし、遺伝病もありません。
更に言えば、容姿も、操作できます。

・遺伝子操作によって、寿命もまたコントロールできます。
これが哲学的に最大の問題となりました。死ぬべきか、行き続けるべきか。
或る意味、寿命というのは、そうした事を「選択」しなくても、
どこかで終焉を無理やり与えてくれるものだったので、
わざわざ「死」をどこかで選ぶ必要を誰に対しても迫る、などという酷なものではなかった。

・火星への植民が可能になっています。
火星へ幾つもの植物やバクテリア、細菌などを持ち込み、
何十年も見守る事によって。
但し、まだまだ普通に住めるレベルには達していないので、
壮大な箱庭作りだと揶揄もされていますが。まあ、もう趣味の世界。

・脳への記憶制限も取っ払う方法も確立されています。
実は、人の脳は生まれでた自然の状態などは比較にならない程、
様々な事を記憶できます。
但し、記憶容量を増やすと、今度は一時記憶容量が極端に減るので、
例えば、人と普通に会話したり、道を歩いたりする事もできなくなります。
それらは一時記憶容量を使っているので。
メモリーとハードディスクのような関係というか。
だから、記憶をあまりに大幅に増すのは流行らなかった。
だって、記憶は外部装置(コンピューターとかノートとか)に任せればよい事だから・・・

拍手

79: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/10(土) 22:08:02.83 ID:5Zs/O09z0
(続き)

・重力が他の力よりもずっと弱い理由が分かりました。
例えば、膜を引っ張れば、面積が広がります。
逆に、ちじめる事もできて、それが重量です。
四次元以上から見れば、我々の宇宙も平面のようなものです。

・上と関連してですが、双子のパラドックスが解けました。
そもそも、時間が遅くなっていた訳ではなかったのです。
時間が遅くなるという考えは、無矛盾に現象を説明したに過ぎません。
ある現象や事件を表すのに、幾つものやり方があります。
例えば、1 7 19 37 61 □ と数が並んでいれば、
□にどのような数が入るか分かりますか?

新しい解釈の方が正しい事が分かり、新しい物理学が誕生しましたが、
しかし、それはまた新たな謎の入り口でもあった訳ですが。

56: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 07:44:55.24 ID:VfaeAsaNO
オナニーに変化はありますか?
82: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/10(土) 22:13:13.49 ID:5Zs/O09z0
>>56
現在でも多様なので、何を持って標準とするのかが分かりません。
従って、僕らのそれも、この時代の標準から大きくかけはなれているのか、
それともあまり変わっていないのか、それがちょっと分からないのです。
加えて、周囲の人が一般的にどうしているのか、ちょっと聞き出せないので、
益々、比較が難しいところです。

とはいえ、飲めば射精に至るような薬や、射精がなくても性欲を減らせる薬もあるので、
大抵の未来の人は、面倒なので薬を飲みます。
で、性欲は性向のために取って置いているというか・・・
57: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 08:32:13.30 ID:EyR7lk9g0
興味深く読ませて頂いております。
江戸時代に行かれた時に、武士の方とはどういう経緯でお話しできるまでになったんです?
あんまり気軽に話しとか出来なさそうなので。
67: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/10(土) 21:15:15.27 ID:5Zs/O09z0
>>57

そう、「あまり気軽に話しかけられないのでは」という懸念が我々にもありました。
なんだか、文献などから、お堅そうなイメージがあったので。

しかし、実際にはそれは容易でした。
その辺りに歩いている武士に話しかければ、人によっては、
我々にものすごく興味を覚えてくれて、色々と話す事ができました。
彼らも、暇に飽きて、珍しいものに飢えていたのです。
どちらかというと、この時代の人に比べれば、江戸時代の人の方が、
珍しいものが好きな傾向にあります。
人だかりができやすいのも、江戸時代です。

