忍者ブログ

La ringrazio

MENU

ランダム記事表示


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ルドルフ・シュタイナーの黒板絵/ルドルフ・シュタイナーの言葉

思考とは何か

思考とはなんでしょうか。
例えば手で何かする時、からだの働きが体験できますね。
それとまったく同じように、内で何かを行う時の体験が思考なのです。
ですから、手や腕の運動の知覚から、内なる思考力の働きの知覚まで以降するには、たった一歩だけ歩めばいいのです。
そしてそうできた時、私たちは肉体の人間ではなく、エーテル体の人間を感知し、
同時に、このエーテル人間が、すべて思考内容から織り成されていることをも理解します。
そして、このエーテル化された思考内容を通して、これまで経験してきたこの世の人生のすべてを、
眼前に展望することさえ出来るようになるのです。

ー『ルドルフ・シュタイナー 遺された黒板絵』
「思考とは何か」

地球が月になるとき

もともと人間と月はひとつに結ばれていますから、
新しい人間が地球に現れる時期になると、
月の作用力が女性の生体に働きかけて、
新しい人間がよく育つように配慮します。
新しい人間を迎える女性は、月になります。
地球もまた、毎年クリスマスの季節が近づく度に、
地表のすぐ内側でもっとも月に似てくるのです。

ー『ルドルフ・シュタイナー 遺された黒板絵』
「地球が月になるとき」
Rudolf Steiner, Wissenschaft und Kunst,1923

厳密性と柔軟性

ヒュベルニア(アイルランド)の秘儀に参入する者は、2つの立像の前に立たされました。一方は固く、他方は柔らかでした。
そしてそのいずこにふれても、宇宙の秘密を開示したというのです。
参入者が正しい心を持っていれば、第一の立像は「私は認識であるが、私の存在は実在しない」と語り、
第二の像は「私は想像力であるが、私の存在は真実でない」と語りました。
するとひとりの祭司が参入を志す者にキリストの像を見せ、そして
「今の言葉を受けとめ、キリストの力をこころの中に生かせ」と語りました。
次に別の司祭がこう付け加えて語ったといいます。
「ではキリストの力によって、二つの像の教える科学と芸術を自分のものにするように」

ー『ルドルフ・シュタイナー 遺された黒板絵』
「厳密性と柔軟性」

Rudolf Steiner(1861 - 1925)

拍手

PR

【2ch】押しつけられたモノが原因で怪奇現象が酷い件 3/3

押しつけられたモノが原因で怪奇現象が酷い件
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1416967802/
380: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 23:02:08.00 ID:b1xrD5oI0.net
今北。
ざっと読んだけど、祟りや呪いってわけではないかもしれない。

その渡部とかっての、何かに巻き込まれたんじゃないかな。で、無理に詮索するなってことでそっちの勢力に色々やられてる可能性もある。
たまにあるよ、急な病気で数日休んでたらヤバいトラブルや事故から回避できてたってこと。
383: ボスケテ ◆.eEzpgw3t1ck @\(^o^)/ 2014/11/28(金) 23:05:55.20 ID:/1M6XuE20.net
>>378
本当に申し訳ない
なんか上にも書いたけど流れてきた家だから地元密着の信仰とか正直馬鹿にしてた
親が共産党員で宗教儀式一切やらないせいでもあるんだろうけどさ
本当の地元の人はやっぱり言い気しないよね
自分たちの神社軽く扱われて
浅慮すぎた

もともとはその日に返しに行くつもりだったんだわ
お祓いして貰ったのは子供の七五三をやってもらった嫁家ゆかりの神社で別なのよ

拍手

【2ch】押しつけられたモノが原因で怪奇現象が酷い件 2/3

押しつけられたモノが原因で怪奇現象が酷い件
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1416967802/
146: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/26(水) 20:33:30.03 ID:Eb7mP8ID0.net
無理無理
怖すぎる
147: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/26(水) 20:37:08.38 ID:Eb7mP8ID0.net
風呂入ってkる
さむい

拍手

【2ch】押しつけられたモノが原因で怪奇現象が酷い件 1/3

押しつけられたモノが原因で怪奇現象が酷い件
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1416967802/
1: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/26(水) 11:10:02.56 ID:Eb7mP8ID0.net
何コレ怖い
家鳴りは酷いし何日も連続で悪夢は見るし
耳鳴りと、時々視界が急に明るくなって目が痛い
どうすればいいのこれ?