そもそも、平民と武士とでも、結構、普通に言葉を交わしていました。
まったくお互いにしゃべれないものかと思っていたけど・・・
但し、家老や領主といった人とは、話す事はできませんでした。
とはいえ、こちらも、そこまで目立つのは本望ではないので、
そのようなお目通りは、むしろ避けたいところでもありました。
70: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 21:23:32.13 ID:9g4k7PBB0
>>67
興味深く、読ませていただいております。

で、邪馬台国の時代には行っていますか?
90: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/10(土) 22:49:29.63 ID:5Zs/O09z0
>>70

邪馬台国時代には行ってないですねぇー。
行って調べたい事は色々あるのですが、
逆に、得体の知れない時代に行くと、直ぐに殺されるとかあるかも知れないので、
怖くて、なかなか行きたがる人がいない・・・
どうせ死ぬにしても、もっと他に見たい時代を見終わった後、という事になって・・・

例えば、今までで言うと、近い時代だと聖徳太子の時代とか、江戸時代中期、それに明治に行きましたね。
欧州だと、バロック時代のイタリアとか、古代のギリシャとか・・・。
58: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 10:32:27.41 ID:pBC8l05M0
くだらん
こいつ中学生だろ
69: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/10(土) 21:21:59.20 ID:5Zs/O09z0
>>58

少なくとも、年齢は中学生ではないけど。
逆に聞きたいのだが、「中学生」だと考えた論拠は何でしょうか?
例えば、まだ私は理解していない、中学生だけが頻繁に使う単語、
言い回し、或いは関心事が含まれていたとか・・・

未来では、年齢による話し方の差だとか、考え方の差はあまりなくて、
従って、書かれたものだけを見て、その人の年齢を当てる事はできません。
むしろ、或る精密な論考方法を使えば、性別ならば、70%以上の確率で当てる事ができます。
とはいえ、江戸時代や明治時代、そしてこの時代ほど、男女の話し方の差は大きくはないのですが。
59: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 13:16:46.23 ID:UKX1o0qB0
或る未来人A氏。
平成の次の元号は?
71: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/10(土) 21:31:34.10 ID:5Zs/O09z0
>>59
これは、調べれば直ぐに答えられるけども、それを答える事はできないんだ。
何故ならば、元号は単語であり、非常に多くの文字セットの中から選ばれる。
もし、これを当ててしまうとなると、それが偶然起こる確率は極めて低い為、
目立たない私のこのスレッドも、非常に拡散してしまう事になり、
たとえ匿名でも、これは非常に危険となってしまう。

そこで、そういった、私を未来人だと確信させるような類の質問には
答える事ができないんですよ。
しかも、元号が変わるのはそう遠い先ではないので、
それは直ぐにでも検証できてしまいます。

他方、数世代を経てやっと検証できる類のものならば、
大抵の場合は質問した人がその質問と得られた解答を、
子々孫々まで語り継ぎ、検証をするよう遺言することはないので、
安全性が増す、という訳です。
75: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 21:47:55.89 ID:/OWt1B8g0
>>71
漫画の半分はご都合主義でできています。
だから、実際のところを細かく検証する漫画は多くはありません。
ただ、「チェーザレ」という漫画は例外的に本物の学者がついて細かく時代考証をやってます。
そこで質問なのですが、

1,過去の文明や事件の実態は解明されたか
例えばローマ衰亡の原因は環境破壊か、制度疲労か。ナスカの地上絵は誰が作ったのか。九鬼水軍の鉄甲船は実在したのか、など

2,農業など土地集約型産業を工場に移し替えて、生態系は破壊されなかったのか
日本では里山など、人の手が入らないと環境の変化により災害に転化する土地が世界には多くあるが、その問題は克服されたのか。解決されたとして担い手は誰か

3,未来の通信手段は何か
地球での通信なら光で十分だが宇宙空間を通じて通信するとなると光では遅い。未来では他の惑星とどう通信しているのか

お暇なときにでもお願いします。
93: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/10(土) 23:08:32.93 ID:5Zs/O09z0
>>75
まあ、マクガフィンのようなものでしょうから、漫画に登場するあれやこれやには、
あまりとやかく言わない事にはしているのですが、でも、時々気になってしかたがないときや、
笑ってしまう事があります。

例えば、名探偵コナンの諸悪の根源はコナンです。
コナンが日本から去るだけで、日本で発生する殺人事件の件数は飛躍的に減らす事ができるでしょう。
まるで、コナンから人の脳を刺激し、殺人を思い立たせる何かが発せられているというかのように・・・

魔法少女まどかに登場するきゅうべいですが、彼らは感情がないにも関わらず、
宇宙文明を守ろうと考えています。不思議なことです。
感情がないのに、何かを守ったり、目的を持ったりするはずがないからです。
95: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 23:10:46.13 ID:e4CokuVE0
>>93
太陽発電って太陽光発電のことですか?核融合のことですか?
97: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/10(土) 23:25:21.57 ID:5Zs/O09z0
>>71


1.ナスカの地上絵は、まあ、現地人が作ったのでしょう。
宙からみても分かる図を作る事で、きっと神々に自らの意志を見せようとしたのだと思います。

2.農業がほぼなくなり、環境は変化しましたが、新しい環境に合わせた生活や対応をすれば良いだけです。
どの環境にもその環境ならではの災害の可能性を有しています。
例えば、沙漠で洪水の恐れはありませんが、寒暖の差が激しすぎる。
これは、もとから沙漠である土地からみれば、ただのその地域の昔からの特徴ですが、
今までは沙漠でなかった地域が沙漠となって寒暖お差が激しくなったのだと災害だとみられます。
熱帯雨林ではウィルスや害虫がはびこりすぎますが、逆にインフルエンザの心配はまったくありません。
南極も、病気の心配がほぼ皆無ですが、しかし、別の意味で住みにくい。
私から見れば、この時代のスギ花粉は災害のようなものですが、
しかし、それを災害だと認識しているこの時代には人はあまりいません。

農業がなくなった事によって、日本は随分と天然に戻りましたが、良い事もあれば悪い事もあったのでしょう。
で、農業がなくなった状態に慣れてしまえば、それに起因する負の事柄も、災害ではなく、単なる風物詩となります。
とはいえ、メダカやドジョウ、タニシなどが絶滅の危機にあるとかで、一部では広大な田んぼが維持されていますが。
人間が手を加えなくても、自足するように工夫された田んぼですから、まあ自然風景の一つのようなものです。
借入も、田植えもありませんので・・・。


3.例えば、100光年離れた場所への通信には、100年前から通信を始めます。
そうすれば、瞬時に相手に信を届ける事ができます。
102: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 23:41:59.16 ID:/OWt1B8g0
>>97
現代日本の平野は沖積平野でかつての湿地帯が多く、
昔の暴れ川は上流の降水を土壌が受け止めきれない為に起こりました。
田畑の喪失分は山林を環境保全機能に最適化するにはおそらくあなたの年代には可能です。
しかし遷移過程の管理と、民法上の権利の問題、社会的正義の問題が起きてきます。
それらを解決した上で公費で国土管理を続けることが2280年には可能という理解で宜しいでしょうか?
116: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/11(日) 00:42:20.36 ID:71R8m5uh0
>>102

私から言わせれば、田んぼも湿地帯のようなもの。
畑や田んぼが雨水を吸収する率などはほんの僅かなので、
むしろ田畑がなくなって森林になった現代では、そのような「あばれ川」は存在しません。

だから、環境の変化はあっても、川の氾濫に関してのみ言えば、
むしろ減ったというのが正しいでしょう。

さて、土地についての考え方なのですが、「私有地」という考え方は、
嫌われて行きましたから、今では「民法上の権利の問題」はほぼ皆無ですね。

しかし、「みんなの土地」をどう運用するのかという「共通善」の問題は、
未だにあります。
60: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 13:20:30.93 ID:muhwZtB40
こっちで死んだらどうなるの?
71: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/10(土) 21:31:34.10 ID:5Zs/O09z0
>>60
こっちで死ねば、こっちの仏さんとして処理されるでしょう。
だから、Oパーツのような体内人工物は入れてはいけない事になっています。