拍手

【Open2ch】信じられない様な仕事しているけど質問ある?

http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1417101893/
信じられない様な仕事しているけど質問ある?
1: ◆AiLK4Yq51w 2014/11/28(金)00:24:54 ID:???
※ぼかしながらだけど、どういう内容だけかは話せる。

不明なメール、不明な電話などの、オカルトな情報を処理している。

年収1000万前後。勤務時間平均12時間。SE系の職業。
ぶっちゃけ何でこの仕事が存在しているか分からない。
2: ◆AiLK4Yq51w 2014/11/28(金)00:25:40 ID:???
あと、顧客から送られてくる「不明なデータ」とかを処理、処分している。
コッチに関してはあまり明かせる事が無いけど。

拍手

【Open2ch】ノストラダムスと渋谷陽一?

http://open01.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1414845572/
楽園を追放されし者の発言集

1: 名無しさん@おーぷん 2014/11/01(土)21:39:32 ID:IuuS5OwqA
陰謀により楽園を失った者どもの発言集
2: 名無しさん@おーぷん 2014/11/01(土)21:44:26 ID:C7kMUYbar
人の命を盾にしてるという仮定がつかない生き方をしてるなら、
どこかで自分は人を搾取してるだろうと思うなら、

まず、自衛隊や海上保安庁に、形だけでもいい、感謝すべきだ。

どこかで人を死なせてるに違いない生き方をしてる我々だから、
ちっちゃくまとまっても致し方ないし、誇りにすら思うよ。

その繊細さにおいて妥当性を持ちうる人類を、
痛みと悲しみと怒りと脆弱な優しさゆえの企みに
決して突き落としてはいけなかった。

【愛してるという最後の言葉】が聞きたいなら言ってやるよ。
ただ、それはやはり【感情と言う名の理屈】なんだよな。

ぬくぬくと周りに生かされながら、気味の悪さを企んでる。
愛じゃないよな。

撃退されたら、命がない。後ろ盾のない海の上じゃ、国を護るも攻めるも、存在しない。
先方のお国にとっても、我々の国にとっても、何かについて【後がない】状況だ。

理屈なんだろう。こういうのは、理屈。
我々はいったい何をしてる??

拍手

【画像】牧神の午後

牧神の午後 "L'Après-midi d'un Faune"

ロシア・バレエ団「バレエ・リュス」のバレエ作品であり、
ニジンスキーの初の振付作品。初演は1912年5月29日。


主演、振り付け:ヴァーツラフ・ニジンスキー
衣装デザイン:レオン・バクスト
音楽:クロード・ドビュッシー『牧神の午後への前奏曲』
筋書きはステファヌ・マラルメ『半獣神の午後』(仏:L'Après-midi d'un Faune)から。








*レオン・バクストのデザイン画

拍手

【2ch】老猫の仕返

http://2ch.hork.info/res/toro.2ch.sc/occult/1412324824
ほんのりと怖い話スレ その105

拍手

☯李清照作<鳳凰臺に上り吹簫を憶う>

*李清照 (1084年 - 1153年頃) 北宋末期・南宋初期の女流詩人
Li Qingzhao: Woman Poet of Song Dynasty

拍手

【2ch】『二重に鍵のかかった記憶』この儀式知ってる人いませんか?2/2

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1380040700/
この儀式知ってる人いませんか?

この儀式知ってる人いませんか?1/2の続き。



拍手

× CLOSE

ブログ内検索

COUNTER

このブログについて

管理人:fandz
メール:fandz.jds@gmail.com

最新コメント

[05/19 T]
[03/02 NONAME]
[02/23 NONAME]
[01/30 ばb]
[12/21 あ]
[12/01 あ]
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]

最新記事

アーカイブ

カテゴリー

memo pages

× CLOSE

Copyright © La ringrazio : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]