それから、魔法でも使わない限り、特に現代では、
突然、どこかの中学校やら高校やらに生徒として編入してもらう事はできません。
でも、漫画やアニメとかを見ると、何だか高校への編入はひどく簡単な事のように見えて、
この世の女性ではないような人も、平気でセーラー服を着て学校に通っているみたいだけど。
高校は、戸籍とかは調べないのだろうか?
61: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 14:31:02.06 ID:lNOLNVeIO
STAP細胞はありますか?
72: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/10(土) 21:40:31.63 ID:5Zs/O09z0
>>61
STAP細胞は、あるとかないとかを言うのは非常に難しい事柄です。
というのも、定義が曖昧だからです。
「刺激」というのは、熱を加えたり、酸に浸したりする事を言うのか、
それとも、放射線レベルの精妙な(換言すれば、細い)影響を与える事をいうのか、
遺伝子を直接操作するレベルを言うのか・・・

もし、どんなものであれ、影響を与えるものであれば、それを刺激と呼ぶのであれば、
現在取り沙汰されているSTAP細胞が、錬金術レベルのものであり、
歯車時計を直すのに、ぶつけたり、凍らしたりしているのに等しいけども、
その方向性そのものは間違っていない、といえるでしょう。

それがだんだん進化すれば、歯車時計の内部をあけて、
もっと精密に、例えば歯車を入れ替えたり、内部の微妙なずれを直したりするようになります。
そのレベルの操作で誕生したものまでも含めて、SATP細胞というのであれば、
それは確実に未来に於いて出現しました。

とはいえ、現在の段階だと、コピーカウント機能のあるファイルが入ったディスクを、
叩いたり、強力な磁場に置いたり、電機を突然切ったり、
そうしてファイルを壊す中で、偶然、カウンダを示す部分だけが壊れるのを待っている感じ。
しかしまあ、錬金術も化学の母だとも言えるし・・・
62: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 14:44:35.75 ID:XsFhblX5I
一番近い日本絡みの戦争はいつですか?
宇宙人とはいつから仲良しですか?
74: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/10(土) 21:45:59.58 ID:5Zs/O09z0
>>62
これも、なかなか定義の難しい話。
私も歴史はそんなに詳しくないのですが、例えば90年かそこらに、
日本は国連の要請で、アフリカ中央の内戦に干渉したという話は聞いています。
これが日本が行った戦争と言えるのかどうかは難しいけども・・・
63: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 15:49:25.73 ID:5UQmTN700
観光で来たみたいですけど
未来では時間旅行会社があるんですか?
そのタイムマシンは個人レベルで買えるんですか?
あと、服装はどうしてるんですか?
83: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/10(土) 22:24:24.83 ID:5Zs/O09z0
>>63
時間旅行会社(というか半分、政府機関)に頼んでいます。
ちょっとした留学のようなものです。
観光半分、研究半分というか。観光に来た人は、同時に研究もしないといけないんですね、これが。
でも、さすがにあまり自分の命を危うくしてまで研究したくはありません。
当然、第二次世界大戦の戦場などには行きたくありません。
戦国時代も興味があるけども、命あっての物種だから・・・

タイムマシンは、流石に個人では買いません。メンテナンスも大変ですし。
自治体レベルでも買えないかな・・・。それに、外国や世界府との調整もあるし・・・

服装は・・・寒くなく、性器も露出しないようなものを選んでいます。
但し、着脱とか、運動も楽なのがよいですね。

ところで、この時代の「スーツ」とかいうのは、冬に寒すぎます。
しかも、夏は当然脱ぐべきなのに、誰もが来ているのを見ると、温度感覚の違いを感じますね。
まさか、この時代ではまだ涼しい服を作る事は不可能、なんて事もないでしょうに・・・
しかも、ワイシャツは汚れが取れないし、革靴は単に痛いし、何故だか高価。
おまけに、動物を殺さないと得られない素材を使っているなど・・・。
まるで、未来人から見れば、宗教のようなものですな。
(確かに、未来でも自分を鎖でしばるファッションや、あえて何キロもある服を着る宗教というか美学集団、
そして堅い素材の服をあえて着ている思想集団もいますね。あれをずっと来ているとアカギレが凄いけど。)
85: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 22:31:56.91 ID:gK6tpu6GI
>>83
中国はどうなりますか?
107: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/11(日) 00:12:42.89 ID:71R8m5uh0
>>85

先進国になっていますね。
でも、人権、人権うるさいので、世界府へはなかなか人を送れませんが。
(人気がないから)
64: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 18:11:32.58 ID:mdHSJELRI
結局、関東での大きな地震はいつ起こりましたか?
86: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/10(土) 22:32:24.64 ID:5Zs/O09z0
>>64
関東と東海での大きな地震は35年くらいにありました。
だいぶ、人が亡くなったようですよ。
そもそも、この時代って、ごちゃごちゃした建物が多すぎて、
人口も過密すぎるように思われます。

僕の時代なら、同じ規模の地震が来ても、ほとんど死なないでしょう。
技術が進歩しているからというよりも、そもそも家が疎らで、二階建てくらいしかないから。
とはいえ、工場や技術開発ビルなどで勤務している人は危険でしょう。
それは技術で補っていますが、普通の民家とか住宅地に住む人が地震くらいで被害を受ける事はありません。

地震があった後は、政権が倒れたみたいです。
なんでも、政府対応が悪かったとか、遅かったとか、失言があったとかで。
そこで、その政権が行おうとしていた様々な改革が頓挫しました。

そこで、それから数拾年後には、あの三政府機構が誕生し、今、というよりも、未来に至る訳です。
改革や計画が政権が代わるごとに頓挫する傾向への反省として・・・
65: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 18:50:35.10 ID:r2cF1n720
服装・ファッションにどのような違いがありますか?

大麻の栽培は合法ですか?

紙・木材は普及していますか?
87: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/10(土) 22:38:54.16 ID:5Zs/O09z0
>>65
ファッションはそんなに変わりません。
でも、スーツとかいう不幸律、いや不効率なものは、着るのは稀になりましたね。
例えば、時代劇の訳者とか、何かの儀式とか、結婚式くらい・・・。
あ、それからお葬式。

大麻は、まあ合法ですけど、そんなに人気はありません。
だって、合法に、体も壊さず、他人も傷つけず、最高の気分になれるような薬が多数開発されてるのですから、
一々、麻の独特のにおいを嗅ぐ必要はありません。あれって眠くなるし。

一度試した事があるのですが、「最高に落ち込む」薬もあります。
でも、自殺防止の為に、専用の施設でスタッフに囲まれて試すことしかできませんでしたが、
もう絶対に飲みたくありません。

紙はありますよ、普通に。でも、素材が違うかな・・・。
木材も、木材に極めて近い人工合成物質だから、木材と言えるかどうか。
でもまあ、木のにおいもするし、見た目や弾力は近いけど、ちょっとやそっとでは燃えないから、
もっと優れていると言えるかも知れないですね。まあ、でも、この時代の木材も好きですよ。
好きじゃなかったら、わざわざ来ませんよ、この時代に。
この時代を愛しています。部分的にですが。
66: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 20:42:50.63 ID:+pvLdbLPi
未来にはいけないって言ってるのにどうやって戻るんだろうか
90: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/10(土) 22:49:29.63 ID:5Zs/O09z0
>>66
いや、「行けない」のは、その装置の視点から見て「未来」です。
まだ、来ていない世界なので。
だから、僕は戻る時に、自分が居た時代というか時間に戻ることしかできません。
という事は、過去に何年も居れば、どんどん浦島太郎になって行く事に・・・。
とまれ、寿命や老化は操作できるので、まあ、対して大事でもないのですが、
でも、こっちに来ている間の老化は止められないので、例えばこっちでおじいさんになっちゃうと、
向こうでは、(もし行き続けようと思えば)永遠におじいさんのまま、行き続ける事になっちゃう。
だから、もうそろそろ戻りたいな、という気持ちと、もう少しだけ、もう少しだけ、っていう気持ちと・・・
90: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/10(土) 22:49:29.63 ID:5Zs/O09z0


ただいま~

でも、外出すると思うけど、この時代の女性って本当にセクシーだよね。
でも、あまり性に積極的じゃないみたい。格好はミニスカートだったりして積極的なのに・・・

未来では、女性も「性欲」を手に入れたから、女性の痴漢だとか、女性からのセクハラだとか、
女性の買うエロ本とか、女性の肉欲から来る浮気なんて、結構聞くけど・・・
73: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 21:44:00.31 ID:e4CokuVE0
エネルギー問題が解決したのは核融合が実装されたからですか?
93: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/10(土) 23:08:32.93 ID:5Zs/O09z0
>>73
エネルギー問題が解決したのは、主に太陽発電が格安になったからですよ。
核関係は、全て月に持って行きましたね。月で発電して、賀持宇宙船で大量に電池を運ぶ・・・。
テスラ機関も開発されて、それでエネルギー転送を行うという方法もありましたけど、
危険なので、中止になりました。テスラ機関そのものは、細々と使われていますけどね。

77: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 22:05:26.03 ID:e4CokuVE0
1.未来・過去に行くとき、おそらく何らかの乗り物のようなある程度のスペースのあるもので移動すると思うのですが、
移動先はどういうところにしているのですか?日本の山の中ですか?それとも海上ですか?
現代なら、将来タイムスリップが可能になることを予想し、ある一定の広さの設備を既に整えてる可能性があると思いましたが、
江戸時代に行ったとも書かれていたので、おそらくそういうのではないんでしょうね。

2.タイムスリップの方法は、その場で静止するのか、一定の運動をしながらするのかどちらですか?
99: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/10(土) 23:32:51.00 ID:5Zs/O09z0
>>77

必ず成層圏にしています。
デブリの常に内側になるように・・・
そうすれば、場所が多少ズレても、既に物があるところに強引に割り込み、
どちらも(対象物と自分達)破壊してしまう、なんて事は避けられます。
逆に、未来にはないけど、過去にはあった山の内部とかに転送されてしまうと・・・
(想像しただけで怖い最後ですね)

因みに、移動先の宇宙番地は、必ず相対参照にします。
でないと、全く何もない宇宙空間に放り出される事に・・・。地球はどこー!?
103: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/10(土) 23:45:03.57 ID:5Zs/O09z0
>>77

2.相対静止はしてますね。移動する必要はないですから。
104: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 23:53:17.47 ID:/OWt1B8g0
>>103
神宮の御用材は確か、専用の場所から伐り出していたはずです。
これを変えるとなると始まって以来の大変革ですね。
制度変更前後の議論が気になるところです。
116: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/11(日) 00:42:20.36 ID:71R8m5uh0
>>104

そもそも、天然材を使っていないのですから、伐り出す場所でもめる事はありません。
一番大きな議論は、天然材ではなく、人工素材を使うように切り替わった時代のものでしょうね。

80: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 22:09:22.93 ID:yC+j2L460
未来では今より人口は減っていると思いますが、今人口が爆発しているアフリカや中国などは未来ではいかがでしょうか。

また、神宮の式年遷宮に関わる御用材は順調に入手出来ていますか?
103: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/10(土) 23:45:03.57 ID:5Zs/O09z0
>>80

アフリカはそもそも人口密度が極端に少ない。
中国といえども、当時、日本よりも人口密度が好くなかりました。

そして、ある時代まで人口は増えて行き、そして自然に減少していきました。
私の居た時代で、人口は現在の半分にも満たないですね。

だから、火星への移住計画などは、ほとんど趣味化しています。
植物バクテリアとか藻とかが増えて、酸素も多いようですが・・・

御用材は、恐らく代用木だと思いますよ。
千年前に行って植えて来る、という計画もあったのですが、
過去への影響が強いから、計画で終わりました。
それよりも、代用木材が簡単に得られるのですから、
これからはそれを使った方が良い、という事になったのではないでしょうか。
天然の木材を使っていたら、絶対に話題になっていたでしょうから。

現代では、まだしょっちゅう立て直しているんですか?
81: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 22:12:21.30 ID:e4CokuVE0
過去と未来は一つですか?
この時代から元いた時代に戻るときは、もとの未来に戻れるのでしょうか?
105: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/11(日) 00:03:18.32 ID:71R8m5uh0
>>81

これは興味深い質問ですね。
でも、意味があまりよく分かりません。
時間とは結局、諸物の変化度合いなので、一つだとは言い難いようにも思えます。
まあ、「一つ」の定義にもよりますが。

元の時代には戻れます。というか、元の時代にしか戻れません。
114: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/11(日) 00:36:56.05 ID:0Kqvt8we0
>>81の言い方が悪かったようなので・・・
簡単に言うと、タイムパラドックスはないのですか?
124: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/11(日) 01:15:00.31 ID:71R8m5uh0
>>114

タイムパラドックスって、もしかして、自分で自分の父を殺したらどうなるのか?っていう?

まあ、バタフライ効果や自己言及矛盾につながる話ですね。

そういった系で考えれば、タイムパラドックスはあります。
84: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 22:31:11.84 ID:hCLtNrHkI
間もなく劇的に平均寿命が延びると思われるが後何年ぐらいなのか
105: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/11(日) 00:03:18.32 ID:71R8m5uh0
>>84

なんだか、真面目で知的好奇心の強い人が多いですね。
もっと不真面目なものが多いかと思っていたのですが、意外でした。
カシオペアの人と話しているような気分になります・・・

平均寿命は確か、180年には限定解除が起きたので、2、300年くらいには延びたかと。
だから、学問の収穫逓減にも対応できた訳ですよ。
時代と共に、学ばねばならない事は増えますが(科学が積み上げ式なので)、
しかし、寿命がのばせられるから、例えばアインシュタインも死なずに研究を続けられます。
一々、寿命でせっかくためた知識がリセットされ、新たな世代が一から学び直さなくてもよくなったわけですよ。

にも関わらず、人口は減りました。
88: 忍法帖【Lv=10,xxTP】(1+0:3) @転載禁止 2014/05/10(土) 22:40:23.63 ID:ups37LsE0
どの部分を愛してるんですか?
107: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/11(日) 00:12:42.89 ID:71R8m5uh0
>>88
現代のどの部分を愛しているか・・・

僕の居た時代と違う点でしょうか。
天然の素材を食べたり着たりする、風邪をひく、腹痛を起こす、寿命がある・・・
それで居て、もっと前の時代と比べて格段に安全・・・

アニメや漫画がある。

しかし、嫌いなところは、アニメや漫画でしか幸福そうな人がいないこと・・・。
アニメや漫画では、簡単に異性と仲良くなりますが、現実はそうではなく、
アニメや漫画では、労働時間はないに等しいですが、現実には・・・
アニメや漫画では、面白い事が年中起きますが、現実では・・・
とはいえ、僕の時代でも面白い事って、そうは起こらないのですが・・・
89: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 22:42:37.19 ID:fHR5Gpfj0
未来の中学生は年齢でいうと何歳ですか?
108: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/11(日) 00:14:04.55 ID:71R8m5uh0
>>89

逆に言うと、現在の中学生の年齢にあたる子供は、中間校に通っている子が多いですね。
現在の高校生くらいまでの年齢の子がそこに行って、一緒に勉強しています。
でも、学年というのがないから、雰囲気は違うかも・・・
あと、クラスもないし・・・
91: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 22:58:18.21 ID:9g4k7PBB0
中国は発展しているとのことですが、
韓国や北朝鮮、ロシアなどの国はどうなっていますか?
108: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/11(日) 00:14:04.55 ID:71R8m5uh0
>>91

北朝鮮は韓国に吸収されました。
日本とは長い間、国交を閉じましたから、世界史的に見ても、珍しい関係になりましたね。
この時代の両国の事が、よく研究の対象になります。
92: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 23:06:10.95 ID:16WQlP3f0
今の時代だと聖徳太子は実在しないって説があるんですけど
実際のところどうなんです?
108: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/11(日) 00:14:04.55 ID:71R8m5uh0
>>92

聖徳太子の定義によりますが、同時に複数人の言葉を理解した人はいなかったんじゃないでしょうか。
例えば、彼を観察していても、そのような事をしている場面はありませんでした。

でも、現代でいうところの聖徳太子に比定できる人物はいましたよ、確実に。
94: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/10(土) 23:09:21.10 ID:5Zs/O09z0
1.ローマ帝国の衰退の原因

これは私のいた時代の学界の結論だと、
「人心の変化」だという結論で落ち着いています。
人にも性格の違いがあり、また同じ人でも時期によって性格が異なるように、
同じ民族にも、幼年期、青年期、老年期などがあります。

ある程度、民族が成熟してくると、次第に守りに入るようになります。
他方、まだ歴史を形成して間もない民族の場合は、失うものがあまりありませんから、
果敢に戦いを挑み、壮大な建築にも熱を燃やします。
その結果、自然と他者を圧倒するようになる訳です。

エジプト人が老年期に入ったころ、ギリシャは幼年期か少年期で、
まだまだ拡大し延びる可能性を持っていました。
ギリシャが老年期に差し掛かった頃、ローマ人はまだ青年期で血気盛んでした。
ローマが老年期になったとき、ゲルマン人はまだ青年期か少年期でした。

結局、ローマが崩れたのは、構成員が、あまり好戦的ではなくなったからでしょう。
逆に言えば、青年期にある民族は、たとえあまり良い制度を持っていなくても、
それを苦にもせず、どんどんと制度を作り変えて行きます。
でも、大国を形成する意志をもてなくなってしまうと、殆どどのような制度でも国が崩壊しています。
96: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 23:15:58.58 ID:e4CokuVE0
また、あなたはどの分野を専攻としていますか?
そもそも理系か文系かどちらかですか?
理系か文系かにより質問の内容を変えさせていただこうと思います
98: 本当にあった怖い名無し@転載禁止 2014/05/10(土) 23:29:32.24 ID:38mZWeEh0
遺伝子病はなくなるとの事でしたが、染色体異常で重度の重複障害児がいます。
一部の人間だけではなく、等しく治療が受けられるようになるのは何年頃になりますか?
109: 或る未来人A@転載禁止 2014/05/11(日) 00:25:09.38 ID:71R8m5uh0
>>95-96

太陽とは、太陽光発電の事です。太陽みたいに発電する事ではありません。

文系ですね。
でも、経済学と文学とを同じ括りにしてしまう、というのは、あまりに乱暴です。
まあ、分け方などは所詮は都合に合わせた恣意的なのでしょうけども・・・

で、僕の専門は経済学です。


>>98

まづだいぶ早期に、遺伝病を持つ胎児を識別できるようになり、そういう子の出産は控えられるようになりました。
また、170年頃だったかに、遺伝子操作が可能になり、遺伝病は過去のものとなりました。
誰でも等しく遺伝子操作を受けられるようになるのには、そんなに時間がかからなかったかと思います。

読むのが大変なので、うろ覚えな記憶からだけの返答で申し訳ないですが。
PR

Comment

お名前
コメント
パスワード 

× CLOSE

ブログ内検索

COUNTER

このブログについて

管理人:fandz
メール:fandz.jds@gmail.com

最新コメント

[09/06 http://www.japanpcc.com]
[09/05 勾花网]
[09/04 盖土网]
[09/01 ブランド激安市場N級品激安販売]
[09/01 隔音屏障]
[05/19 T]
[03/02 NONAME]
[02/23 NONAME]
[01/30 ばb]
[12/21 あ]

× CLOSE

Copyright © La ringrazio : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]